「ほっ」と。キャンペーン
2014年 11月 13日

ポキポキ。

ホームセンターで売ってる黒い六角穴付きボルト。
あれってどうもクロモリとかS45Cとかで出来てんの。
市内の鋼材屋さんでは細い径は切り売りしてないので、
このボルトは簡単に手に入って数百円だし、小物作るには便利。

ほかのボルトより少し値段が張るのは、
六角穴の加工が少し手間だからと思っていたけど、
材料価格の差なのかもね。
d0178511_20032418.jpg
その便利ボルトをこちょこちょ削る。
頭を丸く削ったり、ネジを切ったり、金鋸で溝を入れたり。

d0178511_20070530.jpg
使用前。
d0178511_20072187.jpg
使用後。

こっちの方がイイよネェ。
純正品より頭がズングリしてるけど、コレはコレで問題なし。

自作部品が装着されるたびに、愛着が増していきます。
そして、ビンテージパーツを集めて出来たお宝車両とは、
ちょっと毛色の違う気持ち悪い単車になっていくことでしょう。。。。

d0178511_20192895.jpg
そしてまた。突っ切りが折れました。。。。。。。。。ハァ。
しかも一発でチップが取れちゃった。
削り直しすら許して貰えなかったなぁ。。。

どうも、パイプ物じゃなくて、無垢材を突っ切ろうとすると折れる確率が高いみたい。
中心に行くにつれて切削速度が落ちるのが原因かなぁ。。。。

切削速度が遅いので、歯が沢山食い込んで・・・・・ポキ。

ポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキ。

次は、最後の方はもっと早く回してみるか。。。。。
今回は1000回転で折れたので、1500回転でやってみよう。

この程度ではまだまだ、心は折れません。

[PR]

by hiyokobeans | 2014-11-13 20:57 |   東京高橋 | Comments(15)
Commented by mmおやじ at 2014-11-14 06:06 x
うちの 工具箱の中にも 昔 作った大量の正直台があります その後何かと 便利に使ってます 素材とか 治具とかに 変身して、、、
Commented by 50snut at 2014-11-14 18:02 x
こんにちは。

安全性を考慮して、周速をあまり上げないほうが良いと思います。
確かに切削速度が低すぎる場合、切削抵抗が高くなり刃先が欠けてしまうことがありますが、
ろう付けされているチップがまるごと折損するようであれば原因は他にあると思います。
おそらく、キリコが排出されずに詰まって折れたのではないでしょうか。
刃先の芯高が合っていれば、単純に刃物の切れ味の良し悪しですね。

まずは、靭性の高いハイスのステッキバイトを成形して、低回転で良いキリコが出るようになってから、
超硬の付刃を使うことをおすすめします。

ほとんどビョーキですねw
Commented by hiyokobeans at 2014-11-14 22:12
気にかけて頂いてどうもありがとうございます!
宇都宮には故郷には居ない凶悪なウイルスが潜んでいたようです。
不治の病に感染してしまいました。。。。汗

大きなキリコは螺旋を描いて、外に出て来ていましたが、
刃先の両角からは、結構な量の火花が出ている状態でした。
「何でこんなに火花が出るんだろう?」と思っていた矢先に「ポクッ!」っと折れました。
出てきたキリコも色が紫でしたから、刃先が熱を持っていたのは間違いないと思うので
何が原因か良く考えて見ます。

なんか、使っていると言う人をあまり聞いたことが無かったので敬遠してましたけど、
ステッキバイトやってみます!
ホルダーもバイトもなぜか持ってるし(笑)

このブログを見た一部の人には
「あぁ良かった、自分はまだココまで病的ではない。まだまだ健全だよ。」
と思える癒し効果があるとか。無いとか。(笑)
Commented by mmおやじ at 2014-11-15 11:43 x
いやいや! バイク乗りたる者 切り子の出方から、
電子・磁束の流れ、適切な燃調の為の化学式、運動力学、地理、歴史、に至るまで 精通してなければなにませぬ、 それが「バイク道」と言うものです、、、
んぅ~~??? 笑
Commented by 50snut at 2014-11-15 12:28 x
ん~ 逃げ角とすくい角、共に大きくとったほうがいいかもしれませんね。
軸方向にすんなりと入っていくくらいの切れ味が必要です。
ハイスは小径のものや異形ものなどで切削速度が上げられない場合に重宝します。
しかも超硬より面粗度を高く仕上げることが可能です(光沢云々ではなく)。

ステッキバイトの片側を突っ切り、もう一方を60度のねじ用に研いでおくといいですよ。
試行錯誤してみて下さい~
Commented by mmおやじ at 2014-11-15 15:51 x
突っ切りバイトの刃先の幅は 
太い(П)モノよりも 細い(∏)ものが抵抗無く
サクサク入りますね 材料も無駄が出ないし
でもって私はその幅を 潤滑スプレーのノズルの径+に合わせてあります
Commented by hiyokobeans at 2014-11-15 20:45
50snutさんこんにちは!
逃げ角とすくい角を大きくとればとるほど、刃が鋭くなって切れ味は増すが、耐久性は劣ってくる。
また、すくい角を小さくすれば耐久性は上がるが、切れ味は鈍る。
いい塩梅を探すのは、本人のヤル気次第って事ですね。

自分の研いだ刃物が、そのまま結果に出るっていうのは、やっていて楽しいです。
頑張ってみます!

あ。ネジ切りバイトはもう少し後にとっておきます(笑)



Commented by mmおやじ at 2014-11-15 21:10 x
<穴ぐりの時、前逃げ角が付きすぎてると、刃先が食い込んで奥にいくほど穴が大きくなると。>
 
それと同じ事が突っ切り作業にも言えるんですよ
しかも、始末が悪い事に 突っ切りで刃物台を押している時って、台形ネジの向こう斜面が刃物台の台形雌ネジのこちら側斜面を押している訳で 刃先がちょっとでも食い込み始まると 一揆にドカンと食い込む!
相手が真鍮なんかだと なお更 防ぐ手立ては、刃物台のカミソリも往復台のカミソリも締めこんで バックラッシュの移動を移動しずらくフリクションダンパーの様にする事かな、 それと 50snut さんの意見とは反する事なんだけど すくい角を少なくするか 場合によっては+-0(水平)(真鍮なんかの場合)にして押し戻されるような反力を得ながら切り進むとバックラッシュ部分の「引き込まれ」を防ぐ事が出来き バイトは折れません 熱を持つので十分な冷却と潤滑が必要です     
送りネジがボールねじの高級な旋盤にはそんな配慮は考えなくても良いのですが ぼろいガタのあるすり減った台形ネジの旋盤では考慮しておかねばならない事です

Commented by mmおやじ at 2014-11-15 21:24 x
往復台のハンドルを左回転させて0に合わせカミソリを閉めた状態で右回転させると 何ミリ回る? その値の 半分がバックラッシュ ですね
完全に0には出来ない(0=動かない)が出来るだけ少なくなるように 台形雌ネジナット 後で砲金で作りますね~
Commented by hiyokobeans at 2014-11-15 22:23
なるほどですね。
バックラッシュの分、自由に刃物台が勝手に食い込んでしまう事がある訳なんですね。
昨日、スクロールチャックの遊びの話を聞いたので良く理解できます。
因みにウチの高橋君(弟)は縦が0.65㎜。横が0.15㎜のバックラッシュでした。
木工旋盤出身なのでけっこう優秀かな?

突っ切り作業一つ取り上げても「このやり方が最良」とういのが無いんですね。
「ウチの機械でこのような結果を得たいなら、こういう方法がある。」とか
「ウチの機械でこのリスクを最大限回避するなら、こっちの方法が良いのではないか」とか
時と場合と条件に応じて、無限に手法があるのが奥ゆかしいところであり、難しいところであり、面白いところ。

まるで人生のよう。
あっちに転ぶもも我が人生。
こっちに転んでも我が人生。
もちろん沼に浸かるも我が人生(笑)

Commented by 50snut at 2014-11-16 00:47 x
こんばんは。
正直なところ、技術的な助言をするつもりは毛頭ございませんでしたが、
おこがましくもコメントさせていただいた次第です。

今まで、相当な旋盤の手練れを見てきましたが、
みなさんそれぞれ独自のノウハウを持ってます。
その辺は、ネットで調べてもほとんど出てきません。
実際、工作機械(汎用機)自体の精度はみなさんのものとあまり変わらないか、
或いはもっとガタガタかもしませんが、
ミクロン台の公差レンジでの仕上げ、1級ねじの製作は当たり前です。

早速実践されているように、ご自身でトライ&エラーを繰り返していくしかないと思います。

頑張って下さい!
Commented by mmおやじ at 2014-11-16 06:42 x
突っ切り作業を綺麗にサクサク精密安全に遂行するには?
耐熱.剛性.硬さ.靭性.を備えた材質のバイトを.
カミソリの様な薄さ.細さ.に成形して 
リンゴの皮むきの様な角度(スクイ角最大.逃げ角最少)で
取付けるのは
ちょっとやそっとではガンッと動じない重さ質量のある精密な刃物台 
とそれを支える「動かざること山の如し」の大型旋盤なのでしょう
 .
逆を言えば
軽く 剛性も無く ガタのある チープな旋盤を使い
「時間をかけずに」作業を進める事が出来る方は 
相当なテクニシャン(使い手)でしょね
 
私ゃ 突っ切り苦手だから
(並行面を出す為とかの)必要不可欠な突っ切り以外は極力しないで 
  コンターかバンドソーかガチャ鋸で 切っていますよ
Commented by mmおやじ at 2014-11-16 14:35 x
ちなみに うちの高橋君のガタは 刃物台が0.55mmのガタ 往復台の横(突っ切る方向)が0.7を指していたので/2で0.35mmのガタ ですかね ナットが減ってきているわな 作らないと
ピッチ5.0mmの29°か30°か?どっちかだろうな
Commented by hiyokobeans at 2014-11-17 19:38
50snutさんこんにちは。
以前、工場にお邪魔させていただいた時に、
その精度が測定出来る環境があれば、ガタ旋盤でも、
厳しい精度を出す道があるというお話を聞いたのを覚えています。

旋盤の前に立つ人間は基本一人ですから、おのずと蓄積される経験値も人それぞれという事になりますね。
どれだけ考えて機械の前に立つのかが、上達のチャンスを垂れ流すのか、すくい上げるのかの分岐点じゃないかと思います。

まぁ自分の場合。毎日作業出来るわけではないので、遅々と勉強していきます(笑)
人の倍考えないと、時間の足りない自分はいつまでたっても上達できないですからねぇ。。。
みなさんが、こういった場で落としてくれた話を拾って食べて、自分の味を見つけるしかないですね。
がんばりまーす!

ミスター味っ子。

Commented by hiyokobeans at 2014-11-17 19:53
おやじさんこんにちは。
そう言えば、リング生爪作成時、チクワを突っ切りでドーナツにしている時に、
刃物台の固定を忘れたら切り口が富士山のようなテーパーになったんですよね。
突っ切りの刃先の形状から推測するに、
今思えばこれもネジの遊びの分、刃が横に食い込んでいったのが原因に思えて来ました。
当たり前かも知れませんが、なんでも理由があるんですよね。

ネジ製作。楽しみに両手を上げて待ってます!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マジカルステッキ。      生爪。。 >>