我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 06日

バックプレート

先日。

少し振っていたバックプレートを修正しまてみました。

d0178511_20531264.jpg
なんかウチの高橋君の主軸は珍しいタイプらしい。

主軸がストレート。

有名どころの「ワシノ」や「タキサワ」なんかを含め、ここはテーパーになっているものが多いらしい。

それから、主軸の端面にケレを回す用のスタッドを生やすネジ穴が沢山開いてるのが多いらしい。

うちの高橋君はストレート。でもってスタッドの穴は無し。

d0178511_20555884.jpg
工具屋で面板を探したときに指摘されたバックプレート。

「ショートテーパーじゃないですね?珍しいかも。」って言われて、

この主軸が珍しいという事を知りました。



話が脱線しましたけど、主軸とプレートを綺麗に掃除して取り付けます。

ゴミが挟まっていたら振れも何もないですから。

d0178511_20575691.jpg
でもって検査。

やっぱり振ってるみたい。

3/100位は振ってるみたい。

実は先日ガレージに遊びに来てくれたMさんが指摘してくれたんですよね。

チャック回した途端。「あれ?少し振ってるなぁ・・・・」って。

本職はやっぱスゴイなぁと。

d0178511_21012685.jpg
そしたら、段差の部分に盗みを入れて、

端面をさらいます。

自分は”盗み”の意味を勘違いしていたみたい(どうもやり方が違ったみたい)ですが、用は足りたので、まぁ良しとします。

(いろいろ自分で考えてやってみて、人に聞くといろんな事に気付かされます。

なんか筋が残っているが、まぁ問題無いでしょう。きっと。たぶん。

d0178511_21105274.jpg
バックプレートは鋳鉄だったので、キリコはサラサラ。

出たキリコを見て、「お~。本当にキリコが砂みたいだなぁ。」なんて思う。

少し前までは、鋳鉄も炭素鋼も生鉄も、ただの「鉄」だったのにね。



この砂のようなキリコは、ベッドの摩耗を早めるらしいので、
作業終了後に綺麗に拭きとりました。

d0178511_21132238.jpg
そんでもってチェック。

いい感じです。


振れが取れたのを確認したらば、チャックを装着。

芯を出します。

d0178511_21151386.jpg
チャックを留めるボルトを半締めにして、

咥えたピンゲージにピックテスタを当てて、

銅ハンマーの頭でコツコツとチャックを叩いて芯を出します。

修正前より、芯が出しやすくなった感じがします。

いや。以前より確実にチャックが素直な動きをするようになりました。

小さなことだけど、スゴイ嬉しい!


少しづつ、旋盤が育っているのかもしれません。











[PR]

by hiyokobeans | 2017-02-06 21:28 |   東京高橋 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 急速。      下野旧車会の新年会に混ぜてもら... >>