2013年 04月 04日

XT500 その2

キャブ摘出。
まずは横から。
d0178511_2282534.jpg


縦から。じっくり眺めて。
どの穴が何処に通じているのかを調べる。
開いている穴は全部意味があるので、
それを考える時間が結構楽しくて好き。
本当に理解してるかどうかは分からないけどね。。。。
d0178511_2283623.jpg


フロートを開けると、思ったより綺麗で良かった。
ジェットの詰まりも無いし、
フロートバルブの段付きも無し。
フロートにキャラメルガソリンも殆ど無かった。
d0178511_2284420.jpg


エンジン掛かりそうだなぁ。。。。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-04-04 22:11 | Garage | Comments(2)
Commented by mmおやじ at 2013-04-05 10:56 x
キャブは 穴3個 でほとんど大丈夫でしょう
それより ヤマハのバイクの(スクーターを含め)インシュレーターのゴムはなぜ?劣化しやすいのか?不思議だ、下請けの会社にあまり予算を回してないのか? すぐ2次エアーを吸い始める.
Commented by hiyokobeans at 2013-04-05 20:48
おやじさんお久しぶりです。
やっとこ、旋盤購入に向けての小さな一歩を踏み始めました(笑)
場所と資金を生むためにしばらく国産車と戯れまる事にしました。
それにしても、圧縮が高くてキックが面倒です。。。。。。

ゴムの劣化はもしかして「ソニータイマー」ならぬ「ヤマハタイマー」なんでしょうかねぇ?
「そろそろ替え時かなぁ。。。」とオーナーに思わせるための罠?

それとも、陸王みたいに、何十年も(いや永遠か?)修理して乗り続けられないように、
するためのメーカーの策略でしょうかね?(メーカー欠品=廃車)

暖かくなってきて、単車も乗組員もウズウズしてきました。
月末のロマンチック村では発動機の運転会もあるみたいですね。
栃木旧車乗りの春はパイオニアランから始まるというのは本当ですね(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< XT500 その3      XT500 >>