「ほっ」と。キャンペーン
2016年 08月 22日

耳付きタイヤ。

週末。

自転車の

タイヤを

変えました。

d0178511_20303985.jpg
ウチのお買い物チャリ。

新聞屋で使われていた中古の自転車。

タイヤがヒビだらけなので、交換。

後ろのタイヤは外すの面倒ですね。

d0178511_20315746.jpg
そんでもってこれが新品タイヤ。

通称「耳付き」。

普通のタイヤと違って、耳が付いてる。

白い部分がその「耳」で、そいつでチューブを包んでリムに納める。

耳が、スポークとの接触も避けてくれるし、

リム打ちのパンクにも強いので、実用車に使われているんだそうです。

d0178511_20370220.jpg
こんな感じで、チューブが包まれる。

なんか丈夫だけど、しこたま重いタイヤです。

d0178511_20352605.jpg
そいでは作業に戻る。

まずは付いていたタイヤをむしり取る。素手で。

強引に向こう側に捻じると、ペロンと取れる。
d0178511_20401908.jpg

そしたら、新たしいタイヤを準備して、

片側のビードをリムに納める。

耳が邪魔してリムのセンターにビードを落としにくいので、

ちょっと硬いけど、グイグイ引っ張りながら、

端っこから順々に捻じり込んでいきます。

ここは力技ですね。

d0178511_20441340.jpg
この「耳付きタイヤ」はBEという形式で、実用車のほかにはリヤカーのタイヤなんかもこの形式らしい。

このビード。中にワイヤーが入っていないそうなので、思ったよりも伸びる。

d0178511_20460660.jpg
タイヤとチューブの穴の位置は合わせて入れようね。

そしたら、チューブを仕込んで、

反対側の耳をリムに入れていく。

d0178511_20470117.jpg
チューブの場所から順々に・・・・

まずはチューブを浮かして、耳をその下に滑り込ませる。

後から入れる耳は、最初に入れる耳とチューブの間に刺す。

d0178511_20500082.jpg
チューブを耳で包みながら、リムに挟んでいく。

チューブを中に入れてからより、こっちの方がやり易かった。

ビードは入れようとしないで、耳だけリムに挟んでいって、

最後に全周のビードをリムに落とす。

耳が全周に挟まっていれば、後は左右に揉むだけでビードが

リムに落ちて行ってくれる。

写真撮っておけばよかったなぁ・・・・

d0178511_20521904.jpg
でもって完成。

思っていたより簡単に出来きました。

おしまい。









[PR]

by hiyokobeans | 2016-08-22 21:23 | Garage | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大人の札入れ。      泥除け。 >>