「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Garage( 99 )


2016年 07月 25日

そうだ。ホームセンターに行こう。

3本ロールが面白いので、

調子に乗って、パイプも巻いています。

あらかじめ、端っこにアールを付けていくと綺麗に巻けるという事を教えてもらいました。

「鼻曲げ」とかって言うらしいよ。

d0178511_20550865.jpg
少しづつ、何度も往復させながら巻いていったら、

結構綺麗に巻けた。

これが出来るなら、フォークカバーなんかも作れそうだねぇ・・・・
d0178511_20552386.jpg
綺麗に巻けると、共付けが出来る。

共付けが出来ると、内側に不要な凸凹が出来ないので好都合。
d0178511_20564146.jpg
早速蓋に取り付ける。

d0178511_20573879.jpg
吸い込み口の出来上がり。

こいつの長さと、分離効果にどんな相互関係があるのかを、

知りたい。

d0178511_20593634.jpg
入口より、吸い込み口が下がっていた方が良いだろうという事で、

とりあえずこのくらいで・・・・・

d0178511_21002770.jpg
さてどうなることやら・・・・

暗中模索。

もさく。

困ったときは、ホームセンターに行って考えよう。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-25 21:12 | Garage | Comments(0)
2016年 07月 24日

まだやってます。

遅々として、進まない自分に少し苛立ちますが・・・・・

少し手を動かしては、考え。

ぼーっとしたりしながらやっています。

d0178511_21000200.jpg
こんな感じまで、進んでいます。

直径は、25㎝弱。

結構大きいです。

d0178511_21012260.jpg
吸い込み口には少し傾斜をつけてみました。

上手く中で渦巻いて落下くれればいいんですけど。

d0178511_21030044.jpg
相変わらず。溶接は要修業です。

d0178511_21034837.jpg
ぐーるぐる。

吸い込んだ塵が、どんな動きをするのか想像してみるが良く解らん。

d0178511_21061772.jpg
そしてこれ。

頂き物のファン。

掃除機についていた物らしい。

d0178511_21061335.jpg
これを、こんな感じに取り付けてみようと思っています。

さぁ。

この話。

面白いと思う人が、どのくらいいるのでしょうか・・・・・・・

不安でたまりませんが、

この調子で進みます。



[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-24 21:15 | Garage | Comments(2)
2016年 07月 16日

集塵機をつくってみよう。

「はぁ?何言ってんの?」

という声が聞こえてきそうですが・・・・・・

本人はいたって本気です。

d0178511_18253227.jpg
0.8㎜の亜メッキ鋼板に罫書いて、

板金バサミで切り出す。

この挟み。具合が良い。切った渕が波打たないで済む。

真っ直ぐか、外カーブしか切れないけどね。

d0178511_18281872.jpg
そして、玩具の3本ロールでグルグル巻く。

使い方も分からないまま、手探りで作業する。

右と左の締め具合を変えることで、テーパーが巻けるみたい。

d0178511_18293630.jpg
少し欲張り過ぎたみたい・・・・

もう少し小さければ、もうちょっと楽に作業できたね。

まぁ。いいや。

d0178511_18304019.jpg
でもって溶接。

完全に円にはならなかった。


d0178511_18315837.jpg
溶接部が∧になってしまった・・・・

d0178511_18330851.jpg
反対側には、太目の針金をくっつけて平らに擦った。

ここに蓋を付けたい。

d0178511_18341103.jpg
この後、胴の部分を作りたかったんだけど、

足りると思っていた鋼板が足らなかったので、とりあえず作業はここまで。

それにしても、こういうの楽しいよね。

あ~タノシー♬




[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-16 18:41 | Garage | Comments(0)
2016年 03月 15日

迷える鉄工所。

花粉の漂う空間に恐れをなして、

最近はずっと、ガレージの整理整頓をしています。

週末までは、大きな棚を作ってました。

d0178511_20481343.jpg
幅が5m以上あるので、作るの大変でした・・・・

しかも、最初に作った時点で、全く強度が足りずに、

あとから、鉄骨を付け足していくという、不効率なやり方になり右往左往。

でも、どうにか形になったようです。

d0178511_20503565.jpg
柱の強度が足りず、後からもう一本追加したので、

変な切り継ぎになってしまった・・・・・

まぁ。でも。いろんな態勢で溶接しなくてはならなかったので、

いい練習にはなりました。

d0178511_20522963.jpg
片付けは、苦手なので、まだまだ散らばってます・・・・

どうにか、使いやすいレイアウトを考え出したいのですが、

なかなか難しいです。

気づけば、道具も増えてるし・・・・

d0178511_20570517.jpg
少し前に、やってきたブラストキャビネット。

こいつも早く、稼働させたいんですよね。

「集塵機を自分で作りたいなぁ」なんて思っていたら、

3本ロールが欲しくなったり・・・・・

なんか。もう。。。。。


しばらく、バイクがいじれなそうです。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-03-15 21:00 | Garage | Comments(2)
2016年 02月 13日

本棚。

ガレージに新しく作った棚に本を並べました。

d0178511_21034961.jpg
いつの間にか金属加工の本が増えました・・・・

あくまで趣味はオートバイ。


ブクブクブクブクブクブク・・・・・

沼の底に向かって沈んでいるようです。

泥沼。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-02-13 21:09 | Garage | Comments(8)
2016年 02月 09日

バルブにまつわるエトセトラ。

ちょっと前に、バルブシートカッターを手に入れたんだ。

前田金属工業製。

TONEが売っていたという事は、昔はどこの修理工場にもあった道具なんだろうか?

今では、たぶんTONEの工具ラインナップからは外れているから使う修理工場は少ないんだろうけど、

昔は、バルブシートの修正なんて、上手い下手はあるにしても町の修理工場でもやっていた作業なんじゃないかなぁ。

違いますかね?
d0178511_18401276.jpg



少し前に、整備士の人と話すことがあってさ、

「C92のバルブ研磨とシートカット・摺り合わせ」 を自分でやったんですよ と話したんだよね。

そしたら怒られちゃった・・・・

「バルブ削ったりなんかしたら駄目だよ。バルブが小さくなっちゃうよ。」だって。

「バルブは縁の厚みが残ってるから、小さくはなってないですよ。」と絵を描いて説明したんだけど、聞き入れてはもらえなかった・・・・
d0178511_18453552.jpg
彼曰く、「バルブは段付き摩耗したら交換が原則」。

「摺り合わせで修正できないほどバルブシートが荒れていたら、シリンダーヘッド交換。」なのだそう・・・・・

終いには、「サービスマニュアル」にもそう書いてあると・・・・・

あまりに会話が噛み合わないので驚いたんですよね。

最近の単車はそうやって直すとしても、まさか整備士の人に話が通じないとは思っていなかったんだよね・・・・





そう遠くない将来。

動いてる70年代以前の単車の台数が、動いてる80年代・90年代の単車の台数を超えるんじゃないかと結構本気で思ってるんですが、

その頃には、旧い車両の まともな修理ができるお店は激減しているのかなぁ。

と思ったら、少し悲しくなったのでした。


日本は、旧車の整備なんて、変人の奇行にしか映らない国になってしまうのでしょうか?

それは勘弁だなぁ。そうなったら、俺なんかすぐに村八分じゃないか。

今だって時々、家の前を通る人に挨拶を無視され、目を逸らされるのにーーーー(涙)


[PR]

by hiyokobeans | 2016-02-09 19:48 | Garage | Comments(2)
2014年 10月 13日

一体どうした!?スペイシー

通勤に使ってる原チャリ。
ホンダのスペイシー125(JF03)
なんだかんだでもう27年選手

ここ数年。
涼しくなってくると朝の調子がすこぶる悪い。
エンジンが温まるまでの燃料が濃いみたいなんだ。
黒煙吹くほどではないんだけど、多分濃いんだと思うんだ。

オートバイスタータが作動完了するまで暖気するとプラグがカブっちゃうみたいなんだ。
だからといってエンジンかけてすぐスタートしたら、全然吹けないし、パワーも無くて、前に進むのもギリギリな感じ。
そのままムリして走ろうとするとやっぱりプラグがカブって、失火が始まる。

仕方ないから、路肩でセンタースタンドかけて空吹かしして、プラグを焼いて、どうにか路上復帰を果たすという綱渡り状態。。。
空吹かしがまともに出来ない事も多く、そん時はスロットル回しながら、神様にお願いするしかない感じ。。。。

「お願いだから、回転上がってくだせぇ。神様」てな具合。

プラグがカブる前にエンジンが温まっちゃえば、何事も無かったように普通に走るのにねぇ。。

d0178511_23053403.jpg
夏場はなんの不具合も起きないのになぁ。。。。

原因はオートバイスタータの作動時間が長い事が原因だと思って、
ちょっと前に社外品に交換したんだけど。。。。

そしたら症状が悪化したので、とりあえずまた元に戻します。

d0178511_23101426.jpg
左が社外品で、右が純正品。
オートバイスタータって変な名前と思ってたんだけど、
よく考えたら「オートバイ・スタータ」ではなく、
「オート・バイ・スタータ」と区切れるんだと気付く。

d0178511_23141508.jpg
針の飛び出し具合を比べてみる。
純正品は約21ミリ出てた。

d0178511_23152992.jpg
かたや社外品は。。。。。。。
お?1ミリくらい引っ込んでる。

コレだと完全に伸びきるまでの時間が純正品より長くかかるわけだなぁ。
これもプラグがカブる原因になるかな。

d0178511_23171920.jpg
オートバイスタータはバッテリーに通電させて作動を確認。
実際に車両に取り付けた時は、オルタネータの交流の1本から電源をとる。

だから、エンジンが始動すると同時に作動するんだね。
キーをONにしただけでは作動しない。

d0178511_23205813.jpg
作業前に少しアイドリングさせたからか?
プラグは真っ黒。電極のも少し減ってる感じだ。
これは新品に交換しとこ。

d0178511_23241030.jpg
キャブレターを外したついでにキャブ中の穴のつまりも確認しながら、
その仕組みについてお勉強。

このエアカットバルブの作動がイマイチよく判らん。。。。。
マニホールドの負圧を拾ってバルブを作動させるみたいなんだけど、
このバルブが作動すると、スローからガスが沢山出る仕組みのようなんだけど。。。。

一体何のために?

まぁ。とりあえず組み上げましょ。

d0178511_23294011.jpg
オートバイスタータにちゃんと通電してるかを確認。
テスターのダイヤルは交流ね。

とりあえずコレで様子見よう。。。
あんまり、解決にはならないだろうケド。
はっきりした原因が分からないとねぇ。
もうちょっとよく観察しないとダメかな。

どうにか調子よく乗りたいなぁ。。。。。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-10-13 00:02 | Garage | Comments(0)
2014年 06月 07日

リフォーム。

よっこらしょで出来上がった工具箱を載せる棚。
工具箱は、棚とボルトで固定。
この工具箱は地震で落っこちて単車に直撃した過去があるが、
もう落っこちないで欲しい。

工具箱は、事務用のマップケース。
ベアリングも付いてるから出し引きは楽チン。強度もまずまず。

d0178511_21433014.jpg
裏側に、定盤をセッティング。
棚の高さは1m位あるから、計測するときの姿勢も楽になった。

d0178511_21455853.jpg
定盤が移動して、今まで定盤を乗せていた台が余ったので、
移動式の作業台を作った。

切った貼ったを繰返し、縦横の大きさをひと回り小さくして、
柱を長い物に取り替えて、高さを上げて。。。。。。

もう、溶接機大活躍!
d0178511_21542595.jpg
天板の12ミリ?の鋼板はなかなか溶けずに苦戦しましたが、
どうにかくっ付けて完成。

なんか、元々余り材料で作った台だったのを、
更にいじくりまわしたので、ツギハギだらけだけど、まあいいや、これで十分。

ちょっと強度に不安があるところもあるけど、
使ってみて駄目そうだったら補強しよう。
これで、小物の溶接時はこの台の上で作業できる。

いろんな作業に、この台はきっと活躍してくれるでしょう。

いやいや楽しみで楽しみで。。。。そのうち色でも塗ってやろう。



しばらく、ガレージ環境を整備したら、
ほったらかしのGL400のレストア兼カスタムを再開しようと思う。








[PR]

by hiyokobeans | 2014-06-07 22:16 | Garage | Comments(2)
2014年 01月 20日

なーんだか。

なんだか、休みの日がちょこまか忙しいなぁ。。。。

そんでもって、千葉まで行って預かってきたこれ。原チャリ。

突然こんなのが、舞い込んできた。

d0178511_19573276.jpg

友達が、10年放置車両を貰ってきて、バッテリー変えたら動いたんで、
そのまま乗ってたら、半年ほどで調子悪くなったんだって。

d0178511_19590778.jpg
そんでもって、コイツを動くようにして欲しいのだと。。。。。原チャリ。
2ストって良く解らないんだよね。

エンジンは掛かるんだけど、200mほど走ると走らなくなっちゃうらしい。
でも、アイドリングはそのままするという。
アクセル捻ると走らない。。。。。。。

これだけ聞いて、
  「燃料系が怪しいかなぁ」
  「負圧コックのホースが外れ掛けてるとか?」
  「燃料フィルターにゴミ詰まってる?」
  「それとも2次エアーかなぁ?」
とか思ってみる。


そんでもって、自分どうにかしようとして、燃料フィルター壊して。
ガソリン全部、大気開放しちゃったんだって。

お陰で、ガソリン入らない。。。。。トホホ。
ちなみにタンク覗いたら、サビサビ。。。。。残念。

これでは、不具合の再現が出来ないじゃないのさ。。。。。。もう。

d0178511_20022608.jpg

まあイイやと、
えっちら、おっちら、分解していったら、

「あー。これだね。」

始動直後は、オートチョーク(リッチナー)が効いてて2次エア吸っててもどうにか走るけど、
チョークが戻ると、ガスが薄くて走らない。

アイドリング時はマニホールド内の負圧も小さいから、そんなに2次エア吸わないので、
どうにかアイドリングはする。

こんなところかな??

d0178511_20052572.jpg
もう、あちこち油だらけで嫌。2スト。
せっかくだから、キャブを洗おうとフロート開けると、中にはヨーグルトが用意されてました。
時計を見ると丁度3時。


お茶飲みながら、
「なんだろ?水が混ざったか?」

d0178511_20110017.jpg
キャブの洗浄には超音波洗浄器が威力を発揮するね。
スゲー綺麗になった。

そしたら、今度はブレーキ周りのOHだなぁ。
タンクの錆も取らなきゃならないし、
なんだか、テンション上がらないなぁ。


とっとと終わらせて、コイツを改造したいんですけどー。

d0178511_20193506.jpg
ベルトサンダー。
友達がリサイクルショップで見つけて、連絡くれた。
携帯の写真でみたら、市販のヤツを改造してると思ったんだけど、
いざ実物見たら、誰かが作ったやつだった。

手前の三角の黒いヤツがスイッチ。
引っ張ると動く。

d0178511_20213215.jpg
なんか、やたらと調整機構がついてますが。。。。。
とりあえずこれを立てて使いたいので、どうにかします。

早く、原チャリ終わらそう。そうしよう。





[PR]

by hiyokobeans | 2014-01-20 20:35 | Garage | Comments(1)
2013年 12月 21日

キャンドル。

ろうそくドリル?なにそれ?
てなわけで、本で調べてみたら
薄板に穴を開けるためのドリルらしい。

ちょうど、サイズのダブったドリルがあったので、
写真を頼りに、1本研いでみた。
サイズは10ミリ

d0178511_22260943.jpg
外側が、出っ張っていて、
中心に向かって凹んでいる。
芯の部分に小さいトゲがある。

ちょっと見づらいから拡大。
d0178511_22275031.jpg
「こんな形、研げるのか?」

と思ったけど、やってみたら出来た。
グラインダの肩を使って凹みをつける感じで、
左右の出っ張りの高さを同じにして、
それより少しだけ高く中心のトゲを作る。

d0178511_22303816.jpg
試しに、1ミリ厚の鉄板に穴を開けて研げ具合を確認。

最初は全然ダメだったけど、
何度か、研ぎなおしてどうにか使える程度に仕上がった。
普通のドリルと違って、最後に円盤が残るんだね。

これで、フェンダーの裏の補強板を留めているスポット溶接を削り取ることにした。
それにしても、機械工作について知らない事だらけ。

しかしなんだろう?
自分で研いだトリルで穴を開けた時の達成感は
買ってきたドリルで穴を開けたのとはなんか違う。

脳ミソ汁がジワーっと染み出てきて、
幸せ一杯な気分だぞ。

うふふ。うふふふふふふふふふ。




[PR]

by hiyokobeans | 2013-12-21 22:54 | Garage | Comments(17)