我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 27日

雷様

梅雨が明けてから、

栃木の夕方には必ずと言っていいほど、雷が鳴る。

ボカーン!

ドカーン!

とかわいげの無い音で雷が鳴る。

今日もいつものようにちょうど仕事の帰りに、

ピカピカしだした。

暖かくなってからスクーターで通勤してるので急いで帰る。

今日は何とか降り出す前に帰ることが出来た。

d0178511_21102812.jpg


わかるかなぁ

真ん中にうっすらと稲光が見えるでしょ。

私のカメラテクではこれが限界。

どうにかしたらもっと上手に撮れるのだろうか?
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-27 21:19 | Comments(0)
2010年 07月 26日

マニホールドレンチ

V-twinとかで売ってる間にホールドレンチは、薄っぺたくてなんか不安な感じ。
しかも高いし。

どうにかならないかなぁと思っていたら、

安売りしていたコイツ。(2000円だった。)

モンキーレンチ

d0178511_2129565.jpg


頭も小さくて、
あごも大きく開いて、49ミリも開く。
TOP工業製だし、きっと使えるはずだと思って買ったけど、
いかんせん、柄が短すぎてナットが緩まない。

困った時は何も考えず近所のホームセンターを徘徊する私。

建材売り場で見つけた鉄パイプと
しばらく睨めっこ。

電卓を叩いて、
パイプの径を吟味して1インチ(25.4ミリ)を選択。

帰って早速、たたいてあわせて

d0178511_21294878.jpg


デキターヨ。
マニホールドレンチ。

使い勝手は上々で、
簡単にマニホールドも外れました。


そして先日、不幸の連絡が、、、、、、
頼んでいたキャブレター関係の部品が、
今回の入荷品に入ってなかったとさ。。。。。

そんでもって、

次回の入荷は2週間後。
在庫があるって言ってたから、
すぐ届くかと思っていたのに。

まあデモ、キャブは一番最後だから、とりあえず後回しでもイイや。
次はとりあえず配線に手をつけてみよう。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-26 21:53 | 43WLC | Comments(0)
2010年 07月 21日

Joe Hunt

思い立ったが吉日。

誰か言ったが知らないけれど、

僕は結構、この言葉を信じている。

d0178511_1928119.jpg



この単車を買った当時から使っている「Joe-Hunt」

オレンジ色のキャップもバッテリーが要らない所も気に入っていたし、

何よりレーシーな雰囲気もお気に入りでした。

手でマグネトーをわしづかみにして、点火時期をコントロールしていたけど、

走行中に微妙な調整はしにくい。


45は低圧縮でキックも楽なので、クランキングスピードも稼げるからか、

意外と始動性はいいと思う。(マグネトーにしてはという感じだけど。)

高回転では、点火は安定してるみたいだけど、

電圧があがりすぎるみたいで、ポイントの接点はすぐ焼けてしまう。

レース用の部品と考えれば納得の寿命である。


だから前から一度、バッテリー点火にしてみたかったのです。

というか、どちらも試した上で、どちらか選びたいと思ったのです。

d0178511_1942459.jpg


とりあえずあてがって見ました。

この葱坊主のような形のデスビもいかにもハーレーらしい。

昔はアラジンのランプみたいな部品はなんだろうと思っていた。

タペットクリアランスもデスビを装着したまま調整が出来そうだ。

スパークコントロールブラッケットもパーカーに出しちゃったから。

仕上がってくるまでに、バルブカバーのガスケットを交換しちゃおう。

Gasタンクの錆も気になるから処理したいし、

デスビ装着には配線もしなくちゃならないし、

キャブレターの調整もしなくちゃいけないし、

コイルマウントもなんか面倒な事に、うっすら気づいたけど、

とりあえず、まだ気づかないふりをしておこう。

d0178511_19553882.jpg


それにしても旧いハーレーの部品は艶っぽいと思うのはなんでだろう?

部品見ながら、酒が飲めますよ、私。





 
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-21 20:04 | 43WLC | Comments(0)
2010年 07月 19日

固体潤滑

今週末は3連休。

初日の土曜日。埼玉県のとある工場に。

あれこれ外したボルトやナットをパーカライズのお願いに行く。

とてもやさしい社長にお相手していただきました。

d0178511_19131130.jpg


「パーカライズは防錆効果はそれほど高くないからお勧めしないよ」といわれ、

CPボルトを見せて、当時の質感を出したいと説明し、何とか受けていただけることに。

良かった。





社長一押しのピストンの固体潤滑の話を聞き、ちょっと興味が湧きました。

もともとロケット開発で研究がされてきた技術だそうで、

ロケット打ち上げの強烈な加速Gでは、液体の潤滑材(オイル、グリス)が片寄ってしまい使えない。

そこで、ペイントのように、摺動部にコーティングして、機能する固体潤滑というものが研究されたそうです。


実物を見せてもらいながら、さらに話を聞く、

モリブデンショットとかWPCなどの様に表面高度を上げるものではなく、

このモリブデンコーティングは、尖ったもので引っかくと簡単に削れてしまう。


社長曰く、
「当たって削れなきゃ意味無いんだよ。」


ピストンとシリンダが接触したとき、
このコーティングが潰れることで緩衝材の役目をして、ピストンとシリンダを守るということだ。

逆に,当たっても何も削れないというのはまやかしで、当たれば何かが削れているはずで、
万が一硬くて削れない事があっても、そのときの摩擦は相当なもので、
すぐにエンジンは焼きついてしまうでしょう。

納得である。



d0178511_19321910.jpg



パーカライズもしばらくかかる様なので、

これを機に、点火をマグネトーからバッテリーに変えようかな。

そうなると、フロントの吸気バルブ側のタペットガイドも外さないといけないから、

ついでにバルブカバーのガスケットとシールも交換しよう。


自分のバイクは配線がほとんどないし、バッテリーも積んでいない。

むぅ、、、また出費がかさむかな。


それにしてもあんまり天気が良くて、雲がウソっぽく見えるよ。

あんまし見てると吸い込まれそうな魅惑があるね。夏の空。

レイトバスがとても映える夏の陽気に浮かれて、


きっと出費がかさむなぁ。。。。。。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-19 20:21 | 43WLC | Comments(0)
2010年 07月 18日

GW2010 part4

あ~暑い。

夏は暑い。当たり前。

でも話は5月の話。

そしてここは闘牛場。

d0178511_22194455.jpg


闘牛と言っても、人と牛が闘うのではなく、

ここの闘牛場では牛と牛が戦います。

しかもここ新潟ではこの闘牛を「角突き」と言うらしい。

d0178511_22182134.jpg


やり取りは相撲に似ていて、

まず、持ち主が牛を連れて入場、

そして勢子(せご)という行司のような人たちが、

闘いを見守り、勝敗をつける。


d0178511_2233690.jpg



牛たちは上手に闘う。

誰に言われるまでも無く、相手に立ち向かっていく。

角で相手をゴリゴリしたり、

ほかにも、いろんなテクニックもあるらしい、

でもなんだか闘っている牛はなんだか愛嬌があってなんだか面白い。

d0178511_2255351.jpg


今日の角突きは今シーズン最初の取り組みだったようで、

あまり無理をせず、終了する。

日本各地に闘牛はあるらしいんだけど、

この新潟の角突きは完全に決着をつけないのがポリシーという事だ。

取り組みで完敗してしまった牛はもう闘争心を捥がれてしまい、

その後、闘えなくなってしまう事が多いらしい。

そこで、新潟の角突きでは、

負けた牛も何度でも良い取り組みが出来るように、

完全決着がつく前に勢子が割ってはいり、勝敗をつける。

その心意気が、全国にある闘牛の中で唯一、無形文化財の指定を受けた理由だと司会の人が言っていた。

d0178511_22163766.jpg


今回は時間も無くて最後まで見れなかったけど、

取り組みは終盤になるにつれて、牛も強くなっていき、

戦いは迫力を増し、試合運びも上手になっていくのが素人目にもわかる。

結びの一番では横綱が登場する。

今度は是非、ゆっくり最後まで見に行こう。

そのぐらいこの角突きが気に入ったのでした。

d0178511_2227075.jpg


そして帰路に着きました。

ETC割引の恩恵も受けて、高速代は全部で5000円くらい。

走行距離は約1500キロ。


相棒はいつまで日本にいるかわからないので、今回の旅行はいい思い出になりました。

行き先も決めず、泊まる宿も当日決めるほどの、いい加減な、旅行だったけど、

それはそれで楽しい旅になりました。

国内だっだら何とかなるなと、

味をしめた私でした。



さて、次はどこに行こうかな。。。。。。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-18 22:38 | Comments(0)
2010年 07月 17日

GW2010 part3

この記事書いてるのももう7月。

今日は梅雨明け宣言が出て。

2010年の夏も今日から始まりです。

d0178511_2184236.jpg


時は少しさかのぼって5月、旅行も3日目。

今日は駅の観光案内所で教わり闘牛を見に行く。

場所は山古志村。




山古志村

覚えている人もいるかもしれないけど、

中越地震のあった山古志村。

僕が以前いた測量会社はこの地震の復興事業で、

地震の直後に山古志村の測量を請け負った事がある。

現場に行った人の話や写真では、

すごい惨劇だったようである。

山は所々崩れ落ち、山肌は茶色になっている。

所々、地割れもあり、

道路は波を打ったまま固まっていた。

山古志村の入り口のトンネルは警察が封鎖し、

これ以上進むと命の保障は出来ないと言われたという。

仕事だからとトンネルを抜け、

測量をするため山を登る。

三角点の有無、状態を確認し、異常が見られれば復旧する。

そして後日、測量に邪魔な樹木を地権者の了解の上、木こりの方に倒木を依頼する。






そしたらね。





木こりの方が

「危ないから山頂には行きたくない」って

言ったたんだよ。

木こりって言ったら山のプロフェッショナルですよ。

俺らよりはるかに山の知識は高い人たちが、「嫌だ」って言ったんだ。


恐ろしいね。  測量。

そんな山に、GPSのアンテナと三脚と機材ばっかりを持って仕事に行ったてさ、

俺の同期は。

山で仕事する時は、こんなもの遭難したって何の役に立たないっていつも思いながら仕事をしてたなぁ。

少し懐かしくなりました。








その測量が役に立ったのか分からないが、

d0178511_21253882.jpg



山古志村にはとてもきれいな棚田が沢山、ありました。

そして到着、闘牛場。


d0178511_21291848.jpg


着いたはいいけど、
なんか雰囲気が違う。

人の数も少なめ、

係りの人に聞いたら、

今日はここでの闘牛は無いと言う。

やっているのは隣の闘牛場だって。


駅の案内所のおばさんめ、ガセネタ掴ませやがったな、と思いつつ、

美しい棚田の風景を見れたからまあいいかとも思い

隣の闘牛場まではしごです。


d0178511_21352365.jpg




移動中、博士号を持つ物理学者の相棒が言ったよ。

「アメリカ人の最大の発明はコカコーラだな。」


その言葉を発する彼の表情は自身に満ち溢れていた。


続く
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-17 21:51 | Comments(0)
2010年 07月 16日

リンカート その5

今日ひとつ、部品が届きました。

d0178511_21424722.jpg

「Rubber Ducky Float」



HPを見てたら、欲しくなってしまいました。

だって
あなたの買う最後のフロートですとか、

最近の車やトラックで使うフロートと同じ素材だとか

純正のフロートとサイズ、重さが一緒だとか

ガソリンでもふやけないとか、

いろいろ書いてあったものですから。
(英語は苦手だから思い込みかもしれないけど。)


フロートの裏にはURLも書いてあるし、

いかにも最近の部品と言った感じ、

ロゴはアヒル村長のようなアヒル。

まだバルブシートが来ないから、作業できないけど、

今までついてたコルクのやつより、少しでかいのが気になるけど、

d0178511_21483158.jpg


期待してるぜ、

アヒルフロート!
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-16 21:53 | 43WLC | Comments(0)
2010年 07月 14日

リンカート その4

悲しいとき~

自宅ガレージでキャブがオーバーフローしているのを見つけたとき~



d0178511_21532728.jpg


というわけで、取り付けたリンカートは
あっという間にオーバーフローしました。

取り付けて、15分位したら
フロールボールのベントホールから、
ジわーっと、漏れてきました。


がっかりです。


素人はこれだからホント困ります。
とりあえず組み付けてみて、
水で確認したときは大丈夫そうだったから、
なんとなく組み付けてみたらこの有様。

そりゃそうだわな。
しっかりニードルバルブは
段つきしてるしね。

機械は正直だ。


そんなわけで、ニードルバルブ、バルブシート、交換します。
ついでにフロートも交換しちまおう。

しばらく部品待ちですね。


d0178511_2234848.jpg


気になるネジを、
パーカライズしようと思い、あちこちはずしていたら、
ガスタンクも外れてしまいました。



まあいいや、

しばらく走れないし。




それにしても
ショボイ  私。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-14 22:12 | 43WLC | Comments(0)
2010年 07月 13日

選挙

d0178511_19541027.jpg


こないだの週末は選挙でした。
雨も降りそうだったけど、
はがきを持ってスクーターで行ってきました。

前回の衆議院選では民主党が圧勝したけど、
今回は惨敗だったそうで。。

民主党内では誰が責任取るんだ見たいな話になっているみたいだけど、
この日本での、「責任=退任」みたいな構図は
何なんだろうと思う。

何かひとつ失敗するとすぐ、「やめろ~」と声が聞こえてくる。
で、テレビでは「ヤメロヤメロ」の大合唱。
でもって支持率がどんどん下がって、、、、、、、

最後になんかやらかして、、、、退任。
辞めたんだからもう昔のことは言わないでね。
とばかりにみんなすまし顔で、やり過ごす。

こんなことの繰り返しが続いているような気がしているよ。


今回の鳩山さんの退任だってそう。
菅さんが総理になったからって、
普天間の話も、政治とカネの話も、何も好転していないし、終わっちゃいない。

鳩山さんも辞めたらすっかり、
バッシングされなくなったと思うけど、
本当にこれでいいのか?


こんなことが続くようなら、
この先、麻生さんや鳩山さんみたいに、
「記念に総理大臣にでもなっておくかな。」
見たいな人がわんさか出てくるんじゃないかと
少し不安に思う。



なにはともあれ
うちのスペイシー125は良く走る。
いつもこの時期は調子よく、燃費良く、とても快適。
通勤にも散歩にも、大活躍。


d0178511_20413933.jpg


1987年式ですが、まだまだ現役です。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-13 20:44 | Comments(0)
2010年 07月 08日

ゲリラ豪雨

d0178511_2045958.jpg


普段はこんなファミリーマートの入り口だけど、
最近のゲリラ豪雨にかかれば、

d0178511_20462641.jpg


こんなです。


どこが水路だかわかんない。
落ちる車がいてもおかしくない状況。

ゲリラ豪雨おっかね~。
でもなぜか少し、ワクワクします。



早く、梅雨明けないかな~。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-07-08 20:58 | Comments(0)