我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

2010年末

師匠も走る師走。
28日に仕事を収め、地元での忘年会のため一路千葉へ。
d0178511_1730463.jpg

昔からの友達と久しぶり飲む酒は旨く。
気づけば朝7時。

少し休憩してそのまま今度は川崎で忘年会。
大学からの付き合いの友人達と飲むこの会は
もう卒業してからずっと続いている。

年に1回しか会わなかったりするけど、
一度集まれば、昔のように話ははずむ。
タイムスリップしたような感覚にさえ、感じるよ。

カメラ持って飲みに行ったけど、
帰って確認したら知らない写真がいくつか。

d0178511_1737577.jpg

d0178511_17382363.jpg

多分こんな所で飲んでいたのでしょう。
結局、電車も無くなり、
友達の家でお世話になりました。
どうもありがとうございました。

そんなこんなで2010年も終わりになります。
今年は、このブログも始められたし、
おかげで、普段の目線が変わった気もします。
今までスルーしていた事柄が気になるようになったり。

ブログネタを作るようになり、
バイクも早く直るようになったし、
ぼちぼち収穫はあったのでしょう。

来年は直ったサイドバルブで、
沢山走りたいと思います。
「壊れたらまた直せばいいや」の精神でね。遠くまで行こう。

職業不詳と思われがちな自分ですが、
来年はどこを目指して進むのやら。。。。。。
まあ、人生は一度しか無いし、
今の自分が昔思っていた理想どおりの人間でも無いけど、
今の自分を良く観察し、
気になる方に足を延ばしましょう。

このブログも半年経ったし、
多分、来年も続けられると思うので。
来年もよろしくお願いします。

d0178511_17574639.jpg

霞む未来に向かって、ぼちぼちとね。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-31 17:59 | Comments(0)
2010年 12月 27日

ピストン成仏。

取り出したピストンは。
残念ながら虫食いがあった。
d0178511_21254116.jpg

パッドが減っていれば、
シールに当たらないかもしれないケド。。。。。。
交換します。

d0178511_2125724.jpg

キャリパーも綺麗に洗浄して、
後は部品待ち。

組み付けはは年明けになるかな。



それにしてもこの単車。
所々、変な整備の跡がある。

例えばエキマニのクランプが逆についてたり、
クラッチケーブルの取り付け方が間違ってたり、
スロットルワイヤーのキャブへの取り付けナットが緩んでいたり、


以前はどういう人が整備していたのだろう?


こういうところに考えが及ぶのも、
レストアの面白いところだと思う。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-27 21:41 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 25日

まだまだ。

世間様では今日はクリスマスでありますが、
午前中から、仕事。
午後から大掃除。
キリスト様とは無縁の生活であります。

掃除も一段落して、早速ガレージへ。
取り出しましたるはホンダ純正部品。
世間様の浮かれ具合に、ピントもボケました。
d0178511_21223658.jpg


先日、発覚した腐ったブレーキ。
d0178511_21232376.jpg

せっせと磨いてこの通り。
新品のマスターピストンを組み込みました。
d0178511_2123572.jpg

ソンでもってキャリパーピストンの固着を外すべく。
ホースを繋ぎ、フルードを注入。
せっせとエアを抜き、ピストンを押し出す。
d0178511_21321079.jpg

通常はエアを油路に押込んでやれば出てくるんだけどなぁ。
まあデモこれで、ブレーキのOHにも終わりが見えてきたな。きっと。

この年末でエンジンかけたいなぁ。
レストア完了まではまだ2割位かなぁ。。。。

まだまだ。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-25 21:38 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 24日

普通ってなに?

測量の仕事をしていると、図面を役所に収めることが多い。
事前に図面の様式を確認するが、
「様式は無いから、普通の感じで作ってきて。」
と言う人が多い。
とりあえず、図面のサンプルを事前に確認してもらうんだけど、
大体、持って行くと、「普通ココはこうでしょう?」と、
訂正を指示される。
まあ、こっちとしては仕事が前に進めばいいから、
文句は言わないんだけど、、

お前らは隣の役所が同じ手続きを
どうやっているか知っているのか?
「お前の普通は普通じゃないよ?」
と言いたくなることが多々ある。


普通って何だろう?
どれだけのサンプリングをすれば、それは普通になるのか?
もしかして俺の普通も普通じゃないのかな?
普通の事なんて物がこの世にあるんだろうか?
d0178511_21271093.jpg

でもこれは「普通」はトーストって言うと思うのですが。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-24 21:50 | Comments(0)
2010年 12月 23日

休日。

先日約束した、カメラのレンズケースをお願いしに、革細工のお店へ。

d0178511_21172388.jpg

3人の職人さんで商いしている店につくと、
お目当ての職人さんは本日お休みでした。
とりあえず持って来たサンプルを渡し、
お店の人としばし話し込む。

古い物が好きな人の思考は似通っている部分も多く、
なんだか少しほっとしました。
大事なのは、自分はコレが好きだと言うことを自覚する事。
格好つければ、価値観を自分に置くとか、
主体的に物事を考えるとか、
そういうことなんでしょうか。
骨董も、古着も、同じものは二つと無い。
それが良い物なのかそうで無いかは、
自分で判断する。
そこがとても面白いし、気持ちがイイんだと思う。


こっ恥ずかしいので今日はこの辺で。。。。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-23 21:50 | Comments(0)
2010年 12月 20日

不満。

どうしてもこのマスクが、仮面ライダーに見える。
d0178511_20135654.jpg


だんだんムカついてきたので、マスクを剥がす。
d0178511_20142553.jpg

当然のことながら配線だらけ、
ここぞとばかりに詰め込まれている。

「臭いものには蓋をしろ」

この言葉がピッタシだ。
この隠蔽体質は日本人の特徴か?
日本車残念。

今日、仕事帰りにキャブのパッキンとマスターシリンダのカップを注文しに南海部品へ。
部品番号は事前に調査済だったので、
カウンターでのやり取りはスムース。

しばらくして、部品の価格が出てきた。

「!!!!!!!」
「高くねえか?純正部品。」

確かに俺の持ってるパーツリストは昭和52年発行だけどさ。
全部の部品価格が2倍以上に跳ね上がってる。
ブレーキマスターなんてプレミアパーツじゃないだろ。
消耗品だし、しかも命を預かるブレーキの最重要部品の一つじゃないか。

それが4000円もするって?何?
昔乗ってたアドレスのは1000円ちょっとだったのに。。。。。。
キャリパーのシールも交換して、
ブレーキパッドも交換したら。。。。。

軽く、1万円越じゃあないですか?
ブレーキのOHなんて2年に一回位はやりたいのに。

その度、こんなに金かかるの?

安全に係わる部品はお安くしましょうよ?ねぇ?HONDAさん。
本田宗一郎先生が生きていたらきっと
こう言うに違いない。。。。。。

「HONDAを愛するすべてのユーザーの為に。」

現在の本田の経営方針もうっすら見えるよね。

”利益にならない旧車の部品は高く”
”維持費だけが掛かる旧車は早く廃車に追い込み”
”早く環境にも優しい、新車を買わせましょう”
”そして旧車はツインリンクのコレクションホールで鑑賞しましょう。”

そういうことですか?

d0178511_2046579.jpg

それにしてもこんなブレーキマスター使えないしなぁ。
それにしてもコレだけの部品が4000円て。。。。。

まだ他にも交換しなくてはならない部品が出てきそうなのに。。。。。
うーん悩ましい。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-20 20:56 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 19日

レストア道。

さーて本日も疑問に思うこともなく作業の続きを。

キャブレターの洗浄も終わり、
元通りに組み付け、
オーバーフローしないか、
ガソリンを流してみる。

「ぽたたたたたたたた。」

「はぁ。駄目だこりゃ。」

とりあえずパッキン類を全部替えなきゃ駄目そう。
ニードルバルブとシートの当りも悪そう。。。

今日はキャブレターを諦め、次はこれ。
d0178511_19121142.jpg

何コレ?
マスターシリンダを開けたらフルードが粉チーズになってるよ。

ゼリー状になっているのは見たことあるけど、
粉状は初めて見たな。

どうにかこうにか、洗浄も完了し、
シリンダー部を確認しましたが、
大きなキズも無く、なんとか使えそうでス。

マスターシリンダがこんな状況だから、
当然キャリパーのほうも固着していて、
ピストンが取れません。
どうしましょ??


なんだか、どうにもこうにも前途多難であります。
だんだん修行に思えてきた。

意地でも復活させてやろう。
そうしよう。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-19 19:27 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 19日

夜なべ

本日2度目の更新。

キャブ鍋を美味しく頂き、
風呂も上がって、おもむろにサービスマニュアルを
パラパラめくる。
「ふーんセルの配線はこうなってるんだ。」

風呂上りで、体が温まると、思いつくというか、
いろいろ、気づくことが多い。

「ちょっと確認してみようかな。」
ふらふらガレージに出て行き、
テスターを手に、調べだす。

「リレーはOKということは。。。。。。」

「モーターが駄目ということになりますねぇ。。。。。。」

ぶつぶつ言いながら、セルモーターをエンジンから引っこ抜き、
手術台に固定。

d0178511_1175979.jpg

バッテリを直結してみるが、
ウンとも、スンとも言わない。

手で、ピニオンギアを回そうとしてもまったく動かない。

きっとコンミュテータとブラシがくっ付いちゃったのだろう。
ここでも15年放置の洗礼を受ける。

とりあえずバラすために、錆びて硬くなったネジにラスペネを一吹。
これで一晩置けば、ネジも回るだろう。

「。。。。。。。。。。。」

おもむろにプラ歯のプライヤーを手に持ち。

「えい!!」

「ガリガリ」。「ジョリジョリ。」

「えぇい!えいぃ!」

「シャリシャリ」。「クルクル。」

プライヤで無理やり固着を外しちゃいました。

早速、バッテリーを直結して、
「うぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん!」

勢い良く、モーターが回ります。

「よし!修理完了。」

すぐ、エンジンに取り付けて、
再度、スイッチON。

「キュルキュルキュル。」

セルも回って、
プラグにも火が飛ぶのを確認できました。

後はキャブが整えば、エンジンかかりそうだ。
がんばろ。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-19 01:27 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 18日

冬といえば。

昨日の夜からぼちぼち作業。

まずはエンジン始動を目指すために、
キャブレターの洗浄から。

知恵の輪のような隙間に挟まっているキャブレターを何とか取り出しとりあえず分解。
15年の歳月は伊達じゃなく、ガソリンはガムになって、すべての稼動部分は固着してたよ。
外せる部品は外して、パーツクリーナにドブ漬けする。

その間に、バッテリーを繋ぎ、スイッチON。
ニュートラルランプとオイルランプは点灯する。
ウインカーも正常。

よし、セル始動!

「。。。。。。。。。。。」

反応せず。

リレーはカチカチ言っているから、
電気はセルまで言ってると思うんだけど。。。。


「はぁぁぁ。面倒臭い。」

d0178511_21291029.jpg


無かったことにして、目に付いた外装を外しにかかる。
だって見た目がイケてる方がモチベーションが上がるでしょ?

リアフェンダーを外し、ラジエターグリルも外してみる。
でもって、ガレージに転がっている、フェンダーをあてがう。
d0178511_21394151.jpg

これ使っちゃおう。

d0178511_21405274.jpg

グリル外したら、少し見れるようになったかなぁ?
まあココはこれ以上はもう無理。

さてさて、今日はもう疲れたし、
今夜はお鍋にしましょうか?

d0178511_2143233.jpg


やっぱり冬はキャブ鍋よね?
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-18 21:49 | GL400 | Comments(0)
2010年 12月 16日

男の宝石箱やぁ。

18歳の時、人生で初めてのバイクを買った。
ピンク色のボロボロのスーパーカブだった。
それと同時に、小さな、プラスチック製の道具箱と、
わずかな工具を手に入れた。

「バイクはカブに始まりカブに終わる」
なんていう人がいるけど、
本当に、初めての素材としては最高だった。
何の知識の無い自分にもエンジンを下ろし、
車体をばらばらにすることは容易に出来た。

いろいろと作業をこなすにつれて、
道具は増え、道具箱は少し大きな物になった。

それから、5台のバイクを乗り継ぎ、
今のハーレーを手に入れ、
インチの世界への扉も開けてしまった。

その後、自動車の整備もするようになり、
重整備のための大きな工具も少し増え、
今では道具箱はこんなになってしまった。

d0178511_21475142.jpg


下の赤いキャビネットはもう工具で一杯になってしまった。
上のグレーのキャビネットはリサイクルショップで、
値切り倒して6500円で売ってもらった。

まだ半分くらいしか埋まっていないけど、
そのうち一杯になってしまうだろうなぁ。
引き出しが開いているという事は、
物が入るという事。

開いた引き出しが、工具を呼び寄せるのだ。

その昔、まだハーレーなんか夢のまた夢だった頃、
部品が車体を引き寄せるんだという話を聞いて、
75thアニバーサリーのフロントフェンダーを
フリーマーケットで買って来て、
部屋にぶら下げていた。

呼び寄せたのは、ショベルじゃなくて、サイドバルブだったけど。
ホントに効果はあると思うよ。

d0178511_21553629.jpg

ガレージも少しガレージらしくなってきた。
次はブラストキャビネットと油圧プレスが欲しいなぁ。

ブラストは自作している人がいるから、
俺も作ってみようかな。

それにしても普通の一人暮らしの部屋では無いな。
オタク街道まっしぐら。

d0178511_22153745.jpg

行き過ぎ。やりすぎ。そんな声。聞こえません。
[PR]

by hiyokobeans | 2010-12-16 22:19 | Garage | Comments(0)