我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:GL400( 24 )


2014年 08月 02日

うだる。

なんだか暑いんですけど~。
今年は冷夏だってテレビで言ってたのに・・・・・

さてと。こんな感じでどうだんべ?

d0178511_20211228.jpg
タンクもまだ出来てないんだけど、フェンダーをあてがってみた。

GLってさ、全体的に見ると不細工なフレームにヘンチクリンなエンジンという印象なんだけど、
前タイヤと後タイヤの真ん中にエンジンがあるんだよね。
多くの国産車はエンジンがもうちょっと前に寄ってるんだ。


d0178511_20252332.jpg
YD125のリアフェンダーはヤフオクで1000円だった。
コレを切り貼りして使うことにしよーっと。

幅はもう少し足してみるかな。

d0178511_20264890.jpg
GLファンの方々ごめんなさい。フェンダーストラット切りました。

当然のごとく、中から虫のマユが出てきた。
それにしても、このプレス部品の接合部は見栄えがしないなぁ。
なんか羽根つき餃子みたいじゃないか?

コストダウンのせいなんでしょうけど・・・・・・
なんか残念。

d0178511_20404300.jpg
えん
こんだけエンジンが張り出てるとニーグリップは出来ないねぇ。
ハンドルが堅くて、ちょっと高いと思う。
もう少し丸みを帯びて、低くしたいんだよなぁ。。。。

テールランプとナンバーマウントの事は何も考えてないけど大丈夫だろか?
今回、シートを自分で作ってみようかな。

なんでもやってみない事には分からないもんネェ。


d0178511_20490078.jpg
明日は、川越で部品交換会。それから栃木でオールドタイムランがあるんだよねぇ。。

少尉連れてちょっと見学に行って来ようかな。

暑いけど大丈夫かなぁ・・・・・・



「少尉。久しぶりに出かけますよ~」










[PR]

by hiyokobeans | 2014-08-02 21:03 | GL400 | Comments(0)
2014年 07月 13日

ポンコツの点火装置。

無くなったアルゴンガスは充填のためにガス屋に預けたので、
ゴソゴソと、15年青空放置だったGLのエンジン始動に取り掛かる。
以前、CDI壊れている事を発見し、再生を試みるもあえなく撃沈の過去あり。。。。。。。


違うCDIの流用も考えたんだけど、なんか変なんだよ。

このGL。

なんかパルサーコイルが沢山付いてんの。

確認すれば、なんと各シリンダに対して3個づつ。

全部で6個も付いている。
サービスマニュアルを読んで勉強してみるも完全には理解できず。。。。。
そもそも、CDIの知識がほとんど無い。

だってポイント点火の単車ばかり乗ってきたから・・・・・



調べてみたら、点火装置には「CDI」と「イグナイタ」と言うのがあるらしい。
「CDI」は点火タイミングの時に、CDIに貯めた電気をIGコイルに放出する機械。

IGコイルのに流れる1次電流のイメージはこんな感じか?
d0178511_20275486.jpg
それに対して、「イグナイタ」は点火タイミングの時に、
既にコイルに流れている一次電流を切断するための機械。
同じくイメージはこんな感じかな?
d0178511_20291860.jpg
1次電流が切断された時にプラグに2次電流(超高圧)が流れて火が飛ぶ仕組み。
どちらの点火方式も、点火タイミングを感知するのは、フライホイールなんかに付いてるピックアップコイルだ。
そしてIGコイルに点火命令を出すのが「CDI」や「イグナイタ」や「ポイント」だ。


因みに、GLの点火方式は「CDI」方式。
しかも旧式なので、現在の「CDI」とは制御方法がちょっと違うみたい。

でもってこれが、サービスマニュアルにある図解。

d0178511_20361209.jpg

なんとピックアップコイルが3つ。

「低速コイル」、「進角コイル」、「高速コイル」

それぞれがどんな役割してるのか。。。。。。。。?
読むとスゲー繊細な機械なんだね「CDI」って。

SCR「サイリスタ」という電子部品をスイッチとして使って、
IGコイルに電気を発射するタイミングを制御してる。

パルサーコイルからの電気をサイリスタが受け取ると、
点火コンデンサに貯めた電気をIGコイルに発射します。
なので、サイリスタへの入力回路を鉄砲になぞらえて、
「トリガー回路」なんて言ったりするそうです。


そんでもってその「サイリスタ」は作動する(トリガーを引く)電圧が決まっているらしい。
その性格を利用して進角させるようだ。
d0178511_20413082.jpg
エンジン回転が速くなってくると、ピックアップコイルの起電力が上がる。
そうすると電気の立ち上がりが鋭くなるわけだ、

そうなれば当然、サイリスタ作動電圧に到達する時間は早くなり、
その結果、進角する。

d0178511_21034402.jpg

最初は、低速コイルからの電気を拾って点火制御する。

回転が上がってくると、
進角パルサーからの発電が上乗せされて起電力が上がり、進角する。
進角パルサーは回転が上がってこないと発電しないというのは、
エアギャップが広目に設定してあるという事かなぁ。。。。

高速コイルはフル進角時に電力を吸い取る役目をしていて、
回転が上がって調子に乗ってる「低速&進角」コイルの電気を吸い取り起電力を下げ、
進角が暴走するのを食い止める役目をする。

高速コイルと繋がってるダイオードの向きが違う事に注目すると、見えてくるか??

この図では、コイルの配置から想像するに
ピックアップ(鉄片)は反時計回りに回っている。


マニュアルを熟読して、解ったのはこのくらいの理解。
マニュアルには、図解も含めてもっと詳しく(解り易く)載ってますので、
知りたい人は手に入れてみたら良いんじゃないでしょうか。

この仕組みの「CDI」は出始めの頃のテクノロジーで、
以降の「CDI」はピックアップコイルがひとつの物に改良されてるから、
きっと特殊な物件かな。

ピックアップコイルを後期のものに交換すれば、
現在の「CDI」が流用出来る可能性があるかもね。


まあ。一夜漬けの勉強ではCDIを修理するほどの知識は身に付かなかったわけでして。。。。。
意気揚々とCDIを分解したけど、こんな簡単な回路ではなかったんだなぁ。。。。。。。チクショウ。
d0178511_21090078.jpg
そんなわけで敗北者は大人しくヤフオクで中古を入手。
まあ。新品は手に入らないので仕方がないんだけど、
結構な値段がするんだよね。コレ。

初期型のGLなんて一体何台動いてんだろうね。


なんどか落札を見送って、少し安目で落札。

d0178511_21140995.jpg
レストアも数年放置していたので、
キャブのフロートの動きが悪くオーバーフロー。

面倒だけどキャブももう一度洗って装着。
IGコイルも割れて使えなかったので、カスタムのコイルをちょっと細工して装着。

テストの結果、プラグの火も飛んでいるので始動してみる。
それにしてもフレームの錆が酷い。。。。

d0178511_21281562.jpg
「ボロボロボロボロボロボロボロ・・・・・・・・・・・」

あっさり始動。

2気筒のそいつは、
アイドリングも1000回転付近で安定してる。
なんかちょっと好きな感じの音だなぁ。


ちょっとアクセル煽ってみると、
「ギュイーーーーーン」と、あっという間に6000回転位まで吹け上がる。
このエンジン、OHVのクセに10000回転まで吹けるらしい。

まだ、15年前のオイルが入っているので、
今日のところは、これ以上回すのは止めておこう。

普段、サイドバルブなんかに乗っているので、
10000回転なんて、想像出来ないなぁ。。。。。。

本当に回るんだろうか?

d0178511_21350453.jpg
なにはともあれ始動に漕ぎ着けたので、
外装をやっつけて、そしたら配線はフレームの中を通したいなぁ。。。。。

ボチボチやんべ。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-07-13 22:35 | GL400 | Comments(13)
2014年 07月 01日

青空

トンネルはどうやって作ったらいいかなぁ。。。。。

d0178511_20191649.jpg
とりあえず、基準線をケガいて、
近くのカーブミラーを使って適当に曲げてみる。

d0178511_20200017.jpg
なんか違う気がするなぁ。。。。。


d0178511_20202149.jpg
お?

d0178511_20204036.jpg
なんか晴れてきた。

この隙に、ちょっと走っちゃおうかな。

d0178511_20211675.jpg
最近は突然、凄い雨が降るから、近場で・・・・・・茂木かな。

雲が近い。

d0178511_20215639.jpg
止まると暑いけど、
走っている分には、最高の気候だった。

八溝グリーンラインを使って馬頭に出て、そこから南下。

d0178511_20232975.jpg
雲。
d0178511_20243071.jpg
もてぎの道の駅に旧車が集まった・・・・・・・

雨降る前にとっとと帰ろ。

d0178511_20253092.jpg
宇都宮方面の雲が真っ黒。

d0178511_20265953.jpg
南の方は大丈夫そう。。。。。

どうにか雨が降る前に帰れました。

さーて。
まだ明るいから、タンクでもうちょイ遊ぼうかなぁ。。



本日の走行距離 49マイル(78.4キロ)

[PR]

by hiyokobeans | 2014-07-01 20:33 | GL400 | Comments(0)
2014年 06月 28日

魔が差す。

久しぶりに、GLを引っ張り出して眺めていたら、
なんか手を動かしたくなったので。。。。。。

タンクを切り開いて、塗装を剥してみた。

d0178511_19420829.jpg
中身はかなりの錆具合。

d0178511_19424880.jpg
どうやってフレームにマウントしようかなぁ。。。。。
トンネルは新しく作らなくては駄目かなぁ。

とか思っていたんだけど。

そのうち、なんか形が気に喰わなくなってきて。。。

d0178511_19474815.jpg
切れ目を入れて、

d0178511_19491018.jpg
仮付け。

d0178511_19512269.jpg
少し、シャープに。

鉄板の厚みは0.8ミリ。
こんなの溶接できるのかと思ったが。。。。。

d0178511_19520695.jpg
少し穴を開けたところがあったけど、
どうにかくっ付いた。

d0178511_19551845.jpg
コックの穴も塞いでみた。

d0178511_19554244.jpg
これからどうしよう。
あんまり計画的でもないし。。。。

溶接の練習と思って兎に角やってみよー






[PR]

by hiyokobeans | 2014-06-28 19:58 | GL400 | Comments(2)
2011年 08月 22日

CDI。

週末、秋葉原で電子部品を物色してきた。
さすが秋葉原。あるわあるわ。なんでも揃う。

帰ってきて部品を確認すると。。。

????

あ。コンデンサの容量が違う。。。。

。。。。。。。

d0178511_22102216.jpg


とりあえず、基盤についてる抵抗とダイオード、コンデンサを全部はずす。
買いそびれた、サーミスタとサイリスタはそのままで、
外した部品を取り替えて見ようと思う。

外したダイオードとコンデンサを簡単に点検してみたけど、
以上は見つからなかった。。。。

もしかしたら、CDI壊しただけかも?
原因はほかにあるの?

とか思ったけど、やっちまったものはしょうがないからせっせと部品を
半田で付けてく。

d0178511_22133786.jpg

なんか大して最初と変わらないけど。。。。
一応、作業終了。

d0178511_2214247.jpg

良く見ると、微妙に。。。。

d0178511_22141027.jpg

部品が新しくなってるでしょう?

取敢えずこれでもう一回エンジン掛けてみよう。

どうなるだろうか?
駄目な気がするな。。。。



多分、原因は他にあるんではと思い始めてます。。。。。
泥沼。泥沼。泥沼。泥沼。

あぁ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-22 22:18 | GL400 | Comments(0)
2011年 07月 22日

電子回路

しつこく、こびりついたゴムを削り。
だいぶ綺麗になってきた。

とりあえず、でかいコンデンサを外し、
その下にある部品の清掃に掛かる。

左右に出てる角みたいな抵抗が何なのか良く分からない。
なんで地べたについてないんだろうか?
基盤に書いてある凡例も、普通の抵抗と違う。

d0178511_21114630.jpg

せっかくコンデンサを外したので、
早速、動作確認。



壊れてない。

抵抗レンジで計測。
一瞬、針が触れ、抵抗は∞。
+極と-極を反転させてもう一度。
結果は同じ、針が一瞬触れて抵抗値∞。

正常ですね。


コンデンサが怪しいと思ってたのに。。。。。
そうでないという事は。

分解前に同じ針の動きをしなくてはいけなかったのに、
分解したらコンデンサが正常。

という事は。。。。。。
コンデンサに電気をためなくてはいけない時に、
他に電気が逃げてるという事かなぁ。
分解前の検査では導通してたしなぁ。


う~ん。配線がショートしてるか、
ダイオードが壊れてる。

そんな感じかなぁ。

d0178511_21173729.jpg


ゴム削ってる時に、ダイオードも3つくらい壊したから、
全部交換しちゃおうかなぁ。

上の写真の真ん中に写ってる白い部品。二つ同じのがある。
これが、サイリスタって言って、CDIの回路の肝のようだ。

コイツがピックアップコイルからの電圧を受け取ったのを合図に、
CDI内のコンデンサにためた高圧電気をイグニッションコイルに流す。

要はスイッチの役割なんだそうだ。


d0178511_2122591.jpg


迷路だな。これは。
本当に治るんだろうか?

心配だ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-07-22 21:34 | GL400 | Comments(0)
2011年 07月 15日

やってはいけない?

GL400はキャブレターも綺麗になったし、
もうエンジンは掛かってよさそうなんだよねぇ。

と思いながらセルを回すも、かかる気配はない。
キャブにガソリンは来てるし、プラグに火も飛んでいる。

おかしいなぁと思いながら、
まだ交換していないプラグを替えて見るけど、
火花の強さは古いプラグとたいして変わらない。

「ブロロロロオォ。。。。。。プス。」


一瞬、息を吹き返したが、その後はもう何も言わない。
やっぱりガスはちゃんとシリンダーに行ってるよなぁ。
そういえば火花がちょっと弱くなかったかい?

いままで6Vのバイクの火花ばかり見ていたから、
そんなに気にならなかったけど、
やはりコレは火花が小さい。   と思う。

CDIを外してテスターで調べる。
マニュアルどおりに抵抗値を検査していくと。。。。。
異常値が出る。

正解は「一瞬針が触れて抵抗値∞になる」
結果は「通電しっぱなし。」

何度やっても結果は同じ。


「CDIの中身どんなんか知らないけど、この針の振れ方は多分コンデンサがパンクしてるっぽいなぁ。」

。。。。。。。。







d0178511_22165148.jpg

というわけで、壊しちゃいました。CDI。
「もし、原因がコレじゃなかったら。」なんてちょっとビビりながら、
小さい頃、壊れたラジオを分解して遊んでいた頃を思い出しながら、
シリコンゴムをほじくりその中身に興味深々。

もう、ブラックボックスなんて言わせないよ~ん♪



d0178511_22202794.jpg

抵抗を3つくらい壊したけど、
取り合えず基盤が出てきた。

基盤を良く見ると、回路が白い文字で書いてある。

抵抗だったら「R1」とか、
ダイオードだったら「D3」とか、
コンデンサだったら「C8」とか、

インターネットで調べると、結構CDIを自作してる人がいるみたい。
でもちょっとGLには適応しなさそうなので、
(GLは点火信号が3系統×2気筒分ある。見つけたのは点火信号が1系統)
いま発掘したこの基盤を直す事にします。

おんなじ部品を買ってきて、同じ様に配線してみます。
ただ、ゴムと一緒に、部品に書いてある文字や模様が消えかかっているので、
ちょっとむづかしいかも知れないけど。。。。。

それで駄目ならまたなんか考えよう。





なんか大分、道が逸れてきた感じもするけど、
まあいいか。面白そうだし。

ただ、直せる気が全くしないのが気がかりだなぁ。
電子回路なんて、ポイント点火くらいしかわかんないし、
出来るかな。


出来るからやってるわけじゃ無いし、
とりあえずやってみなきゃ分からないしね。
とりあえず。とりあえず。

分からない事に、寿命を費やす事にします。
頭悪くてすいません。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-07-15 22:40 | GL400 | Comments(0)
2011年 07月 05日

妄想。

話は飛び飛びになりますけど、GL400も並行作業中です。
ヤフオクで手に入れた、社外のタンク。
程度が悪いので、激安。
なんでもガソリンが漏れるらしい。。。。
素性も良くわからず、GB250(クラブマン)用のCB50レプリカらしい。
フレームの幅が広すぎて、そのままマウント出来なかったので、
タンクの内側を叩いて広げて、とりあえず乗せました。

d0178511_2013165.jpg

80年代の単車は四角いタンクが良く似合うんではないだろうか?
こないだのFXもどきのようなティアドロップ型よりは、
ずっといいと思う。ホンダのエンブレムもポン付けだろうし。。

d0178511_20204879.jpg

タンクも細くてエンジンが目立っていいよ。
ただ、ヘッドが邪魔でニーグリップは出来ないなぁ。。。
すね毛がちぢれちゃうよ。コレじゃ。
左右のシリンダーが前後に少しずれてるんだなぁ。

d0178511_20185086.jpg

シートは、スポーツスターの純正。
座り心地も高級ソファーのようでお気に入りです。

d0178511_20274179.jpg

ハンドルの取り回しもギリギリOK。
あとは、どうやってフレームにマウントしようかなぁ。

フェンダーもこれでいい気がしてきたし、
外装はコレで行こう。もう決めた。
俗に言う、ぐるぐるタッピングカスタムではあるけど、
まあ、いいでしょ。

あとは、ライト決めて、
配線の取り回しを考えて。。。。。
ウインカーは純正のデカイの付けて。
車検も通るようにしないといけないから、
ブローバイの配管を考えて、、、、
そうだ。タンクは何色に塗ろうかなぁ。
あぁぁ。こういうの考えてる時は楽しいなぁ。


そうだ。その前に、エンジンかけなきゃ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-07-05 20:43 | GL400 | Comments(0)
2011年 06月 28日

ホンダ製。

同じGLでもメーカーが改造するとこうなる。
ホンダ製トラックレーサー。
茂木のコレクションモールで発見。
d0178511_210766.jpg

これでアメリカのレースに出てたみたい。
フロントブレーキは付いてない。
エンジンを横置きにしてウォーターラインを変更して。
2次駆動はチェーンに変更してあったけど。
チェンジペダルのリンケージはどうなってるんだろうなぁ。
もともとOHVだから、ハーレーと同じvツインなんだなぁ。

d0178511_219028.jpg

よく見るとヘッドガスケットが異常に分厚い。
このエンジンはクランクケースとシリンダーが一体(車と一緒)だから、
ヘッド側でストロークアップ?
もしかしたらストローカーなのかも知れないなぁ。


d0178511_21202749.jpg


ウチのオンボロとは雲泥の差です。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-06-28 21:32 | GL400 | Comments(0)
2011年 06月 26日

思案中。

バイクにタンクを載せて、外装はどうしようかと思案中。

d0178511_2055250.jpg

シートはもうこれで決まりとして、
タンクとリアフェンダーはどうすっかな。

ハーレーのタンク付けちゃうと、
なんか、ハーレーになりきれない国産車みたいな雰囲気が
出ちゃうから嫌だなぁ。

d0178511_20585352.jpg

裏は空っぽ。

なるべくお金はかけたくないしなぁ。
なんか考えないとなぁ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-06-26 21:02 | GL400 | Comments(0)