カテゴリ:Garage( 104 )


2016年 08月 22日

耳付きタイヤ。

週末。

自転車の

タイヤを

変えました。

d0178511_20303985.jpg
ウチのお買い物チャリ。

新聞屋で使われていた中古の自転車。

タイヤがヒビだらけなので、交換。

後ろのタイヤは外すの面倒ですね。

d0178511_20315746.jpg
そんでもってこれが新品タイヤ。

通称「耳付き」。

普通のタイヤと違って、耳が付いてる。

白い部分がその「耳」で、そいつでチューブを包んでリムに納める。

耳が、スポークとの接触も避けてくれるし、

リム打ちのパンクにも強いので、実用車に使われているんだそうです。

d0178511_20370220.jpg
こんな感じで、チューブが包まれる。

なんか丈夫だけど、しこたま重いタイヤです。

d0178511_20352605.jpg
そいでは作業に戻る。

まずは付いていたタイヤをむしり取る。素手で。

強引に向こう側に捻じると、ペロンと取れる。
d0178511_20401908.jpg

そしたら、新たしいタイヤを準備して、

片側のビードをリムに納める。

耳が邪魔してリムのセンターにビードを落としにくいので、

ちょっと硬いけど、グイグイ引っ張りながら、

端っこから順々に捻じり込んでいきます。

ここは力技ですね。

d0178511_20441340.jpg
この「耳付きタイヤ」はBEという形式で、実用車のほかにはリヤカーのタイヤなんかもこの形式らしい。

このビード。中にワイヤーが入っていないそうなので、思ったよりも伸びる。

d0178511_20460660.jpg
タイヤとチューブの穴の位置は合わせて入れようね。

そしたら、チューブを仕込んで、

反対側の耳をリムに入れていく。

d0178511_20470117.jpg
チューブの場所から順々に・・・・

まずはチューブを浮かして、耳をその下に滑り込ませる。

後から入れる耳は、最初に入れる耳とチューブの間に刺す。

d0178511_20500082.jpg
チューブを耳で包みながら、リムに挟んでいく。

チューブを中に入れてからより、こっちの方がやり易かった。

ビードは入れようとしないで、耳だけリムに挟んでいって、

最後に全周のビードをリムに落とす。

耳が全周に挟まっていれば、後は左右に揉むだけでビードが

リムに落ちて行ってくれる。

写真撮っておけばよかったなぁ・・・・

d0178511_20521904.jpg
でもって完成。

思っていたより簡単に出来きました。

おしまい。









[PR]

by hiyokobeans | 2016-08-22 21:23 | Garage | Comments(0)
2016年 08月 16日

盆からすり鉢。

早速装着。

d0178511_20270563.jpg
これなら砂も落ちるでしょう。

d0178511_20274016.jpg
ね。

吸込み口は底に。

d0178511_20282855.jpg
遮蔽版も設置。

効果はいかに。

d0178511_20293060.jpg
元々付いてたやつ。

これじゃぁ ねぇ・・・・・

メディアが盛塩みたいになるよ。



ともあれ、ブラスト稼働です。


[PR]

by hiyokobeans | 2016-08-16 20:37 | Garage | Comments(2)
2016年 08月 13日

ともあれ稼働だよん。

回収容器はこんな感じになりました。

作業過程をすっ飛ばして、いきなり完成ですが・・・・

とりあえず稼働しますよ。

d0178511_21461717.jpg
容器が、ちょっと小さいかな?

中蓋にパッキンがついていて、密閉が良さそうだったのでこれにしたんだけど、

まぁ。不具合なら替えればいいからさ。

d0178511_21472862.jpg
中にはライトも付けて。

直圧式にするかどうか迷うところなんですが・・・・

砂の入れ替えが必要ないので吸上げ式で。

とりあえず試運転をば。

d0178511_21493786.jpg
おぉ。出来た。当たり前か。

視界はとてもクリアで、集塵機君はどんどん中のモヤモヤを吸い取っていました。

こんどモーターの出力を計ってみようかな。

それから、コンプレッサーが予想どうり役不足だね。

ストレート製の100v・1.5馬力のヤツなんだけど、

これはそのうち、大きいのに替えるつもり。

d0178511_21512906.jpg
さてさて。試運転もそこそこに、

集塵機君の中を見てみます。

内部は綺麗なもんだね。

d0178511_21521656.jpg
蓋についてる吸い込み口は・・・・・・

少し、汚れているみたい。

これはどうなんだ???

目の粗いフィルターでも仕込んでみるか?

まぁ。このままでも大丈夫な気もするけどね。

d0178511_21544311.jpg
回収容器には、砂が溜まってる。

稼働時間に対して、砂の量が多い気がするけど・・・・

キャビネットの吸込み口に目隠しした方がいいのかな?

まぁ。まだまだ改良の余地ありですけど、とりあえずブラスト稼働です。


ヒャーーッホイ。楽しみ楽しみ。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-08-13 22:02 | Garage | Comments(2)
2016年 08月 01日

まだまだ続くのか・・・・・

ずいぶん形になってきた。

だけど なんかもう。大変・・・・・

d0178511_21114779.jpg
掃除機モーターはこんな感じに収まった。

配線はまだやってないから、上手くいくかどうかは まだこれからの課題。

d0178511_21124370.jpg
上手に分離出来て、ここから砂が大量に吹き出しませんように・・・・

d0178511_21132120.jpg
下には、フランジを付けてみた。

ここに砂の回収容器を取り付ける訳なんですけど。

どんな感じにしましょうかねぇ・・・・・

考えながらやってると、なかなか作業が進まない・・・・・




More
[PR]

by hiyokobeans | 2016-08-01 21:20 | Garage | Comments(4)
2016年 07月 30日

ゴトク。

そろそろお盆だし。

こんなのもいいかな。

d0178511_21113308.jpg
「ブーブー」

d0178511_21122566.jpg
掃除機のモーターをこんな感じで抑え込もうと思ってみたんだけど・・・・

「なんかなぁ・・・・見た目も、機能もイマイチな感じ。」

ホームセンターでの思いつきはすぐに却下になりました。

d0178511_21134872.jpg
手を動かしてみたら、なんかイイ案が浮かぶかも。

d0178511_21144250.jpg
コンロのゴトクの様な物が完成。

なんか細々した部品をくっつけるのも楽しいかもね。

時間ばかりかかるけど・・・・

d0178511_21175001.jpg
こんな感じで行ってみよう。

思い付きで始めた集塵機だけど、

まぁ。

買った方が安上がりだよね。

労力が半端ねぇわ。


でもね。


無駄な労力を費やす代わりに、

経験は残るんだよね。それから少しの技術向上。

これを信じて手を動かすしか無いわな。



[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-30 21:25 | Garage | Comments(0)
2016年 07月 25日

そうだ。ホームセンターに行こう。

3本ロールが面白いので、

調子に乗って、パイプも巻いています。

あらかじめ、端っこにアールを付けていくと綺麗に巻けるという事を教えてもらいました。

「鼻曲げ」とかって言うらしいよ。

d0178511_20550865.jpg
少しづつ、何度も往復させながら巻いていったら、

結構綺麗に巻けた。

これが出来るなら、フォークカバーなんかも作れそうだねぇ・・・・
d0178511_20552386.jpg
綺麗に巻けると、共付けが出来る。

共付けが出来ると、内側に不要な凸凹が出来ないので好都合。
d0178511_20564146.jpg
早速蓋に取り付ける。

d0178511_20573879.jpg
吸い込み口の出来上がり。

こいつの長さと、分離効果にどんな相互関係があるのかを、

知りたい。

d0178511_20593634.jpg
入口より、吸い込み口が下がっていた方が良いだろうという事で、

とりあえずこのくらいで・・・・・

d0178511_21002770.jpg
さてどうなることやら・・・・

暗中模索。

もさく。

困ったときは、ホームセンターに行って考えよう。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-25 21:12 | Garage | Comments(0)
2016年 07月 24日

まだやってます。

遅々として、進まない自分に少し苛立ちますが・・・・・

少し手を動かしては、考え。

ぼーっとしたりしながらやっています。

d0178511_21000200.jpg
こんな感じまで、進んでいます。

直径は、25㎝弱。

結構大きいです。

d0178511_21012260.jpg
吸い込み口には少し傾斜をつけてみました。

上手く中で渦巻いて落下くれればいいんですけど。

d0178511_21030044.jpg
相変わらず。溶接は要修業です。

d0178511_21034837.jpg
ぐーるぐる。

吸い込んだ塵が、どんな動きをするのか想像してみるが良く解らん。

d0178511_21061772.jpg
そしてこれ。

頂き物のファン。

掃除機についていた物らしい。

d0178511_21061335.jpg
これを、こんな感じに取り付けてみようと思っています。

さぁ。

この話。

面白いと思う人が、どのくらいいるのでしょうか・・・・・・・

不安でたまりませんが、

この調子で進みます。



[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-24 21:15 | Garage | Comments(2)
2016年 07月 16日

集塵機をつくってみよう。

「はぁ?何言ってんの?」

という声が聞こえてきそうですが・・・・・・

本人はいたって本気です。

d0178511_18253227.jpg
0.8㎜の亜メッキ鋼板に罫書いて、

板金バサミで切り出す。

この挟み。具合が良い。切った渕が波打たないで済む。

真っ直ぐか、外カーブしか切れないけどね。

d0178511_18281872.jpg
そして、玩具の3本ロールでグルグル巻く。

使い方も分からないまま、手探りで作業する。

右と左の締め具合を変えることで、テーパーが巻けるみたい。

d0178511_18293630.jpg
少し欲張り過ぎたみたい・・・・

もう少し小さければ、もうちょっと楽に作業できたね。

まぁ。いいや。

d0178511_18304019.jpg
でもって溶接。

完全に円にはならなかった。


d0178511_18315837.jpg
溶接部が∧になってしまった・・・・

d0178511_18330851.jpg
反対側には、太目の針金をくっつけて平らに擦った。

ここに蓋を付けたい。

d0178511_18341103.jpg
この後、胴の部分を作りたかったんだけど、

足りると思っていた鋼板が足らなかったので、とりあえず作業はここまで。

それにしても、こういうの楽しいよね。

あ~タノシー♬




[PR]

by hiyokobeans | 2016-07-16 18:41 | Garage | Comments(0)
2016年 03月 15日

迷える鉄工所。

花粉の漂う空間に恐れをなして、

最近はずっと、ガレージの整理整頓をしています。

週末までは、大きな棚を作ってました。

d0178511_20481343.jpg
幅が5m以上あるので、作るの大変でした・・・・

しかも、最初に作った時点で、全く強度が足りずに、

あとから、鉄骨を付け足していくという、不効率なやり方になり右往左往。

でも、どうにか形になったようです。

d0178511_20503565.jpg
柱の強度が足りず、後からもう一本追加したので、

変な切り継ぎになってしまった・・・・・

まぁ。でも。いろんな態勢で溶接しなくてはならなかったので、

いい練習にはなりました。

d0178511_20522963.jpg
片付けは、苦手なので、まだまだ散らばってます・・・・

どうにか、使いやすいレイアウトを考え出したいのですが、

なかなか難しいです。

気づけば、道具も増えてるし・・・・

d0178511_20570517.jpg
少し前に、やってきたブラストキャビネット。

こいつも早く、稼働させたいんですよね。

「集塵機を自分で作りたいなぁ」なんて思っていたら、

3本ロールが欲しくなったり・・・・・

なんか。もう。。。。。


しばらく、バイクがいじれなそうです。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-03-15 21:00 | Garage | Comments(2)
2016年 02月 13日

本棚。

ガレージに新しく作った棚に本を並べました。

d0178511_21034961.jpg
いつの間にか金属加工の本が増えました・・・・

あくまで趣味はオートバイ。


ブクブクブクブクブクブク・・・・・

沼の底に向かって沈んでいるようです。

泥沼。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-02-13 21:09 | Garage | Comments(8)