我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 13日

本日の戦利品。

さかのぼる事3連休。

そう。その日は大前神社の骨董市。

ただ。今日は何処からか声がしたんだ。

声のするほうへ行ってみると。。。。。

近所でフリーマーケットやってました。

会場をぐるっと歩いて、

「おっ?」 っと思って立ち止まったんだけど、

その時は一瞬迷って、

とりあえず大前神社へ足を進めたんだ。

d0178511_2015974.jpg


大前神社に到着すると程なく、うしさんのパンヘッドがやって来ました。
すばらしい車両をまじまじと見学させてもらって。。。。。

自分的にはもうどっちが骨董市だか判らない感じに。。。。。。

パンヘッドでお腹を満たして、大満足で会場を後にして向かった先は、
朝、寄ったフリーマーケット会場。。。。。

d0178511_20121847.jpg


若造   「ねえねえ。おっちゃん。これいくら?」

おじやん 「ん?なんだ若造。おまえ本気か?」

若造   「ええ。若造は本気ですけど。」

おじやん 「おまえ、これがなんだか知らないだろう?」

若造   「おじやん。若造を甘く見るなよ。これはアレを何する道具だろ?」

おじやん 「お。知ってるな若造。コレは村に一個しかない貴重品なんだぞ!!」

若造   「はは。そりゃそうだ。中国じゃないんだから、これが村にひとつもあれば十分だろう?」

おじやん 「はは。そりゃそうだ。若造。じゃあ3500円で売ってやろう。」

若造   「毎度どうも。」

d0178511_2027291.jpg


手に入れたブツを簡単に分解してリュックに詰め込んで、出発。
もうちょっと走りたい気分だったので、そのまま茂木~烏山を走ってみたんだけど、
そこらじゅうでシートは底突きするし、途中で背中はツルし、そりゃ大変でした。。。。。。。

そういや益子は沢山人がいたなぁ。

d0178511_20301094.jpg


帰った頃にはもうぐったり。。。。。
家に着いて、早速ブツを組み立てて、早速鑑賞。

やっぱ鋳物の道具はソソるなぁ。。。

あれ? なんか部品足りないなぁ。。。

あれ? ネジ割れてるなぁ。。。。

あらら。。。。 16インチのリムを作業するには測定子の幅が狭いなぁ。。。。

うんうん。 単車のリムを作業する時は軸押がいるなぁ。。。。

ま。いいか。どうにかなるだろ。

d0178511_20324246.jpg


本日の戦利品は古い振れ取り台。
一体、何キロあったんだろうこれ??
今日はがんばりましたね。私。

うしさん無事、帰られましたでしょうか?
素敵な車両を拝見させてもらってどうもありがとうございました。



本日の走行距離  65マイル(104キロ)
本日の最大沈下量 未測定だけどフルボトム。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-02-13 20:51 | Garage | Comments(4)
Commented by mmおやじ at 2013-02-14 09:57 x
うしさんの パンちゃん すばらしいですね〜
ワンカムの御先祖様ですね!
 
鋳物工具欲しい症候 が再発しましたか、、お気の毒です
振れ取り台(狂い取り台)は自転車用の様ですね
(ハブ&リム部の幅が違います) しかし
以前は私もそれをバイクにも使っていました
リム部の測定子は既存の外側からの計測は使わず
内側のプレートを(アルミ板で)適当に作って
内側からの計測で(タイヤのビートが接触する部分で)やっていました、
本当からすれば本来はその方が精確です
今使っているバイク用でもその様に改造して内側計測が出来るよう
使っていますよ
新品の綺麗なアルミリムを傷付けず綺麗に組み上げる事が出来る
と言う 本職の裏技(裏改造)です 
見に来れば理解出来る事でしょう
 
ハブベアリングのきのこ形状のアタッチメントは作らないとダメでしょう
うまいから と言って
「きのこの山」のお菓子では 似てますが代用出来ません 
Commented by うし at 2013-02-14 15:39 x
こんにちは、お疲れ様でした。
私なら宅急便で自宅に送りましたね
背負っては帰れない!!

WLがさっとエンジンスタートしてブルルル~って
帰って行ったので残されちゃったパンちゃんに人だかり
レジヲ見て帰ってきたらどこから来たの攻撃!!

さっさと帰ろうとキックするもヘッドが嫌な生温さ
生ガスおならを一発、バァーン
鳥居からこっち側の見物人の一斉に振り向くタイミングが
妙に合っていたのがおかしくて笑顔でごまかし
一生懸命キック、キック、キック、ブォン~・・・・ホッとして
知ったかおじやんの質問をかわして帰ってきました。

mmおやじさん今度遊びに行きますね!
Commented by mmおやじ at 2013-02-14 18:10 x
うしさん 
知ったかおじやん達の好奇の視線の中でのキックパフォーマンス
お疲れさまでした 
「一発キックで粋に立ち去る」と 言うのが理想なのですが、 なかなか エンジン半生温かさ では難しい所です 分ります
まして 複数台所有していて すべての旧車の癖を把握しているのは大変です
私も仕上げたバイクを納品する時 事前に何日も掛けて得たそのバイクの最適始動条件データーも一緒にお渡ししています

外気気温、エンジン温度 の違いで ティクラの有無 チョークバルブの開度 スロットルバルブの開度 とキック動作とのタイミング とか
旧車は各個体によって微妙〜に違います
 
かえって おじやん達とじっくり雑談して 充分に冷えきった状態の方が掛かりやすかったのでは?
Commented by hiyokobeans at 2013-02-14 21:18
うしさん。

旧車の排気音は骨董市のおじやんを呼び寄せる魔力があるようですよ。
あそこではいつも、エンジンをかけると人が寄って来ます。。。
人に見られると、単車も乗組員も恥ずかしがっていつもの調子が出ないこともしばしばですが(笑)
今度は是非、群がるおじやんと一緒に、パンヘッドのメカノイズも鑑賞したいと思います。


おやじさん。

この振れ取り台の幅が狭いのは薄々感じていたんですが、
あの黒く錆びた鋳物の肌を見ていたら、財布に手が伸びてしまいました。。。。。
芯押しネジのツマミにあるローレット加工が摺り減って黒光りしているところ
なんかは特にソソります(笑)
チャリ屋のオヤジが夜な夜な実用車のリムを組んでいた姿が見えるようです。

それから芯押しのキノコを作らなきゃいけないのに気付いた時は、
「しめた。コレは旋盤を手に入れたときの良い実習になるんじゃないか。」
と妄想に走った次第でございます。今年の目標は決まったようなものですね。

今度はおやじさんの振れ取り台をよく観察させてもらいますので、よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鶴印の定期入れ。      鮫肌シートと桃尻男。 >>