我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:霧降高原ヒルクライム( 31 )


2017年 11月 03日

奇遇ですねキャンプの今日は雨。

雨だしね~。

誰も訪れないだろうから、

中止にしようかとも思ったんだけど、

何事も経験と思って初雨キャンプに突撃。

d0178511_22474455.jpg
荷物はブルーシートに包んどきます。

d0178511_22482474.jpg
手袋はゴム手袋。

d0178511_22484278.jpg
足はビーンブーツ。

ビーンブーツは結構防水効果あるね。

先日のみかもでも、グショグショにはならなかった。

多少の浸水はあったけどね・・・・

足首のホールド感のある長靴があれば、雨の日はそっちの方が良いかもね。

d0178511_22505908.jpg
キャンプ場は家からわりと近いのです。

いつものコメリで薪を買って。

d0178511_22513810.jpg
キャンプ場に到着。

会場を一周して、設営場所を厳選。

雨で水溜りにならないよう、凸にテントを置きたい。

そんでもって木の下なら、雨も少し和らぐかな?

この時点でまだ降水は無い。

d0178511_22534342.jpg
これから雨だっていうのに、

キャンプする人思ったよりいるんだね。

自分の他に6組くらい居たよ。

バイクの人も一人いた。

まったく呆れる。

d0178511_22551977.jpg
とりあえず設営完了。

雨が降ってなかったから簡単。

雨降りの時は、気を遣うよね。

一番最初に設営出来るように、タープはサイドバッグに入れてある。

近くをウロウロして薪も少し集めて、食料の買い出し。

d0178511_22575137.jpg
家から1時間ほどで、この景色。

いい所だよね。

d0178511_22594685.jpg
帰ってきたら、丁度よく雨が降ってきた。

なんかいつもより少し心細いが・・・・・

気温はさほど下がらないようなので一安心。

d0178511_23005317.jpg
適当に飲み食いして、早めの就寝。

朝の撤収が上手に出来ると良いんだけど・・・・・

d0178511_23015116.jpg
そんでもって朝。

夜通し降っている雨。

テントが少し浸水したよ。

シュラフは化繊の奴を持って来て正解だった。

バイクは前日にタープの下に避難させておいて雨露を避けた。

荷物は計画的に梱包。

パズルみたいで難しいけど、どうにか収まる。

d0178511_23040712.jpg
最後にタープを残して、

カッパも着込んでフル装備で撤収の仕上げ。

d0178511_23044694.jpg
撤収完了。

d0178511_23050106.jpg
じゃぁ。行きましょか。

1泊なら、なんとかなりそうだけど、

連泊中に雨が降ると大変だよなぁ・・・・・

時間が腐るほどあれば、晴れるまで連泊という手もあるのだろうが、

北海道とか、行く人は凄いなぁ。

d0178511_23073360.jpg
昔は、「雨の日は絶対乗らない」と決め込んでいたが、

宇都宮に引っ越してきて、いろんな人に出会って、

「雨の日も、たまにはいいか」と思えるようになった。

d0178511_23084446.jpg
好き好んで雨の日に乗ろうとは思わないけど、

雨もなかなか、風情があるんだよね。

ちゃんとしたカッパ着て、防水対策をちゃんとしておけば

けっこう大丈夫みたい。

目指すは、全天候型ライダーか?



次回も、ヒルクライムの前日にキャンプしますので、

興味ある人はどうぞご一緒しましょう。






[PR]

by hiyokobeans | 2017-11-03 23:18 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2017年 10月 30日

第9回 霧降高原ヒルクライム

なんやかんやでもう9回目。

大平山の茶屋でたわいもない話から生まれた御伽話。

現実のものとなって、はや5年目。

今回も登りました、雨の霧降。

朝の6時に天気を見定めた鮭夫会長から掲示板に号令。

「雨が吹き上げている様子は無いね。ちゃんと上から降ってくるようなので、行きまっせ。」
d0178511_21495835.jpg
「ホントかいな?」と思いながら、

前日のキャンプから、集合場所に来てみれば、

ホントにいますよ。いつものお二人。

mmおやじさんと熊三さん。

d0178511_21523563.jpg
いつものヲレンジ号。

今回は、つい先日にOHを完了させたスペアエンジンを積んで参加。

様子見に霧降山へ。

d0178511_21534667.jpg
熊三さんは、先日のみかもで陸王が故障。

徹夜の修理を慣行するも間に合わず、安定の通勤カブ号で参加です。

宇都宮からの3人で話していると・・・・・・・

「ポポポッポポポポポポポポ・・・・・・」

d0178511_21551074.jpg
なんと、鮭夫会長が定時より早く到着!

埼玉県から東北道をひた走り集合場所へ到着です。

「なんか、興奮して朝早く起きちゃったよ」

こんな雨の中、高速道路でバイクが走ってるだけでも驚きなのに、

それが陸王だなんて・・・・・

車ですれ違って興奮した人いるんじゃない?
d0178511_21570793.jpg
程なく、ダブワンでコースケさんも到着。

なんか、普通に集まってるけど、

こんな日に霧降高原行くなんて、やっぱりちょっと変だよね・・・

ここで、うしさんから電信。

「メグロ駄目で引き返すからちょっと遅れるー。先行ってて。」

「・・・・・・」

うしさんメグロで来るつもりだったのかよ。

d0178511_22004511.jpg
「ヒュオーーーーン」

ベロセットさんが到着。

「なんか体調悪いから、このまま引き返すわー」って。

d0178511_22020429.jpg
「えーー!?」

そんな無理しなくてもイイのに。

それじゃぁ。集まった所で出発しましょ。

d0178511_22030485.jpg
写真も撮れなかったので、いきなりゴール。

「イヤー。バイク全然居ないね」

d0178511_22034593.jpg
「そりゃそうだ!!」

なぜか、みんな楽しそう。

d0178511_22050391.jpg
「ヒュオーーーーン」

「あれれ?」

「なんか、大丈夫そうだから登って来ちゃった。」

d0178511_22065482.jpg
「なんか、ミッションオイル足んねーかも?」

「じゃぁ。少し入れとくけぇー。」

もう。なんかマイペースすぎてスゴイ。

ここは。雨の六方沢なんですけど・・・・・

「じゃぁ。昼飯食いいくべぇ」

d0178511_22100077.jpg
大笹牧場に到着です。

「イヤー。バイク1台も居ないね。」

d0178511_22103671.jpg
d0178511_22112809.jpg
d0178511_22113937.jpg
みんなズブ濡れでーす。

d0178511_22121140.jpg
大笹牧場名物のジンギスカンで昼食。

ほっと一息。

d0178511_22133675.jpg
「おーい。茨城からここまでバイク1台しかいなかったのに、なんでこんなところに6台も居るんだよーー。」

遅れてうしさん到着です。

雨の時は、屋根の下で一息つくと腰が重くなるんで、いつもより少しゆっくり休憩です。

d0178511_22203294.jpg
うしさんは、一度帰って乗り換えてホンダで再出撃。

d0178511_22210425.jpg
いつもは単車で大賑わいの大笹牧場も、今日は自分たちで独占状態でした。

d0178511_22222702.jpg
とりあえず記念撮影。

カメラが結露して まともに撮れず・・・・・

不遇な雨の開催となりましたが、今回も無事開催する事が出来ました。

あまり難しい事は言いません。

晴れでも雨でも、楽しんで走ることが出来る、この集団は本当に素晴らしいと思います。

「雨だと楽しいから乗る」という訳ではなく「雨でも楽しんで乗る」という事なんでしょう。
どことなく「旧車に乗る事」と通じるところがあると思うのは私だけでしょうか?
でもね。やはり走るなら晴れの日がイイのは言うまでもありません。
次回は、快晴の霧降を走りたいですね。



次回は来年の春の開催です。

ご興味ある方の、ご参加をお待ちしています。






[PR]

by hiyokobeans | 2017-10-30 22:43 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(2)
2017年 10月 09日

第9回 霧降高原ヒルクライム ー告知ー & 前日キャンプ

忙しい。なんか忙しい。

「ヤフオク鑑定団」に告知文を書いて、

facebookでも告知して、

このブログでも告知。

なんか忙しいぞ。

d0178511_20410099.jpg
そんな訳で、またまたやります霧降高原ヒルクライム。

「好きなオートバイにまたがって、霧降高原を登りましょう」という単純明快な概要。

参加費無料・車種不問・途中参加・途中離脱OKのユルーイ集会。

走るのが好きな人。秋のツーリングがてら、どうぞ遊びにいらして下さいな。

開催日時 平成29年10月29日(日曜日)
集合場所 日光市所野運動公園第二駐車場
集合時間 午前9:00~スタートまで(10:00位)


集合場所は公共施設の駐車場なので、
トランポは置いておけると思います。

おそらくスタートは10時頃になると思いますが
参加車両が少なければ多少早まるかもしれないので、
お気をつけください。
コースはこんな感じ。
距離20km、斜度8~10度の山道です。

https://www.google.co.jp/maps/dir/36.7483823,139.6365418/36.814552,139.59055/36.8405648,139.6166565/@36.7988924,139.6120967,13z/data=!4m2!4m1!3e0?hl=ja

(注)道中のトラブルについては自己責任でお願いします。
   トランポ等のサポートは一切ありませんのであしからず


d0178511_21041842.jpg
自分は前回に引き続き、東小屋キャンプ場で一泊してから集合場所に向かいます。

「ちょっと日光に10時は遠いんだよなぁ・・・・」とか

「栃木に走りに行こうと思うけど、どこでキャンプしようかな?」

なんて思ってる人は ご一緒どうですか?


東古屋キャンプ場。場所はここです。



過去の、霧降高原ヒルクライムの様子は コチラ で見れます。
ご興味ある方、ぜひいらしてくださいな。

[PR]

by hiyokobeans | 2017-10-09 21:11 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2017年 06月 14日

第8回 霧降高原ヒルクライム  ーその3ー

六方沢の展望台で休憩したらば、

その先の大笹牧場牧場まで走ります。

d0178511_20140101.jpg
この辺りから、景色がコロっと変わります。

山の景色から、高原の景色へ・・・・・

変わると共に、気分も高揚。

個人的には、この六方沢~大笹牧場の区間が、

霧降高原道路の醍醐味なんじゃないかと思っています。
d0178511_20154313.jpg
10分ほどで、大笹牧場に到着。

この日は、天気が良かったので駐車場も満杯でした。

ドンドンといろんな単車が来るので、駐車場にいるだけでも結構楽しい。

ここで昼飯食べて、下山です。

d0178511_20184687.jpg
さすがに、古いのが集団で走っているので人目を引きます。

始動に手こずっていると、

「あぁ。やっぱり古いからね。」と言われてしまいます(笑)

d0178511_20210239.jpg
最高!最高!

ここは栃木が全国に誇るツーリングスポット。

見て?この青空。

走っていて、楽しくないわけないでしょう?

d0178511_20222088.jpg
d0178511_20223198.jpg
スパーカブは、下りが得意?らしい。

下り坂でスイスイ速度も出るし、

軽いから、ブレーキも効くらしい。

登りよりも、ずっといいペースで走っているようでした。

d0178511_20481869.jpg
それに比べて、陸王なんかの重量級は、

ブレーキ弱いので、速度の出し過ぎは要注意。

上手にエンジンブレーキ使って、安全運転で下って行きましょう。

d0178511_20260098.jpg
自分なんかは、ずっと3速だと速度が出すぎてちょっと怖い感じ。

あんまり運転も上手じゃないしね。

d0178511_20264895.jpg
前を走るは、ベロセットさんの赤いモトグッチ。

ブレーキ性能が違い過ぎて、ついていけず。

同じタイミングでブレーキ踏んだら追突しちゃう。

なので、あまり走行写真が撮れませんでした。スイマセン。

d0178511_20291778.jpg
帰りも、六方沢の展望台で一休み。

この日は、暴走族?旧車會?の集団もツーリング。

なんせ、栃木県屈指のツーリングスポットですから。

爆音奏でて、去って行きました。

あれに比べたら、自分らの排気音なんて可愛いもんですね。

d0178511_20564190.jpg
この辺りで先を急ぐ方々が離脱し始めます。

途中離脱は全然オッケーです。

基本的に全部自己責任なんで、あーしろ。こーしろ。ってのはありません。

まぁ。安全運転出来ない人と、他人に迷惑掛ける人は勘弁ですが・・・・。

d0178511_21174847.jpg
あ。もちろん単車の故障も自己責任ですよ。

単車のトラブルに、レッカー呼ぶのも、自分で対処するのも自己責任。

それがこの集会のたったひとつのルール。
d0178511_21193772.jpg
さて。さて。集合場所まで下りましょ。

d0178511_21213412.jpg
途中の神社に寄り道して、集合場所に到着。

d0178511_21233842.jpg
最後に記念撮影。

今回も、とても楽しい1日になりました。

ご参加くださいました方々。どうもありがとうございました。



霧降高原ヒルクライムは年に2回の開催です。

次回は、栃木旧車の祭典「オールドタイムランみかも」の2週間後の予定です。

ご興味ある方、ぜひご一緒しましょう。


おしまい。








[PR]

by hiyokobeans | 2017-06-14 21:34 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(2)
2017年 06月 13日

第8回 霧降高原ヒルクライム -その2-

ほーれ。イッテコーーーイ!
d0178511_19195978.jpg
d0178511_19200882.jpg
d0178511_19201890.jpg
d0178511_19202770.jpg
d0178511_19203989.jpg
d0178511_19205280.jpg
d0178511_19211399.jpg
d0178511_19212281.jpg
楽しんできてくださいね~。

それじゃぁ我々も、旗を撤収して後を追いかけましょう。

この集会。出走後は集合場所はもぬけの殻となります。

だって全員参加者なんですもの。

d0178511_19224981.jpg
んじゃぁ。

行きましょ。

d0178511_19300877.jpg
集合場所を出たら、すぐに坂が始まります。

mmおやじさんのRT-2がモリモリと登って行きます。

d0178511_19324666.jpg
ほどなくして、最後尾を捕捉。

みんな自分のペースで登りますので、

「隊列を組んで 皆で一緒に走りましょう」的な感じは皆無です。

d0178511_19341239.jpg
この日の霧降の天気は最高で。

天気よし。景色よし。単車の調子よし。の三拍子で

最高の気分です。

RT-2はドンドン行きますね。

d0178511_19350470.jpg
ゆっくり登る車両をパスしていきます。

時々、フルカウルに ぶん抜かれながらですけどね。

d0178511_19354551.jpg
サイドバルブも、スーパーカブも一緒にはしる坂上がり。

排気量が59CCになっているとはいえ、

スーパーカブは普通に登りますね。

普通過ぎて感じませんが、もう50年以上昔に生まれた原付ですよ。

そりゃぁ。「世界のホンダ」になるわけですよ。

陸王RT-2とホンダC100は同世代。

陸王なんて、淘汰されちゃいますよ。そりゃぁね

d0178511_19393393.jpg
d0178511_19395117.jpg
d0178511_19402211.jpg
出発して、30分ほど走ると、

d0178511_20073509.jpg
ゴール地点の展望台に到着。

d0178511_20080617.jpg
本日は、ヒルクライム史上最高の展望でお出迎えでした。

d0178511_20082838.jpg

もうちょっと。

つづく。





[PR]

by hiyokobeans | 2017-06-13 20:48 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2017年 06月 12日

第8回 霧降高原ヒルクライム  ーその1ー

今回は前日に、キャンプしてから会場に向かいました。

その模様は後にして、まずは本番のヒルクライムの様子から。

朝9時ちょっと前。

1番乗りで会場に到着。

d0178511_19422883.jpg
ぽちーーーーん。

d0178511_19474112.jpg
集合時間は9:00~10:00くらい。

9時を回ると徐々に、単車が集まりだす。

d0178511_19484012.jpg
d0178511_19484829.jpg
d0178511_19491424.jpg
10時になる頃には揃い踏み。

後は会長を残すのみ・・・・・・・

d0178511_19504078.jpg
鮭夫会長が来ないので、

今回の参加車両の紹介。

最近手に入れたメグロにご執心の うし さん

「バンバン走ると、オイルいくらあっても足りねーの!!」と

言いながら、ゆっくり巡行ではるばる茨城から自走でやって来ました。

メグロS2で参加です。

d0178511_19513398.jpg
いつも違う単車で現れるベロセットさん。

今回はモトグッチで参加です。

グッチは赤が良く似合いますね。
d0178511_19521326.jpg

今回初参加。何やらエンジンに禁断の秘術を施したというC100。

何でもエンジン保護のために、水たまりを避けながら走らなくてはならないという・・・。

一体どんな走りを見せるのでしょうか。

d0178511_19534719.jpg
前回に引き続き、福島から参加してくださったC100。

「片道200キロ位がさ。丁度いいんだよ~」と余裕の表情。

カブで往復400キロって言ったら、もう冒険だと思うんですけどね。

d0178511_19543358.jpg
しれーーっと C100で現れた、いつもはメグロで参加のコースケさん。

なんかカブ菌が蔓延しています(笑)

その内、みんなカブになっちゃうんでしょうか??

d0178511_19563681.jpg
益子のやきもんや号。

グリーンがとても綺麗。

サイドバルブとは違う、精密で上品な音がします(笑)

d0178511_19595780.jpg
毎度おなじみの、宇都宮の走る焼却炉。mmおやじさんのRT-2型

蒸気機関車のように煙を出しながら「シュッポッ シュッポ」と走ります。

長い時間。ずっと同じ単車に乗り続けるってのは、なんか哲学的な感じがします。

それだけ、飽きない単車って事でもありますね。
d0178511_20012482.jpg
今回はハーレーは自分の1台だけでした。

やるやる言って今だキャブの掃除は手つかずで、ほぼ乗りっぱなし。

d0178511_20041640.jpg
最近、調子を出しつつある熊三さんのRQ。

先月のパイオニアランの時にも感じましたが、RQって結構走るんですよね。

ギア比の関係か?オイル抵抗の関係か?

想像よりずっと、2速の加速が良いように思います。

d0178511_20153106.jpg
今回この9台と・・・・・

「ブロロロロロロロロローーーーー!」

来た来たっ。

d0178511_20162398.jpg
年に何回、栃木に来るんだ?

「もう、栃木県民になっちゃえば良いのに」と思っているのは

自分だけじゃないはず。

東北道を泳ぐ赤い鮭。

鮭夫会長の、赤い陸王RT-2型改。

全部で10台の参加です。

d0178511_20190092.jpg
おーい。待ちかねたよ~!

じゃあ。そのままスタートしちゃおう!!

行ってらっしゃーい!


第8回 霧降高原ヒルクライム スタートします。




[PR]

by hiyokobeans | 2017-06-12 20:45 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2017年 05月 22日

第8回 霧降高原ヒルクライム -告知- とキャンプのお誘い。

ヒルクライムって言ってもね。

いわゆる、想像する激しいのとは違ってさ、

皆でのんびり坂を駆け上がろうっていう、ユルーイ集会。

愛車の健康診断がてら年2回の開催です。

興味のある人いませんかーーー?

開催まであと3週間。

さあさあ。ガレージの愛車と相談しよう。そうしよう。

来週。宇都宮ロマンチック村で開催される

第33回 パイオニアラン

にチラシを持っていきますので興味ある方はどうぞ。


d0178511_20081568.jpg

<イベント概要>

集合場所から、霧降高原道路を登り、大笹牧場で昼食。
その後、集合場所まで戻り解散となります。

開催日時 平成29年6月11日(日曜日)

集合時間 朝9時~スタートまで(10時位)

解散時間の目安 午後2時頃

集合場所 日光運動公園 第2駐車場 
     https://www.google.co.jp/maps/dir/36.7481695,139.6363568/36.7484725,139.636436/@36.7483608,139.6361517,17z/data=!4m9!4m8!1m5!3m4!1m2!1d139.6363495!2d36.748171!3s0x601fa0ecf393dadf:0xb0b289e645bce043!1m0!3e2?hl=ja

集合場所は公共施設の駐車場になりますので、
トランポは置いておけると思います。

おそらくスタートは10時頃になると思いますが
参加車両が少なければ多少早まるかもしれないので、
お気をつけください。


コースはこんな感じ。
距離20km、斜度8~10度の山道です。

https://www.google.co.jp/maps/dir/36.7483823,139.6365418/36.814552,139.59055/36.8405648,139.6166565/@36.7988924,139.6120967,13z/data=!4m2!4m1!3e0?hl=ja



(注)道中のトラブルについては自己責任でお願いします。
   トランポ等のサポートは一切ありませんのであしからず






d0178511_20435155.jpg
今回、私。

前日の10日に、東古屋キャンプ場でキャンプします。

「ちょっと日光に10時は遠いんだよなぁ・・・・」とか

「栃木に走りに行こうと思うけど、どこでキャンプしようかな?」

なんて思ってる人は ご一緒どうですか?

一人旅の途中に寄ったキャンプ場でたまたま一緒になったような、

こじんまりした感じをイメージしてます。

d0178511_20474029.jpg
東古屋キャンプ場。

場所はここ。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%9D%B1%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E6%B9%96%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A0%B4/@36.8176317,139.793471,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x601f9db8ff667865:0x11351ba5bb0b2be!8m2!3d36.8176317!4d139.795665?hl=ja

利用料は500円。

炊事場とトイレだけの簡素なキャンプ場です。

小奇麗に整備されているので、結構人気の場所のようです。

ゴミは持ち帰りになるので、よろしくお願いいたします。

d0178511_20510118.jpg
ヒルクライム当日は朝9時に集合場所に行くので、

自分は8時過ぎに出発します。

一緒に出るも、遅れて出発するもよし。そのまま残るもよし。

またまた、別の目的地を目指すもよし。

特別、気合の入ったものでもないので、

気楽にどうぞ。




[PR]

by hiyokobeans | 2017-05-22 21:10 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2016年 12月 19日

常総芋煮会2016冬。

霧降ヒルクライムメンバーのうしさん主催の芋煮会。

脳みそ側弁式な人たちが集まる、濃ゆい集会・・・・・

d0178511_19353802.jpg
朝。コースケさんとの待ち合わせ場所に向かう途中。

キャブレター凍る。

こういう時は、信号待ちで黒煙モクモク・・・・

何なんだろうね。ガスが濃いというよりは、燃料の気化が上手くいかずに、混合器が燃え切らない。という気がしてる。

同じ燃調でも、外気温が10度位あれば何事もないんだよね。

スロー系の穴に異常があるか、メーンノズルのエアブリード穴が詰まってるとか・・・・

あぁ。スロットルバタフライの定位置が悪いってのもあるかもなぁ・・・・

そんなことを考えながら運転。

d0178511_19415794.jpg
集合場所はローソン。

コースケさんとの集合場所はローソン率が多いかも。

今日はW1Sと下妻市へ向かいます。

d0178511_19430019.jpg
宇都宮からだと294号か4号で行くのが早いんだけど、

バイパスはつまらないから、県道を使って南下する。

だだっ広い、田んぼの中をノビノビ走って・・・・

d0178511_19442742.jpg
会場入り。

d0178511_19445233.jpg
d0178511_19450784.jpg
d0178511_19451688.jpg
d0178511_19453004.jpg
サイドバルブなんて、少数派のオートバイに乗る人たちが、

サイドバルブの話を気兼ねなく出来る、貴重な空間。

実際は、みんなオートバイ全般が好きなので、

当然、話はトッ散らかりますが、

古い単車や、機械加工の話やら・・・・・・

マニアックな話が飛び交います。

d0178511_19502908.jpg
芋煮の写真が無いのだが・・・・・・・

暖かい鍋と、焼ネギと、焼里芋をごちそうになって、

この笑顔。

会場や、宴の準備をしてくれた うし さん。

本当にどうもお世話になりました。今回もどうもありがとうございました。

d0178511_19535868.jpg
さらには、お土産まで。

巨大な白菜を単車に縛り付け。

鮭夫会長はこれで東北道を白菜とラブラブタンデム。


d0178511_19530155.jpg
ダラダラと、無駄話が糸を引きますが、

日も短いので、早目の解散。

d0178511_19561914.jpg
今年も一年どうもありがとうございました。

皆さんと一緒で楽しく走ることが出来ました。

来年も楽しく走りましょう!!

d0178511_19572302.jpg
霧降高原ヒルクライムは年2回。

宇都宮「パイオニアランジャパン」の2週間後と、

「オールドタイムランみかも」の2週間後。

ご興味ある方はぜひどうぞ。

ヒルクライムは肩肘張らないユルーイ集会です。

古いオートバイが好きな人を歓迎します。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-12-19 20:03 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(2)
2016年 11月 01日

第7回 霧降高原ヒルクライム -その3-

展望台から大笹牧場。

展望台を出るとすぐに六方沢。

d0178511_20194474.jpg
d0178511_20201858.jpg
d0178511_20203000.jpg
六方沢を過ぎると、景色が一変する。

一気に高原感が増す。

d0178511_20211641.jpg
 
d0178511_20213379.jpg
d0178511_20214745.jpg
この景色が、オートバイを引き寄せるんでしょうね。

d0178511_20221856.jpg
d0178511_20223266.jpg
d0178511_20224133.jpg
程なく、大笹牧場到着。

 
d0178511_20231232.jpg
昼飯食べて、休憩してる間にもう2台。

駆けつけて下さいました。

陸王 RT-2型 

d0178511_20242973.jpg
H-D VL

年始にやった芋煮会でご一緒したお二人ですね。

遠路遥々どうもありがとうございました。

d0178511_20253839.jpg
この辺りから、徐々にばらけて、帰路につきます。

途中参加。途中離脱も全然オーケー。

ツーリングの途中に「霧降高原ヒルクライム」を組み込んでもオーケーですよ?

大笹牧場から北側は、走るのには良い道がよりどりみどり。

d0178511_20270057.jpg
d0178511_20271248.jpg
時間のある人は、霧降の滝でも拝んで帰ろうという事になり、

希望者は霧降の滝へ寄り道。

d0178511_20275794.jpg
なんか滝の写真が無いんですけど・・・・・・まぁいいよね。

d0178511_20292597.jpg
d0178511_20293771.jpg
d0178511_20295113.jpg
d0178511_20301712.jpg
d0178511_20303050.jpg
d0178511_20303960.jpg
d0178511_20305965.jpg
さて、帰りましょう。
d0178511_20332476.jpg
最初の駐車場まで戻って、「第7回 霧降高原ヒルクライム」 無事終了です。

御参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
とても楽しい1日となりました。
またご参加いただければ嬉しいです。
d0178511_20353372.jpg
あーーーーーーー。楽しかった。



おしまい。




2016年11月8日追記
嬉しい事に、こちらのブログでも記事にしてくれました。






[PR]

by hiyokobeans | 2016-11-01 20:44 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(2)
2016年 10月 31日

第7回 霧降高原ヒルクライム -その2-

おいーーー。

そろそろ出発しよかぁ?

d0178511_22001050.jpg
「へーい」

d0178511_22010208.jpg
スタート写真はちょっとサイズ大き目にしといたんで、

お気に召しましたらどうぞ。

d0178511_22015515.jpg
d0178511_22025866.jpg
d0178511_22031127.jpg
d0178511_22032557.jpg
d0178511_22040477.jpg
d0178511_22041479.jpg
d0178511_22042865.jpg
d0178511_22045182.jpg
d0178511_22050552.jpg
d0178511_22051668.jpg
d0178511_22053135.jpg
12台が出たので、

急いで俺も出発準備。

d0178511_22062331.jpg
それじゃぁ。行きましょね。

私。最後尾。

d0178511_22064778.jpg
坂の入り口の信号で・・・・・・・

d0178511_22072105.jpg
なんと俺だけ引っかかった・・・・・・・・・マジ??

すぐに、ハーレー大軍団に飲み込まれて、あきらめでゆっくり登る。

あ~。一緒に走りたかったなぁ・・・・

d0178511_22094383.jpg
それにしても、今日はバイクが多い。

紅葉も、見頃で最高のツーリング日和です。

d0178511_22102251.jpg
ハーレー軍団の後ろを走っていたら、

なんか、モーゼの十戒のように・・・・・

割れたハーレーの隊列からカブが出て来た!!!!

d0178511_22114492.jpg
しばらく後ろに付いて走る。

概ね2速で登ってるみたい。

脇を大型バイクがどんどん抜いていくが、全く動じない。

速度は20キロ位だろうか?

淡々と歩を進めてます。

d0178511_22142996.jpg
時折、勾配が上がると、1速に入る。

着々。着々。着々。

堂に入った後姿である。

d0178511_22153313.jpg
それぞれのペースでって事で、

大江戸温泉の辺りで、カブをパス。

d0178511_22164019.jpg
ゴールの展望台まで、少し一人旅。

展望台の標高は1500m。紅葉も真っ只中。

今日は少し車も多いね。

d0178511_22173070.jpg
晴れてりゃ最高だけど、

曇っていても最高。

ほどなくして、展望台に到着。

スタートしてから30分位かな。

d0178511_22184951.jpg
カブさんは、少し遅れて到着。

d0178511_22193359.jpg
d0178511_22194589.jpg
自然と、拍手でお出迎え。

当たり前の様に走る。恐るべし乗り物ですよね。

数多の小排気量の息の根を止めた、HONDAの排出したリーサルウエポン。

d0178511_22210817.jpg
ここで少し休憩。

d0178511_22215380.jpg
ここまで登るとかなり寒い。

下界より5度くらいは気温が低いんじゃないかなぁ・・・・

d0178511_22220822.jpg
d0178511_22230632.jpg
d0178511_22231981.jpg
13台全員登頂です。

ここから、大笹牧場まで行って、ジンギスカン食べましょう。



その3に続く。







[PR]

by hiyokobeans | 2016-10-31 22:31 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)