我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 15日

マジカルステッキ。

結構。負けず嫌い。俺。

ステッキバイトで突っ切りを研いで見ると良いと教わったので、早速やってみる事にする。

なんと言っても、突っ切りが出来ないと、何を作っても最後の仕上げが終わらない。
作業の最後に、必ず突っ切りが必要になるんだからさ。。。。。
d0178511_20542177.jpg
一応。ホルダーとステッキバイトは持っていたので早速やってみる。
先日折れた超硬バイトと見比べて、どう削るのかイメージ。

d0178511_20580652.jpg
このホルダー。スリットが入っていて刃先に大きな負荷が掛かるとしなって
力を逃がすようになってる。

元々、靭性の高い(ねばい)ハイスバイトに合わせて更に歯が折れにくくなってるわけかな。
d0178511_21020559.jpg
グラインダーの赤い砥石を使って、バックテーパーを削りだし。

d0178511_21024569.jpg
次に、横逃げ角を作って。

d0178511_21023653.jpg
更に前逃げ角を作ったら。

d0178511_21041506.jpg
すくい角を作り出す。
超硬バイトの時に良さそうだったからこの位のとりあえず角度にしてみた。

誰かに研ぎ方を教わったわけじゃないから。
正しい研ぎ方と言うのは知らないよ。
ステッキバイトを研ぐのはこれが初めて。

兎に角。刃先だけがワークに当たるような形をイメージして研ぐ。それだけ。

d0178511_21062172.jpg
研いだら試してみたくなるので、SS400の丸棒を突っ切ってみる。

が。

「ピーピー」言って全然切れない。

何度か刃先を整えて見るが、結果は同じ。
自分的には切れてもいいんじゃないだろうかという出来の研ぎなのになんで??

d0178511_21104684.jpg
本を読み直すと、「ピーピー」言う時は回転数を落とせと書いてあるので、
どんどん回転を落としていったら刃が入るようになった。

回転数はこの時150回転ほど。

d0178511_21121112.jpg
SS400を削るとキリコはこんなのが出る。
超硬で切った時もこんな感じなんだよね。

d0178511_21131602.jpg
続いてS45Cも切ってみる。
今度は更に速度を落として100回転。

切れないことは無いが、スイスイ刃先が入ると言う感じではないなぁ。

d0178511_21142254.jpg
こんなキリコが出た。
一応グルグルしてる。

もうちょっとすくい角を多くとってみるか?
やってみないと良いか悪いか判らないし。

d0178511_21153907.jpg
バイトの形をノートにトレースして比べてみる。
今までの形がマジックの線。

少しすくい角が大きくなってるね。
刃先が尖ったから切れ味は良くなるのかな?

d0178511_21171488.jpg
S45Cで試す。
さっきより随分楽に刃が入る。なんかずっと良い感じだ。

キリコも意図的に切らないと、どんどん繋がって出てくる感じたった。
回転も遅いし、なんかコレなら安心して作業出来そう。


ただ。切込みが深くなるにつれて切子が壁に擦れて「ガサガサ」言っていた。
キリコが刃に挟まると折れるらしいので、

刃先形状を少し扇型にして、キリコが板状ではなく、少し内巻になるように
狙ってみようかなぁ。

d0178511_21213098.jpg
もっと、綺麗に切れるような刃物が研げるでしょうか。。。。。

考えて研ぐと、良きも悪きも結果が出るのが楽しい。
次はどうやっらいいだろう?という気分になってくる。


一人でゴソゴソやってるとね、
周りに比べるモノがあればもっといいと思うんだけど、まあしょうがないやね。



[PR]

by hiyokobeans | 2014-11-15 21:33 |   東京高橋 | Comments(3)
Commented by mmおやじ at 2014-11-16 07:16 x
ステッキバイト ヘールバイト の活用法として
バイトを取り付けただけの状態(無負荷)では
刃先を若干+のスクイ角にしておき
実際 負荷がかかって 引き込まれが始まり 一騎に
負荷が増大して バイトが御辞儀しはじまったら
-角に転じ バイトが折れる前に押し戻される という
安全器的な使い方なのでしょうか?
+-0から-でも良いし
その辺は使い方が私も正しいのか?間違っているのか?わかりませんが
実践してみると わりといい結果が出ています
Commented by mmおやじ at 2014-11-18 17:48 x
<ネジ製作。楽しみに両手を上げて待ってます!>
今 考えているのは純正の様な形ではなく バックラッシが自動的に
取り除ける方法は無い物か?と考えています
高級フライス盤はテーブルの送りネジを受けている所がボールねじになっていたり
手動ながら バックラッシュ除去レバーが付いているのもあるんですよね~
うちのは 安いやつだからナットが一個、アンダーカットする時は 
かなりカミソリを絞めてないと、 ガガッ ガガッ と持って行かれる
 
以前見た事のある どこかの(忘れた)旋盤だったか? 機械だったか?
送り機構のナット(台形ネジ)は ナットは一つなんだが 2/3辺りに割り
が入っていて(取付基部分は一緒)イモネジで押し合っていた
 
いろいろ 常に バージョンアップを考えています
 
以前持っていた ミツトヨのデジタルスケールとカウンターは 
金が入用の時売ってしまったし フライスには付いているんだが ほんと便利
旋盤にも いずれ付けたいな~
Commented by hiyokobeans at 2014-11-19 19:47
おやじさんこんにちは!
いや~。タダでは起きないっ(笑)
なんとなくイメージするのはダブルナットのような構造でしょうかね?
2つのナットの間隔を調整すれば、バックラッシュは消えますよね。
それを前と後ろからイモネジで押し合う(調整?)ような感じ??

横方向はまだいいとして、
長手方向の送り量はラックギアのハンドルの目盛を数えてやってるので、かなりアバウト(笑)
いまのところこの手法で間に合うものしか作ってませんねぇ。。。。。

デジタルスケール欲しいとか言う前に、
自分にはまだまだ越えなきゃいけない「丘」が沢山あります(笑)


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キリコリコ。      ポキポキ。 >>