「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:  3速ミッション( 19 )


2015年 02月 27日

捕獲。

WLのミッションを捕獲しました。

d0178511_21370434.jpg
持ち上げたらズッシリするので、中身は入っているみたい。
とりあえず喜ぶ。

d0178511_21382332.jpg
スプロケットは見たことない消耗具合。

これじゃ空回りしたんじゃないかなぁ。。。

d0178511_21391566.jpg
このクラッチギア(3速)が使えればイイなぁと思っているのですが、

どうでしょうかねぇー?

d0178511_21402239.jpg
マウントは3スタッド。

正規のワッシャーは1枚だけかなぁ。

ここのワッシャは厚い(丈夫)のじゃないと駄目と思ってる。

ペナペナだとすぐ曲がる→ミッション動く。  となればいい事ない。

d0178511_21430868.jpg
キャスティングナンバーは「121-41」

それと「D 8」

これで製造年が分かるの?

詳しくは良く知らないんだけど。。。。


次はトップカバーを開けてみよう。
さてさて中身は如何に。

d0178511_21445716.jpg
「おっ。」

思ってたより状態がイイかもー。

錆が廻ってないぃぃぃぃ。


回すとちょっと引っ掛かるところがあるんだけど、ギアは全部入るみたい。

「ガチャガチャガチャ。」

バックギアの駒は入っていないから、単車に積んであったミッションだね。

d0178511_21465872.jpg
シフトアームがこの位置(一番後ろ?)で3速に入るという事は・・・・・・

どうやら47年以降のWLに乗っていたミッションのようです。



時間あるときに、ミッション整備台を作ってみよう。


[PR]

by hiyokobeans | 2015-02-27 22:01 |   3速ミッション | Comments(4)
2015年 02月 27日

捕獲。

WLのミッションを捕獲しました。

d0178511_21370434.jpg
持ち上げたらズッシリするので、中身は入っているみたい。
とりあえず喜ぶ。

d0178511_21382332.jpg
スプロケットは見たことない消耗具合。

これじゃ空回りしたんじゃないかなぁ。。。

d0178511_21391566.jpg
このクラッチギア(3速)が使えればイイなぁと思っているのですが、

どうでしょうかねぇー?

d0178511_21402239.jpg
マウントは3スタッド。

正規のワッシャーは1枚だけかなぁ。

ここのワッシャは厚い(丈夫)のじゃないと駄目と思ってる。

ペナペナだとすぐ曲がる→ミッション動く。  となればいい事ない。

d0178511_21430868.jpg
キャスティングナンバーは「121-41」

それと「D 8」

これで製造年が分かるの?

詳しくは良く知らないんだけど。。。。


次はトップカバーを開けてみよう。
さてさて中身は如何に。

d0178511_21445716.jpg
「おっ。」

思ってたより状態がイイかもー。

錆が廻ってないぃぃぃぃ。


回すとちょっと引っ掛かるところがあるんだけど、ギアは全部入るみたい。

「ガチャガチャガチャ。」

バックギアの駒は入っていないから、単車に積んであったミッションだね。

d0178511_21465872.jpg
シフトアームがこの位置(一番後ろ?)で3速に入るという事は・・・・・・

どうやら47年以降のWLに乗っていたミッションのようです。



時間あるときに、ミッション整備台を作ってみよう。


[PR]

by hiyokobeans | 2015-02-27 22:00 |   3速ミッション | Comments(0)
2013年 08月 31日

できたかな?

ボエ~~~。
今日暑くなかった?
明日も暑いの?



スプロケット付ける前に、オイルを入れてみる。
シャフトが半分浸かるくらい入れてオイルの漏れっぷりを確認するも。
一週間放置してもオイルが出てこない???? あれ?

クラッチギアを回すとメインシャフトの右側から出てくるものの少量。
もっとタラーっと出てくるもんだと思ったんだけど?

フォーミュラプラス(ミッションオイル)の粘度が固いから?
それともベアリング入れたときに塗ったグリスがフタしてる?

d0178511_21115846.jpg


カウンターギアの中にオイルが浸透するようにと思って、
グルグルとミッションを手で回す。

ついでにギアもガチャガチャ回す。
以前に比べて格段にギアの入り方が良い。
コリコリしていた手ごたえも無くなった。

やっぱりイケてる気がするかも。
期待しちゃう半面、初の自分で組んだミッションにこれから乗ろうとする恐怖。。。。。
自分って信用できないよね?

何かやらかしていないか超不安。
いやいや大丈夫。ちゃんとやった。
でももしかしたら。

いやいや。。。。。。

d0178511_2117172.jpg


もう作業したんだから、ここは覚悟を決めて前に進もう。
スプロケットを取り付ける。

スプロケットにはオイルシールが付いていて、スプロケットの端面から1ミリほどはみ出てる。
ケースの蓋とのクリアランスは僅か。

メインシャフトの遊びが大きいと、当たっちゃうね。
今回はバッチリなので当たらない事を確認出来ました。

そしたら、ゼンマイとキックアーム、それからスプロケットのカバーを取り付けて、

d0178511_212278.jpg


どど~んと完成。
スプロケカバーをつけた後にクラッチギア側からメインシャフトの遊び量を確認して、
変化がない事も確認出来た。

いよいよ、フレームに載せちゃおうかな。

d0178511_21245377.jpg


実は
前までフレームだけだったのに
単車の形に戻りつつあります。

ステムシャフトの引っこ抜けたフロントフォークも、
おやじさんの手腕によって見事復活しちゃいました。

フォークの再生作業は手伝わせてもらいましたが、
いやはや勉強になりました。こんな手法もあるんだなと。

「道具は買うものではなく作るものだ。」

良く聞く言葉(?)ですが、私が思っていた「作る」はまだまだ序の口だったようです。
本当に勉強になりました。どうもありがとう御座いました。

そんなわけでフロントまわりも復活です。

d0178511_21301192.jpg


実はもう、ミッションも乗っけて、
オイルタンクも取り付けて、オイルを入れちゃったりしたりしています。

完全復活ももうすぐか?
と思ったら今月に車検が切れたを思い出しました。

復活の序章は陸運局からだな。
9月の中旬ぐらいが目標。
その後、試運転して、10月には完全復活!

よし。この予定でいこう。
これなら「みかも」も間に合うし、もしかしたら「お台場」も行けちゃうかも。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-31 21:41 |   3速ミッション | Comments(0)
2013年 08月 30日

組み立て。

クラッチギアがインストール出来たので、
その横に収まるキノコギアを先にケースの爪に引っ掛ける。
キノコギアは上下向きがあるから注意。

d0178511_19473284.jpg


そしたら、カウンターギア左側にベアリングを込めて、

d0178511_19503421.jpg


カウンターシャフトを挿入して、反対側のベアリングも詰めて、

d0178511_2074971.jpg


ケースの隙間を知恵の輪のように潜り抜けて、
さっきケースに引っ掛けたキノコギアに差し込む。

あ。シャフトの先に小さいバネが入るのを忘れずに。

d0178511_1951211.jpg


メインシャフトにギアやらシムやらスペーサーを入れたら、
クラッチギアにドッキング。

d0178511_19591992.jpg


カバーにガスケットとカウンターシャフトのオイルシールを付けたら、
ケースに蓋して。

d0178511_19543760.jpg


メインシャフトのベアリングをケースの隙間に詰める。

d0178511_1956566.jpg


そしたら、シフターフォークを取り付けて。

d0178511_19554352.jpg


ドラムの取り付けには、遊びを減らすためにシムを入れて。
合いマークに気をつけて、ドラムを取り付けて。

d0178511_2005684.jpg


完成!
グルグル回して、ギアをガチャガチャ入れて。
なんだかこいつは行けそうな気がする~♪

d0178511_2011386.jpg


なんかミッション完成な雰囲気ですが、
スプロケット、カバー、キックアームを取り付けるまで、
ミッション組み立ては終わりません。


あと少し。あと少し。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-30 20:06 |   3速ミッション | Comments(0)
2013年 08月 27日

本番スタート。

せっかくココまでばらしたから、クラッチギアのオイルシールも交換しようと思って、
塩ビ管とワッシャとボルトを駆使して抜こうとするも、何だか非常に硬い。
エイヤッ!と力を込めると「パキッ」と外れる。

????パキッ?

d0178511_20132868.jpg


なんとオイルシールは接着剤でくっ付いてました。。。。。。なんで?
レースに残った接着剤をきれいに剥して確認すると。
手でシールを入れたり外したり出来ちゃう。

d0178511_20143496.jpg


どうやら、オイルシールの入るところがラッパに広がっちゃってるみたい。
う~ん。過去に何かあったのかな???

ツルハシみたいな形のプーラーでオイルシール外したら広がっちゃったとか?
まあ。多分人災だな。
今までオイル漏れも無かったし、今回は同じ方法でシールを取り付けた。
緑色のはめあい用接着剤を使って新しいシールをインストール。
完全硬化後はバッチリくっ付いていたので良しとする。
力のかかる場所じゃないし大丈夫でしょう。

d0178511_2019341.jpg


最初はこうやってクラッチギアを入れようかと思ったんだけど
ギアのくびれにシールが引っ掛かるので止めた。

d0178511_20205879.jpg


台所からタコ糸を輪ゴムを持ってきて。くびれを退治。
腹にはダイナマイトならぬベアリングを巻いて、

d0178511_20214284.jpg


ビニールテープでスプラインを保護して、
レースにギアを突っ込む。
ベアリングが少しレースに入ったところで、
輪ゴムを針ですくって、ギアを更に奥まで送る。

d0178511_20243645.jpg


わ~い。上手くいった。

ギアを回してみると結構シールの抵抗って大きいのが分かる。
へー。こんなにきつくないとオイル漏っちゃうんだね。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-27 20:29 |   3速ミッション | Comments(4)
2013年 08月 26日

シフトフォーク。

写真撮ってなかったんでコレは本組の時の写真。

WLのミッションは3段ギア。
ポテンシャル的には4段分の構造をしているんだけど、
4段目はバックギア用なので、

単車で使うギアは3枚。
メインシャフト側で左から3速、2速、1速。

回転の入力は左のクラッチギアからカウンターギアへと伝わって、
メインシャフトについてる2速か1速に伝える動力を選択する。
3速はメインシャフトに直結する。

d0178511_2144840.jpg


これがニュートラルの位置。
ここからギアの操作をすると、2つのシフターフォークが
シフタークラッチ(ドッグギア)をどれかのギアに合体させる。

d0178511_21482660.jpg


右のシフターフォークが一番右のギアに嵌って1速
ギアの大きさも一番大きいので、一番力がある。 けど回転は遅い。

d0178511_2154961.jpg


続いて2速。
右のシフターフォークはニュートラルの時の位置に戻り、
左のフォークが真ん中のギアに嵌る。

この2速が曲者で、ギア比が高目。
自分のだとせいぜい、50~55㎞/h位までしか引っ張れない。

d0178511_21393041.jpg


最後に3速。
右のフォークはそのままで、左のフォークはさっきまでと反対のクラッチギアに嵌る。
これで、クラッチとスプロケットが直結する。トップギア。

自分の場合大体40~45㎞/hくらいで3速に入れちゃうので、
その後は殆ど3速で走る。
まあ。アメリカの道を走るのには十分だったって事かな?


そんなもんだから、2速と3速の間にもう1段あればいいのになと思うんですよねぇ。
そうすれば、モータースプロケットももう少し大きな物が付いても大丈夫な感じがするし、
幻の2.5速で山道もいい具合に登ると思うんだよなぁ。。。。


本当はシフトドラムも付けて、シフトフォークの位置決めのシム調整をしたんだけど、
夢中でやってたら写真撮り忘れちゃいました。


よし。いよいよ本番に行こう!
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-26 22:17 |   3速ミッション | Comments(8)
2013年 08月 25日

メインシャフトとクラッチギア

クラッチギア(3速)とメインシャフトはクラッチギア内部のバネで、
ケース左右の壁にそれぞれ押し付けられてる。

なので、真ん中に隙間が出来るの。
その遊びを適正にするために厚みを選ぶシムがココの辺りに入る。

d0178511_2027683.jpg


メインシャフトの左の方にスペーサーやら、シムが入っているけど、
随分削れてたので新品に交換。
そんでもってシャフトのガタを確認。
0.22位かな。

d0178511_20273547.jpg


今回、シムの厚みを増やしてコレを0.1ほどにした。
本組みする時には新しいガスケットを使うから、同じ値になるように注意しないと。。。。
本当はミッションガスケットのセットに、サイドカバーのガスケットが最低2枚入ってないと駄目なんじゃないの?

このシムが決定されると、1~2速のギアの入る幅(スペース)が決まるんだ。
ちなみにこの幅はケースから生えてるガイドからシャフトのスプラインまで。
そんでもってこの幅に入るのが、

・1速ギア
・2速ギア
・スプラインにギアが直接当たるのを防ぐワッシャ。
・ギアの間にある調整シム。

この4つ。

d0178511_2027179.jpg


ギア位置の調整シムが入るのはここ。
ギアはなるべくドッグギアに近いところに居たい(ギア抜け防止)ので
この位置のシムの厚みでガタを取る。

メインシャフトがクラッチギアにどっ突いた時に、ギアの動きを妨げないように。
ギアの遊びは、最初に調整したシャフトのガタより多くないといけないはず。
マニュアルの数値を見る限りではそういう事なんだと思う。

メインシャフトを左に押込んでも、ギアの動きが渋くならないところで、かつ遊びは最小限で。。。
という事でシムを選択してみた。


なんか作業に夢中で写真をあんまり撮ってなかった。
文字ばかりで分かりづらい。。。。。。どうもスイマセン。


d0178511_2027264.jpg


思い通りの遊びになるように、組んでは、回して、計って、分解を繰り返して。。。。。。
カウンターギアも一緒に組んで、ギアのキツさを見てみたりして、
全部のギアにある程度バックラッシュがあるし、キツイって事は無さそう。
もしかしたらいい感じになってるかも。

ほっほ~ぅ♪  スルスル回るゼイ!
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-25 21:06 |   3速ミッション | Comments(0)
2013年 08月 24日

カウンターギア。

もう何回組んでバラシてを繰り返してるんだろうか?
組んでは回して計って、回して計ってを繰返し。。。。。

サービスマニュアルに書いてある事なんて、
ほんの一部分の基本的な事であって、
全部がこの疲れたミッションに当てはまるわけじゃない。

なんでココの数値がコレなのか?
どこを基準に設計されてるの?
この部品が減っているという事は、こっちの部品も調整しないといけないなぁ。。。いけないのかなぁ?
あれ?マニュアルとおりのクリアランスなのに、ココが上手に収まらないなぁ。。。。なんで?

修理する自信無くなってきた。。。。。

小学校1年生の算数の教科書を読んで、
微分積分の問題を解いているような気分だ。

d0178511_1811092.jpg


中古のカウンターシャフトから使えそうな物を選んでみた。
カウンターギアの両端はベアリングで支持されるので、
合いそうなベアリングを選んで装填する。

そんでもってケースに取り合えず組んでみる。

d0178511_1844875.jpg


カウンターシャフトの左端にはバネが入っている。
コイツがシャフトを右のカバーに押し付ける。
シャフトはスペーサーを介してカウンダーギアを右に押し付けるので、
カウンターギアの横方向のガタは常にゼロになる。

d0178511_188568.jpg


ギアを組んでグルグル回す。
シャフトを左方向に押すと、ギアは軽くなり、
離すとバネの力で右にギアが押し付けられ、少し回転に抵抗を感じる。
カウンターギアのあたる部分は砲金のブッシュになっているからコレでいいのだと思う。

砲金と当たるギアの端面は減ってくるし、たぶん現時点でも少し減っているので、
右側のベアリングの「蓋」がギアの端面よりはみ出ていないか確認しておこう。
コレがはみ出ていると、ベアリングが横から押されて回転が悪くなっちゃうもんねえ。

一体自分はどれだけの事柄に気づく事が出来るのだろう?
世にあるショップではどれだけの事に注意して修理しているのだろう。。。。。。
修理の成果の良否が分かるのは随分時間が掛かるだろうし、
それが判断できる乗り手がどれほどいるのか?

なかなか大変だわ こりゃ。

d0178511_18244884.jpg


これはクラッチギア。メインシャフトの片割れ。
コイツの中にはこんなバネがとゴムが入ってる。
ゴムのほうは、中に通るクラッチのプッシュロッドのオイルシール。
バネはメインシャフトを右に押し付けるために付いてる。

メイン側もカウンター側も右のカバーを基準に、
ギアの位置が設計されてるみたい。

それを踏まえると、どのスペーサーでクリアランスを調整すればいいのかが理解できる。
マニュアルにはこのスペーサーで調整しなさいなんて書いてあるんだけど、
それも何でなのかが判る。          気がする。




恐山のイタコに当時のメカニックを呼んでもらって、教われればいいのになぁ。。。。。
夢に出てきて教えてくれよ。ミッションの仕組み。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-24 18:42 |   3速ミッション | Comments(2)
2013年 08月 21日

キノコピョコピョコ。

あれこれ部品を付けたり外したりして、
ケースの中で部品がどんな動きをしているか見ています。

作業が進むより、こうやってダラダラと行ったり来たりしていることのほうが多い見たいだ。
沢山見て、考えないと理解できないの。

取り合えず、カウンターシャフトとキックギアをケースに入れてみる。

d0178511_21524659.jpg


サイドカバーはこのナットとその右となりのナットを留めないと、
ケースにちゃんと固定されないんだ。
メインシャフトのクリアランスをチェックする前に、気付いてよかったなぁ。

実際に作業する時はカバーじゃなくて何かスペーサーを入れて作業しよう。
そうしないと、メインシャフトの遊びを計れないしね。

d0178511_21562077.jpg


そんでもってキックギア。
WLのキックはこんな仕組み。
普段はキックギアにあるカム山がケースの爪に引っ掛かって、
ケースの奥(左側)に引っ込んでる。
ギアの背中にはバネが仕込んであって、
爪が外れるとひょこっと押し出てくる。

d0178511_21575447.jpg


ピンボケでスイマセン。
カウンターシャフトの右端にはキックペダルが付いている。
キックを踏む→カウンターシャフトが回る→キックギアが一緒に回る→
キックギアのカム山がケースの爪から外れる→バネに押されてキックギアが右に出てくる→カウンターギアに噛合う

という感じに動く。
文章にすると面倒だけど、実物を見ると結構簡単な仕組み。

d0178511_2214449.jpg


減っているのがシャフト前方という事は。。。。。。
クラッチギアとの噛合いがキツかったのかなぁ。
何でだろうなぁ。。。。。

なんてことをブツブツ言いながら作業していると、、、、
なんか視線を感じるので目をやると、
近所の公園の祭り帰りの親子連れのお父さんが、
すばやく目をそらし、そそくさと去っていくのでした。。。。。。。


。。。。。。。。。


私は別に危険人物ではありませんよー。
ちゃんと挨拶もするし、ゴミの分別もしてますよ。

そこんところよろしく。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-21 22:21 |   3速ミッション | Comments(0)
2013年 08月 16日

ドラム式。

このミッションで今年は沢山走っちゃったなぁ。。。
河口湖も行ったし、猪苗代湖も行ったし。

よく平気だったなぁ。

あれだけシャフトが減っていた訳なんで、
試しにベアリングの径も測ってみたら。
特に減った様子も無かった。

ベアリングって硬いんだなぁ。

d0178511_20191818.jpg


マイクロゲージの両端はタングステンで出来てるらしいよ。
タングステンは超硬い。

ちなみにポイントの接点もタングステン。
オイルストンでちょっと磨いた位じゃ全然ビクともしない。

紙やすりでいくら磨いても、殆ど減らないんではないだろうか?
汚れが取れるだけな気がする。

d0178511_20213519.jpg


外した部品を洗浄して観察。
シフトドラムはパーツリストを見るかぎり47年以降のタイプ。
このシフトドラムと、タンク、シフトゲージはセットでないと具合が悪い。
メカニカルジョッキーなら関係ないけど。

1速の時にシフトノブを手前に引くのが47以降で
それ以前は1速は前方(体から離れる方向)に動かす。

シフトドラムの側面に溶接痕。

d0178511_20293551.jpg


どうやらこの辺りが一度破断したっぽいね。
溝も少し凸凹してる。

でも。この辺りの溝はリバースの位置だから関係ないか。
そんなことより、この修理のおかげかどうか分からないけど、
シフトドラムの横幅が少し短いみたい。

持ってるほかのドラムと比べると、組んだ時の横方向のガタが大きい。
ガタが大きいとシフトフォークがちゃんとシフタークラッチ(ドグギア)を押さないよね。
フォークを動かそうとして自分が動いちゃうみたいな感じかな。
これはシムで少しガタを取ることにしてみよう。

d0178511_20353057.jpg


軸を入れて回してみると、動きが渋い。
ドラムの無理な修理で、左右の穴の位置がずれてる(芯が出ていない)のかな?と思ったけど、
原因はシャフトの曲がりでした。

プレスでシャフトを押して、曲がりを修正したら、スルスルと回るようになった。
気持ちい。

d0178511_2029526.jpg


気持ちよくなったところで、試しに組んでみよう。
シフトドラムのギアには一個だけ面取りしてあるところがある。

この歯と、

d0178511_20384933.jpg


シフターギアに掘ってある溝を合わせて組む。

そうそう。偉そうに講釈たれてるけど、
ミッションのOHを自力でやるのは初めてです。

予備のミッション分解したり、
本読んだりはしてるけど、
あんまり真に受けたらイヤよ。

自分でもちゃんと組めるか不安ですから~。

普段はぶつぶつ独り言を言いながら整備してます。
それを文字に起こしたのがこのブログ。
そんな感じ。

文字にすると頭が整理できる気がするので。

d0178511_20434369.jpg


はいはい。脱線は終了!
ドラムが付いたよ。

いきなりリバースから。
レバーは一番前方。
46年以前のミッションとは動きが逆。

ちなみにリバースの時はドラム右端の溝に押玉がはまらない(溝が無い)
のでギアが入ってもドラムはガチャンとならない。

d0178511_20443158.jpg


ガチャン。
ひとつ手前に引いて1速
今度は押玉が溝にはまるので手にガチャンと感触がある。

d0178511_20481880.jpg


ガチャン。
もひとつ手前にひいてニュートラル。

d0178511_20491523.jpg


ガチャン。
さらにもひとつ引いてて2速。

d0178511_20495788.jpg


ガチャン。
最後に3速。




ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

ガチャガチャガチャガチャ。

今までよりスムーズにドラムが動く。
動きが渋くない。

あ~楽しい!
[PR]

by hiyokobeans | 2013-08-16 21:02 |   3速ミッション | Comments(0)