カテゴリ:  東京高橋( 43 )


2017年 02月 06日

バックプレート

先日。

少し振っていたバックプレートを修正しまてみました。

d0178511_20531264.jpg
なんかウチの高橋君の主軸は珍しいタイプらしい。

主軸がストレート。

有名どころの「ワシノ」や「タキサワ」なんかを含め、ここはテーパーになっているものが多いらしい。

それから、主軸の端面にケレを回す用のスタッドを生やすネジ穴が沢山開いてるのが多いらしい。

うちの高橋君はストレート。でもってスタッドの穴は無し。

d0178511_20555884.jpg
工具屋で面板を探したときに指摘されたバックプレート。

「ショートテーパーじゃないですね?珍しいかも。」って言われて、

この主軸が珍しいという事を知りました。



話が脱線しましたけど、主軸とプレートを綺麗に掃除して取り付けます。

ゴミが挟まっていたら振れも何もないですから。

d0178511_20575691.jpg
でもって検査。

やっぱり振ってるみたい。

3/100位は振ってるみたい。

実は先日ガレージに遊びに来てくれたMさんが指摘してくれたんですよね。

チャック回した途端。「あれ?少し振ってるなぁ・・・・」って。

本職はやっぱスゴイなぁと。

d0178511_21012685.jpg
そしたら、段差の部分に盗みを入れて、

端面をさらいます。

自分は”盗み”の意味を勘違いしていたみたい(どうもやり方が違ったみたい)ですが、用は足りたので、まぁ良しとします。

(いろいろ自分で考えてやってみて、人に聞くといろんな事に気付かされます。

なんか筋が残っているが、まぁ問題無いでしょう。きっと。たぶん。

d0178511_21105274.jpg
バックプレートは鋳鉄だったので、キリコはサラサラ。

出たキリコを見て、「お~。本当にキリコが砂みたいだなぁ。」なんて思う。

少し前までは、鋳鉄も炭素鋼も生鉄も、ただの「鉄」だったのにね。



この砂のようなキリコは、ベッドの摩耗を早めるらしいので、
作業終了後に綺麗に拭きとりました。

d0178511_21132238.jpg
そんでもってチェック。

いい感じです。


振れが取れたのを確認したらば、チャックを装着。

芯を出します。

d0178511_21151386.jpg
チャックを留めるボルトを半締めにして、

咥えたピンゲージにピックテスタを当てて、

銅ハンマーの頭でコツコツとチャックを叩いて芯を出します。

修正前より、芯が出しやすくなった感じがします。

いや。以前より確実にチャックが素直な動きをするようになりました。

小さなことだけど、スゴイ嬉しい!


少しづつ、旋盤が育っているのかもしれません。











[PR]

by hiyokobeans | 2017-02-06 21:28 |   東京高橋 | Comments(0)
2015年 12月 05日

鬼爪研磨だよ。

ウチの高橋君のチャック。

最近、分割爪のスクロールチャックを装備したんだけど、

ヤフオクで安売りしていた物で、爪の状態が著しく悪かったんだ。

d0178511_21054510.jpg
爪がずいぶん減っていて、

45Cのキャップボルトの先を面取りしようとしたら、

たわんで逃げちゃうくらい爪の状態が悪かった・・・・・

把握力が悪いと言えばイイのかなぁ。

d0178511_21083482.jpg
爪の減りはこんな感じで、

手前と奥がそれぞれ減っているので、

長い材料は、殆ど真ん中辺りでしか物を掴めない状態だったんだ。

d0178511_21100203.jpg
前所有者も悪あがきをしたのか、

爪には、なんか肉盛がしてあったりする。

でもこれじゃぁ 焼け石に水だったんじゃ無いでしょうかねぇ・・・・


それにしてもこのチャック。新品買ったら、10万円位しちゃうみたいだし、

爪だけでも2万円位する。

メーカーに研磨を依頼しても、何万もかかるみたい。

そんな予算が捻出できるわけもなく、

どうにか修正して使おうというわけ。

d0178511_21133989.jpg
それで思いついた方法がこれ。

前回の記事で書いた部品を、爪の外側のホゾ穴に差込んで、固定。

そしたら・・・

d0178511_21150670.jpg
なんだかスゲェ硬かった板から削り出したこのドーナツを装着します。

「えぇい!」

d0178511_21161441.jpg
「どうね?」

これなら、チャックを締め付ける方向で、爪を固定できる。

そんでもって、爪の研磨も手前から奥まで通しで作業できる。

「どうだろう?考え方は合ってると思うんだけど・・・」

d0178511_21192637.jpg
準備が出来たら、すぐ削りたくなっちゃうけど、その前に。

減りの少なそうな、土台爪でチャックの芯を出しておいた。

チャックのボディとどちらで芯を取ろうか迷ったんだけど、

3つの爪の研磨量の差異が少なくなるようにと思って、この方法にしたんだ。

d0178511_21224544.jpg
そしたら、行くぜ!

キュイーーーーーーーーーーン!

実際は火花を散らしながらの作業だったけど、

写真は撮れませんでしたー

炭素量多めの、線香花火みたいな火花がバシバシでました。

鬼爪って硬いんだね。


d0178511_21232452.jpg
キュイィィィィィィィィィィィィィィン!

切り込みは0.05づつ。直径で0.1づつにして研削しました。

全部で0.35ミリ位削りました。

d0178511_21280920.jpg
段々と、爪が綺麗になっていき、

d0178511_21283626.jpg
最終的には全部綺麗に。

なんだかイイ感じじゃないの?

d0178511_21292700.jpg
試しに焼きの入ったシャフトを加えてみましたけど、

なんか良さそうです。

実際、本職の人はどんな風に爪の研磨するんだろうなぁ・・・・・

旋盤作業。他人の作業を見る機会なんて殆ど無いんだよネェ。

そんなわけで、わたくし完全自家培養で育っています。


[PR]

by hiyokobeans | 2015-12-05 21:44 |   東京高橋 | Comments(2)
2015年 12月 04日

鬼爪修正のために

鬼爪を研磨するためのグラインダーの準備をしているんですがね・・・・

d0178511_21293724.jpg
グラインダーを刃物台に固定するための道具を作ったり。

d0178511_21303516.jpg
軸付き砥石を取り付ける、ヤトイを作ったり・・・・・

どうすれば、成功に辿り着けるのか・・・・・・・

素人は真っ暗闇を彷徨いながら・・・・・

ただ一人フラフラと出口を求めて歩くのでありマス。

d0178511_21324521.jpg
鬼爪をね。どうやって固定するか?

コレが目下の悩み事だったんですよね。

「爪が締まる方向で固定したい。」

それから「中心に砥石が通るだけの隙間を作りたい。」





もう。オートバイのブログなのか、素人旋盤のブログなのか・・・・・・

興味のない人には、なんのこっちゃな内容となってます。

d0178511_21364161.jpg
で。

ひとつ妙案を思いついて、手を動かす。

誰に聞くでもなく。仕事に追われるでもなく・・・・・

こんな筒を3つ。

d0178511_21382707.jpg
それから、先日100円で買ってきた廃材。

コイツを使って、もうひとつ道具を作る。




この材料。磁石が付くから鉄だと思うんだけど、

めちゃくちゃ硬い。そして粘い。

なんだろう?これ?

45Cなんかを遥かに凌ぐ硬さなんですけど。

ハイスで穴が開いたので、SK材では無いとは思うんだけど・・・・・

クロモリは粘いけど硬さは、同じ炭素含有量の炭素鋼を同じぐらいじゃないのかなぁ?

例えばダグタイル鋳鉄ってキリコはどんなのが出る??

経験値低すぎてなんだか判らんよ。

鋼材の種類って沢山あるものね。
d0178511_21433329.jpg
チップは磨耗するし、切り込みを大きくするとチップを欠くし・・・・・

切り込みを0.25くらいにして、どうにか削り。

ドーナツ状の物を作っていきます。



この時点で、何をやろうとしているのか分かった人は凄い!!

さてこの先どうなるか。

私の作業。常に行き当たりばったり。

[PR]

by hiyokobeans | 2015-12-04 21:55 |   東京高橋 | Comments(2)
2015年 11月 20日

6ミリ軸。

壊れたと思っていたカメラ。

放っておいたらなんと直った。    


いや 治ったと言った方がいいかな。

d0178511_22225372.jpg
コソコソと、旋盤を操りまして・・・・

「これは怒られる使い方なのか?」

とか考えながら・・・・・

d0178511_22240632.jpg
出来た。

左が元々付いていたやつ。

右が買ったはいいもののサイズが違ったやつ。

真ん中が今回作ったやつ。

d0178511_22250048.jpg
コレでチャックの修正ができるかなぁ。。。

あとは爪の固定をどうやってやるかを考えないとなぁ。




[PR]

by hiyokobeans | 2015-11-20 22:32 |   東京高橋 | Comments(0)
2015年 11月 06日

アレット。コレット。シレット。

突然ですが。出来ました。

d0178511_19155157.jpg
簡単に出来るかと思ってたのに、スゲー苦戦した。

エンドミルの歯を欠いちゃいました。トホホ。

まぁ。でも固定は出来たッぽい。

揺すってみても、しっかりしてるみたい。

d0178511_19192886.jpg
元々。付いていたこの先端。

ここにネジ穴付きの砥石をつけるんだけども、

今回は軸付き砥石を使いたいので、

先端の部品を交換する。

d0178511_19203774.jpg
買って来たのがコレ。6ミリ軸用のコレット。

もちろん。ミタチのストレートグラインダ用。

だったのだけれども・・・・・・ブカブカでサイズが合ってなかった。

昔のとは規格が違うんだね。

というわけで。どうするか?

作るでしょ!!

作ればいいんでしょ!!


なかなか。進まないなぁ。。。。

旋盤手に入れても、バイクの部品を作るなんて、夢のまた夢か。




いよいよ明後日は霧降高原ヒルクライム!!

こだまするサイドバルブの排気音を聞きながら、山の空気と坂道を楽しもう!

興味のある方どうぞイラッシャイ。ラッシャイ。





[PR]

by hiyokobeans | 2015-11-06 19:29 |   東京高橋 | Comments(0)
2015年 11月 03日

あそこに見える穴は深いのだろうか?浅いのだろうか?

チョット遠くに穴があるようです。

ココからではその穴が深いのか浅いのか良く分かりません。

隣にいた 知った風な口を利く人は、

「あぁ。あの穴は深い穴だ。」といいます。

「何でですか?」と聞いてみると。

「あれは浅い穴だな。俺には分かる。近くに寄ってはイケナイ。」と言うばかり。


納得のいかない私は、面倒ですが穴の渕まで行ってみる事にします。

近くまで寄ってみればなんと そこには浅い穴。

遠くで悩んでいるよりも。とりあえず、自ら近くまで寄ってみるってのは大事な事ではないだろうか。

d0178511_21295964.jpg
話はさておき。

件の生爪チャックの硬爪を観察。

やっぱり隙間があるんだよね。

減りも均一ではなくて、写真の上から4つ位の歯が極端に減っている。

長物を加えると、この4歯は材料に触ることすらない。

コレをどうにか、平らにしたい。

d0178511_21341078.jpg
削るには、生爪の成形と同じ方法で・・・・・

どうにか爪を固定して、

真ん中の穴にグラインダーを突っ込んで削ればいい。    らしい。

因みに真ん中の穴の直径は55ミリ。

それから、爪を固定する方法はまだ 検討がついていない。

d0178511_21383343.jpg
道具はコレを使ってみようと思う。

コレをどうにか刃物台に固定して、

チャックの穴に突っ込む事で、研削できるんじゃないかと・・・・

d0178511_21394527.jpg
そんな想定で早速、手を動かす。

ワッカを作って、角棒を刃物台に固定して、

点付け溶接。

ビードの色がなんか変だなぁと思ってワイヤーブラシで磨いてみたら、

d0178511_21411522.jpg
あれ?なんか金色だぞ?

なんだこれ?

正月の部品交換会に買ってきた2㎜の溶棒なんですが。

鉄用という事だったんですけど・・・・

d0178511_21423737.jpg
磁石にくっ付かないじゃないか!!

軽金属なの??

でも鉄に溶けたんですけど?

もしかして。シリコンブロンズってやつかいな??

d0178511_21441589.jpg
まぁ。くっ付けばいいか。

とりあえず接合完了。

ここから割りを入れて、グラインダの首を鷲づかみにする予定。

上手く出来るのか?出来ないのか?

穴の渕はまだ遠い。




近づく価値はあるはず。

穴が深くて怖ければ、そこで引き返そう。







お暇な方はどうですか?ユルーイ集会ヒルクライム。

坂に登って解散なので、ツーリングのコースに組み込んでみたり・・・

願いが通じたか、天気予報も変わって曇りになったし・・・・

さあ。いらっしゃい。いらっしゃい。

公式告知はこちら

[PR]

by hiyokobeans | 2015-11-03 22:03 |   東京高橋 | Comments(4)
2015年 10月 29日

つっかえ君

旋盤を使っている人にリサーチするとね。

形は違えど皆さん同じ仕事をする道具を使っている。


切り込みを大きくしたりして、切削抵抗が大きくなった時に

材料が滑って、中に入っていってしまうのを防ぐために、

主軸の後ろから材料を支える道具。

それから、同じ物を何個も作る時なんかに、

同じ深さに部品を設置できたり、使い方いろいろ。


名前は?誰も知りません。

というわけで、「つっかえ君」と名付けましたよ。  私。

d0178511_20325514.jpg
とりあえず、設計図を書いて。

部品構成は3つ。

こんなに面倒な形にする必要も特にないと思う。

リサーチした「つっかえ君」はもっと簡単なものだった。


でもまぁ。旋盤の練習も兼ねて。こんな形。

テーパーあり。ねじ切りあり。

d0178511_20360067.jpg
ねじ切りは、チップ折るは、失敗するわで大苦戦しましたが、

どうにか・・・・

d0178511_20365198.jpg
出来た。

d0178511_20370826.jpg
あれや。これや。格闘しまして・・・・

本職の方がいたら、怒られそうなくらい時間が掛かっています。

d0178511_20381642.jpg
いままで、やった手技を駆使して。

d0178511_20385478.jpg
思いつきで設計変更をしながら・・・・

d0178511_20393219.jpg
六角ナットを作ってみたり。

作っているのは50ミリのデカナット。

d0178511_20395937.jpg
デカナット。

精度を問わなければ、

どうにか形にはなるかな。。。。

d0178511_20403986.jpg
自分で作った部品をおかずに御飯が食べれますね。

d0178511_20412210.jpg
最終的にはこんな感じに。

まぁ。簡単な仕組みの開きヤトイですね。

d0178511_20422194.jpg
こんな具合に主軸の後ろに固定して。

d0178511_20425181.jpg
シャフトを突っ込んで、材料を後ろから支えるように使います。

d0178511_20440064.jpg
あ。蓋もちゃんと閉まりますよ。


なんか最近。バイクの修理じゃなくても楽しいんですよね。

たぶん病気なんでしょう。。。。。

この旋盤の付属品製作や、調整は、バイクレストアの膿出し作業に似てる気がします。



「自分で作った道具を使って、何かを作る。」

ん~。考えるだけでもゾクゾクします。

風邪ですね。きっと。





[PR]

by hiyokobeans | 2015-10-29 20:58 |   東京高橋 | Comments(0)
2015年 10月 26日

帝國チャックの生爪チャック。

ウチの高橋君。ちょっとグレードップしました。

生爪チャック搭載ですの。

今は、スクロールチャックを製造していないらしいが、帝國チャック製。

古い物なのか?全体的に錆色に染まっている。

d0178511_19581448.jpg
ちょっと作業してみてんだけど、

これ。爪が減ってました・・・・・・・・

交換する鬼爪が減っていて、土台の爪の方が出っぱってる。

長い物を咥えると、奥歯でしか把握してくれないの・・・・・・・・

削って、調整できるのかしら??


むぅぅ。




[PR]

by hiyokobeans | 2015-10-26 20:56 |   東京高橋 | Comments(6)
2015年 10月 15日

エプロンストッパー完成。

エプロンストッパー完成しました。

骨董市で見つけた、用途不明の真ちゅう製レバーをあしらいました。
d0178511_20112272.jpg
素手で操作できて便利です。

d0178511_20124608.jpg
出来上がった道具をしげしげと眺めながら、

こんな形の物が旋盤で作れたことに少々の驚きを抱いています。

旋盤の正しい使い方というものがあるのなら、正しい使い方では無かったのかもしれませんが・・・

結果(形)に繋がった事を成功というのなら、使い方は間違っていなかったのかもしれません。

d0178511_20153090.jpg
使い勝手は上々で、自分には合っているように思います。

毎回、同じところで、往復台が止められるというのは便利ですね。

なにより、自分で作った道具が活躍するとことに快感を覚えます。

d0178511_20224359.jpg
そしてまた。ゴソゴソを何かを作っています。

突っ切りも少しづつ慣れてきました。

他人の作業を見学出来る機会があれば、勉強になるのになぁとつくづく思います。

”独学”ってのは、なかなか険しい道のりです。


[PR]

by hiyokobeans | 2015-10-15 20:29 |   東京高橋 | Comments(0)
2015年 10月 01日

てんや。わんや。

あぁぁぁぁぁぁl。

手直し。手直し。

d0178511_21200258.jpg
上下に余裕があると、設置が楽。
d0178511_21223133.jpg
反対側も、手直し。

d0178511_21225014.jpg
何が駄目だったかって?

V字の溝がね、斜めに掘れてたんだよね。

こんなに曲がってた・・・・・・

私 ショボイです。はい。

d0178511_21252404.jpg
残りの2面も、削り直して。

d0178511_21254948.jpg
精度が必要な訳ではないから、

気分は楽チン。

でもまぁ。時間が掛かること。掛かること。

d0178511_21262810.jpg
どうにか、帰って来た。

d0178511_21265603.jpg
峠は越えたか?

落とし穴はまだあるか?



何があっても、前に進むベシ。

そうしなけりゃ、何も分からないよ。

進め進め。ほれ進め。




[PR]

by hiyokobeans | 2015-10-01 21:29 |   東京高橋 | Comments(2)