我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 15日

ブレーキラビリンス。

なんか。最近取り回しにブレーキを引きずっているような違和感を感じたので、

分解してみた。

以前から、リアブレーキの効きに不満もあったし、調べてみる気になった。

まぁ。ブレーキは大事だもんね。

d0178511_21035577.jpg
ブレーキレバー。アクスルシャフト。ピボットシャフト。

この3本が平行じゃないと具合が悪いわけだが、

どうも、そうじゃ無いみたいだと薄々気付いていたのだけれども・・・・・・

d0178511_21055183.jpg
アクスルシャフトのスリーブを基準に、残りの2本の平行具合を確認してみる。

d0178511_21090757.jpg
うむ。
d0178511_21104384.jpg
ブレーキレバーは大丈夫そう。
d0178511_21114617.jpg
あ。

こっちが駄目だ。

斜めってる。

d0178511_21124543.jpg
これがナナメの原因みたいだ。

ずっと。ブレーキの利き具合とタッチに納得がいかない状態が続いているんですが、

なかなか成果が出ないでいる。

どうにか直したい。

d0178511_21150995.jpg
ブレーキシューのカムの当たり面もこんな状態。

少しナナメ。

d0178511_21161344.jpg
こっちもナナメ。

今年の夏。

車検が終わったら、手を付けようと思う。

バッキングプレートの凹みを肉盛り研磨。

ブレーキシューのカム当たり面の肉盛り修正。

シューの張替え&ドラム合わせ。

溶接機と旋盤を手に入れてから、

修理の幅が大きく広がったけど、

乗る時間はずいぶん減ったように思う。

「どっちが良いか?」と聞かれれば、答えは難しい気もする。

乗りたいし、弄りたい。


なんにせよ、乗るも弄るも、出来るときにやっておこうと思う。











[PR]

by hiyokobeans | 2017-07-15 21:33 | 43WLC | Comments(2)
Commented by mmおやじ at 2017-07-16 07:19 x
まず磨き棒を3本買ってくる (25パイX1000位)端面に3/8の雌ネジを切って 端っこ10mm位を突っ切りにて輪切り 蓋を馬鹿穴に 三か所それぞれにボルトでしっかり取付てから 各
棒の並行度を見ながら プレートの歪みを取る と 言った所の作業か? 残った棒は 又 何かに使える
Commented by hiyokobeans at 2017-07-16 17:37
ピボット部分の傾きの原因は、バッキングプレートの歪みによるというよりは、
ピボットシャフトの座面が、ナナメに凹んでしまっている事が原因の主の様で、
まずはこの凹みを埋めて均す事から始まりそうです。
そのあとの微調整は、おやじさんの言うとうり、長棒を刺してグイグイという事になりそうです。


どうも以前に、シューの芯を取らずに使われていた時期があると予想しています。

芯を取らない→ブレーキ時に横に力が掛かる→ピボットが傾く。

芯が取れていればピボットが左右からつぶされる様な力が働くはずなので、理論的には横には力が働かないわけです。
レバー側にも同じことが言えますね。芯が出てればガタが発生するリスクが軽減されるはずです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< おし子。      逆イタリアン。 >>