<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 29日

リンカート ブッシュ入替。

夜。ふっと思い立ってキャブレターを取り外す。
「思い立ったが吉日だ。」

d0178511_21955100.jpg


スロットルシャフトのガタを取るべく、
ブッシュの入替をしよう。
摘出したキャブレターは
手術台に載せて、

d0178511_211205.jpg


ブッシュに5/16のタップを立て、
ボルトでブッシュを抜いていく。

昔、分解したサンバーのピストンピンがジャストサイズ。
捨てないで良かった。役に立ったよ。

d0178511_21152849.jpg


反対側のブッシュも入替。
当然、ブッシュも太ってシャフトが入らないので、
ボール盤に紙やすりを巻いたドリルをセットして、
ブッシュの径を拡大していく。

地道に何度も確認しながら拡張して、
シャフトがスムースに回転するまで、
ボール盤と格闘。

d0178511_21193934.jpg

はい。
夢中になって写真撮り忘れました。

一応。シャフトが綺麗になってます。
そしてピンボケ。
ボール盤でちゃんと芯が出るか心配だったけど、
なんとか大丈夫そう。
シャフトのガタも解消されました。
バタフライの動きもいい感じです。
ふと、時計を見ると夜中の2時を回っております。。。。。。



これでアイドリングが安定するといいなぁ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-29 21:27 | 43WLC | Comments(0)
2011年 08月 27日

tool box

ずっと探していたツールボックス。
コイツを取り付けるにはヘッドライトのブラケットを、
トランスフォームしないといけない。

d0178511_21193514.jpg

これが使用前。
VLフォークに付くブラケットは、
それ以降のブラケットとはちょっと違う。
因みに、レプリカのVLフォークはヘッドライトのマウントが、
純正と違うのですぐ判る。

d0178511_21225824.jpg

取り付け後。
ヘッドライトの位置が高くなって、
それに応じてブラケットもひん曲げて調整。
あれこれ曲げて、仮組して、ライトの位置と角度を確認して、
また外して、調整してまた仮組して、

あれこれ曲げてたら、ブラケットが折れたり、クラックが入ったりして、
それを溶接してもらって、また調整して。。。。

d0178511_21282389.jpg


数年前にディーラーで貰ったサインボード。
運良くこれがVLだったので、
このシルエットを目標にブラケットを調整してみました。

d0178511_2127483.jpg


もう少し、ライトを車体に引き寄せたかったんだけど。。。。
トップティーとの兼ね合いもあってこの辺り妥協する。
良く見ると、ヘッドライトの形がそもそも違うなぁ。
ライトを替えれば、もう少しライトの位置が車体に寄りそうだなぁ。

d0178511_21351999.jpg

ん~。
こうなったらホーンも定位置に。。。。。
妄想は膨らみますが、財布は膨らみません。。。。。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-27 21:43 | 43WLC | Comments(0)
2011年 08月 24日

また間違えた。

今日の宇都宮は夕方から凄い雷が。
宇都宮の雷は結構名物らしく、
その音も迫力も、今で暮らした地域の雷よりずっと豪快。


そんなことはさておき、
コンデンサの容量を間違えたすぐ次の日。

やっとこさ届いた部品をあてがってみたんだよ、

d0178511_1957622.jpg

リンカートのスロットルシャフトをさ

d0178511_1957364.jpg

また間違えた。
これ1インチ用じゃないの。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。俺ってなんてメンドクサイ。

d0178511_19584827.jpg

関係ないけど、
アイドリング中からアクセル開け始めはベンチュリの左の穴からガソリンが吹き出ます。
丁度、綺麗になってるところね。
穴を追跡すると、アイドル側のニードルへと繋がっております。

d0178511_2043777.jpg



自分のサイドバルブはアイドリングが落ちきらない。
エンジンが温まってくると結構アイドリングが高い。
多分、1000回転ぐらいしてるんじゃないのかなぁ。

原因はキャブにあると思ってるんだけど、
怪しいのはスロットルシャフトのガタ。
ここのガタのせいでバタフライがベンチュリを完全に塞いでくれない。
出来た隙間から空気を吸ってアイドリングが上がっちゃう。

たぶんそう。

だから修理したいと思ってたのに。。。。。
残念。仕切り直し。


それにしても1インチ用のスロットルシャフトなんて、
今後、使うことあるのかなぁ。
そもそも何用なんだろか?
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-24 20:19 | 43WLC | Comments(2)
2011年 08月 22日

CDI。

週末、秋葉原で電子部品を物色してきた。
さすが秋葉原。あるわあるわ。なんでも揃う。

帰ってきて部品を確認すると。。。

????

あ。コンデンサの容量が違う。。。。

。。。。。。。

d0178511_22102216.jpg


とりあえず、基盤についてる抵抗とダイオード、コンデンサを全部はずす。
買いそびれた、サーミスタとサイリスタはそのままで、
外した部品を取り替えて見ようと思う。

外したダイオードとコンデンサを簡単に点検してみたけど、
以上は見つからなかった。。。。

もしかしたら、CDI壊しただけかも?
原因はほかにあるの?

とか思ったけど、やっちまったものはしょうがないからせっせと部品を
半田で付けてく。

d0178511_22133786.jpg

なんか大して最初と変わらないけど。。。。
一応、作業終了。

d0178511_2214247.jpg

良く見ると、微妙に。。。。

d0178511_22141027.jpg

部品が新しくなってるでしょう?

取敢えずこれでもう一回エンジン掛けてみよう。

どうなるだろうか?
駄目な気がするな。。。。



多分、原因は他にあるんではと思い始めてます。。。。。
泥沼。泥沼。泥沼。泥沼。

あぁ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-22 22:18 | GL400 | Comments(0)
2011年 08月 19日

レストア車両。

自分のサイドバルブの部品を探したり、
レストアしたりしてると勝手に詳しくなる。

その部品が自分のバイクに付くのか付かないのかでは大違い。
V-twinのカタログをめくれば、同じ部品だけど年式によって何種類もあるものがある。

とりあえず買っては見たものの付かないなんて事は結構日常茶飯事で、
そんな事を繰りかえすうちに、部品にも詳しくなってくる。

それでも分からない事だらけでいつも困ってますけど。。。。。

d0178511_21112198.jpg

こないだの「みかも」に来ていた1台。
確か42WLAって書いてあったと思うけど、ちょっと違和感あり。
一度、大レストアが施されているんじゃない?

このスプリングフォーク30’sぽいフォルムだけど、
30’sのWLのフロントフォークはIビームだと思うし。。。。。
もしかしてステムの打ち替えですか?
あぁ。でもロッカーは45用のが付いてるなぁ。

社外品には見えないけど、よく分からん。


d0178511_21151670.jpg

ライドオフスタンドも30’sの丸いタイプ。
サイレンサーは何のやつだろう。
純正ではなさそうだけど。。。

d0178511_2115502.jpg

M64リンカートは1940WLAの採用みたい。
はじめて見たよ。
ベンチュリーはM88より少し大きいみたいだけど、走ったらどんな感じなんだろう。

d0178511_2117527.jpg

メーターは㎞/h仕様。
なにこれ純正?社外なの?それとも輸出用?
文字盤はかなり古そうな感じだけど。。。。。

キャッツアイはなんか違うなぁ。
レンズの縁が無い。

IGスイッチはWLAのだ。
ボッチを押して回してライトON。


d0178511_21225712.jpg

このバディシートは陸王用かな。
下駄履かしてシートの高さを合わせてるけど、
多分、シートポストのロッドが短いタイプが付いてるね。

陸王とWLは共通して使える部品が多いのかなぁ。
WLAのエンジン載せた陸王も見たことあるし。


こうやって一つ一つ部品を見ていくと、
この車両はもしかしたら戦前の車両を
42WLAのエンジン使ってレストアしたのかな?
とか思えたりもする。


純正度の高い車両も凄いと思うけど、
走るために修理を重ねてきた車両も見ていて面白い。
同じ人が長く乗っている車両ならなおさら面白い。
乗り手の癖が車両に乗り移ってくるし。

残念ながらこの車両はあんまり走って無さそうだったなぁ。
チェーンが綺麗過ぎだったし。



それにしてもこの車両を全体で写した写真が無い。
部品のアップばかりだよ。
そんなところばかり気になってる見たいです。私、病気かも。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-19 22:04 | 43WLC | Comments(0)
2011年 08月 17日

車載工具

車検も通ったし、車載工具を少し整理した。
サイドバルブに乗り始めてまだ9年目位だけど、
小さなトラブルは結構あったけど、
遠出して、大きなトラブルはまだ無い。と思う。

車載工具もなんとなく定まってきた感じ。
取敢えずこれで乗り切ってきた。

d0178511_21142777.jpg


工具をくるむタオルも酷く汚いけど、なんとなく愛着がある。
フィルムケースにはテールランプ球が入ってるけど、
最近はフィルムケースなんてあまり見なくなった。。。

プラグはタッパーに収納。
マグライトはいまだにハロゲンランプのやつ。
一度、LEDのライトを入れていたけど、一月くらいで壊れた。
やっぱりマグライトは強い!

d0178511_2126764.jpg



使った事無いけど、エアゲージも入ってるんだった。
マジックペンは必須アイテムで、
何か調整前に印をつける。
間違っても元に戻せるように。。。。
書類の袋には紙やすりを入れてある。
ポイントの接点を磨いたりする時に出番がある。
代わりが利かないだけに、あると結構活躍する。

こうやって並べてみると、
もう少し絞れる気もするけどお守り代わりに入れておきます。
多分これだけあれば路上で腰上バラすくらいは出来る気がする。
そんな事は無い事を祈りますが。。。。。

d0178511_21261286.jpg

左の2本はスタビレー。
右の2本はKTC。
どちらも梨地のクロムメッキ仕上げ。
スナップオンとかのミラー仕上げよりこっちの方がなんとなく好き。

良く見ると2本の口の形は少し違うの。
スタビレーは薄いけどクチバシが少し厚い。
逆にKTCはスタビレーにくらべて厚みはあるけど、
クチバシが薄く細い。

どちらも一長一短だけど、
KTCのスパナは狭いところでも、
ナットをキャッチしてくれて、あと少し回すことが出来る
気がするのでお気に入り。

一般工具は特殊工具と違って整備対象に合わせて作られる物では無くて、
どんな所のボルトを回すか分からない。

一つでも多くのボルトにアクセス出来る様に、
かつ強度も保てるように、
工具会社の技術者はその形に知恵を絞るんでしょう。

たかがスパナだけど、
計算だけではこのシェイプは作られないんだと思う。
「物の形の奥に人の思考あり。」
こういうことを考えるのは楽しいです。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-17 21:42 | Garage | Comments(0)
2011年 08月 15日

車検2011。

本日は車検の日でありました。

バイクは車検用に左ミラーを装着し、
タンデムステップを取り付け、
後ろのリフレクターを装備。
一応、光軸を調整し、
ヘッドライトのリフレクターとレンズを綺麗に掃除。
ついでに電球をハロゲンに交換。
前日にユーザー車検の予約をして、

今日は少し早起きして車検場に行きました。
バッタ君も応援してくれてます。
d0178511_2355762.jpg


車検場内の窓口で申請書と自賠責の代金を支払い継続検査の申請をして、
レーンに入る。

バイク用のレーンには車高が低くて入れないという事で、
車用のレーンで検査。
車体周りの検査をして、
前後のブレーキを検査。

この辺りは問題なし。
続いての光軸検査でNG。

「5000カンデラくらいしか出てないよ。」
と試験間に指摘された。

試験管もこんな状態で検査に来るなよって感じで呆れ顔。
さすがに無理かと思ったけど、
一応、ジェネレータの発電量を最大にして再検査。

d0178511_236594.jpg

通常はサードブラシがこの位置。

d0178511_236321.jpg

これが発電量最大の位置。
下半分が錆びてるのは何でだろう?
水没経験ありなのか?このジェネ。

でもって結果は。
合格でしたよ~♪
試験場でかなりアクセル煽ったけど。。。。。。


アイドリングで5000カンデラ位、
煽って11000位出てました。
6Vでも大丈夫なもんだね。
この2年で充電系もレギュレータからカットアウトリレーに変更してたから
心配してたんですけど、合格出来て良かった。

d0178511_236120.jpg

お盆の時期だからかユーザー車検の人が多かった。
検査が終わって発電量を戻してたら、

旧車乗りに話しかけられた。
60年代の英国車らしい。

ナイスミドルのそのおじさんは話の感じから、
多分。自動車メーカーの開発関係の人じゃないかと思う。
なんでもコイツで秋田へのツーリングを目論んでるらしい。

d0178511_23185440.jpg

パンサー号。P&M社製。
このバイク初めて知りました。

d0178511_23185626.jpg

OHC単気筒。
エキパイは2本出しだったから、
4バルブなのかな?
スピードメーターはスミス製でした。
このキャブレターはアマルかなぁ。
カワサキW650とおんなじべベルギアでカムを駆動するみたい。
最近、マグネットをOHしたそうな。
そういえばエンジンストップにはデコンプレバーを使っていたなぁ。
クランクケースが格好イイデス。


いいもの見せてもらいました。
車検も通ったし、もう2年遊べるぞ。
また少し、改造しよっと。









 
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-15 23:37 | 43WLC | Comments(0)
2011年 08月 14日

呪いの財布。

こないだ掛かってきた電話。
大学からの友達。

「財布作って欲しいんだけど?」

滅多に電話なんて掛けて来る奴じゃないから嬉しかったねぇ。

形は二つ折り。
お色は茶系で、後は適当に。

そんなわけで、
d0178511_22124535.jpg

せっせと作ってすぐ出来た。


今使ってる革は、ほとんどがハギレなので、
革は大きさも色も部位も厚みもそれぞれ違う。

この材料のチグハグ感が丁度良く、
私の腕のなさをカバーしてくれるのであります。
多分、綺麗で均一な仕上がりの材料で作ると、
荒が目立つはずでしょう。。。。。

部位によって革の性格は結構違って、
背中の辺りは丈夫で、腹の革は柔らかい。
でもって尻の辺りの革はしなやかで、キメも細かくて上質。

数ある革の中から適当な物を集めて材料を切出す。
その時に大きな部品は漉かないでもいいように厚みを選ぶんだけど、
今回は丁度良い厚みの革が無くて、一番大きな部品を手で漉いた。

革の厚みは財布の使用感を大きく左右するので少し気を使います。
あんまり薄すぎても剛性の低い頼りない感じがするし、
厚すぎると使いづらい。
手漉きで広い範囲こなすのは難しかったけど、
まあでもほどほどに仕上がったように思うよ。

小銭入れの部分の革はなんだかシワシワなんだよ。
最初はシュリンク加工がしてあるのかと思ったがそうでもないみたい。
なんか象の革のようにシワシワだ。
ひざ小僧のようにも見える。

コレが良い味になってくれる事を望みますが、どうなるだろ?

d0178511_22195362.jpg

カード入れは緑と黄色。
緑は彼の愛車のタンクの色と同じ。
因みに彼の単車は只今故障中。

財布を開けるたびに。

「早く治してくれ~。」

と、単車の声が聞こえてくるように。緑色。


呪いかけときました。

「早く治してけろ~。」
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-14 22:36 | 工作 | Comments(0)
2011年 08月 12日

オールドタイムランみかもミーティング2011 その2

今回のイベントで一番古かったと思うのがこれ。

d0178511_22544519.jpg

サンビーム号。1925年式。

d0178511_22552420.jpg

ニューハドソン号。同じく1925年式。
サイレンサーが格好良い。


このほかにやっぱり戦前のロイヤルエンフィールドが来てたよ。
しかも自走で。。。。

サイドバルブの単気筒エンジンはいい音してました。

d0178511_22571328.jpg

サイドバルブ。バルブは剥き出しだよ。
ヘッドについてるバルブはデコンプかな?
エンジン止める時に使うのか?

ほとんど自転車ですよねこれ。

d0178511_23194657.jpg

ヘッドライトはカーバイト。
ホーンは現代の三輪車と同じだよ。

d0178511_2320343.jpg

ホーンも大人が本気で作るとこうなる。
真鍮にメッキ。
メッキのヤレかたが半端でないよ。

古い物にはいちいち、メーカのネームプレートと製造番号がついてるよね。
高級品だった訳だね。

d0178511_2322462.jpg

d0178511_23224297.jpg

もう何も言うことはありません。
ただただ、よだれを垂らすのみでございます。

人の手が多く入った物は、やっぱりオーラが違いますのう。
100年近く昔の機械がまだ動いている。

機械としての使命はとっくに果たしているわけだから、
現代にまだ動いているという事は、それだけ愛すべき存在であるという事。
そして愛されるだけの魅力に満ち溢れているという事だね。

これから100年後に今走っているプリウスが走っているとは思えないし。。。。
そういう意味では現代の自動車やバイクの必要性は高まったけど、価値は下がっているのかも知れないなぁ。

d0178511_23282968.jpg

カメラ小僧が写りこんでます。反射してレンズの中が上手く撮れなかった。。。。
カーバイトライト。ヘッドライトは電球ではありません。
大雑把にガス灯ですな。
ライトの上部は煙突みたいになってる。

中のろうそくみたいな所からガスが出てくる仕組みのようだ。
ライトに続くホースをたどっていくと、

d0178511_2331153.jpg

燃料タンク。
ココに燃料のカーバイトを入れてガスを発生させるんだね。
実際はどんな光が出るんだろうか?
カーバイトって今も手に入るの?
一度でいいから光るところも見てみたいなぁ。





いやー。
お腹いっぱい。
実働の戦前車が見れる機会なんて滅多に無いから
本当に貴重な車両が見れて良かった。

楽しいイベントだったなぁ。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-12 23:41 | Comments(0)
2011年 08月 09日

オールドタイムランみかもミーティング2011

週末行ってきた道の駅。
あんまり暑くて写真が部分的なものばっかり。

d0178511_20235541.jpg

会場の端っこにあったカブC100。
d0178511_20243276.jpg

50ccだけどメーターは100キロまであるのは本田の心意気でしょうか?
働く車として開発されたカブだけど、時速100キロで配達する蕎麦屋は居なかったと思うなぁ。

d0178511_20263431.jpg

おにぎりテール。
カブのこのウインカーは大好き。
飛行機の尾翼みたい。

d0178511_211136.jpg

こっちは鷲鼻テール。
このテールも何種類かあったような。。。
もう少し古いのはもっと丸っこかったと思う。

d0178511_20271845.jpg

C92の1型かな?パイプハンドルだし。。
こいつは確かデザインが本田宗一郎だったと思う。
四角いヘッドライトが特徴的。
寺社仏閣デザイン。
d0178511_20284046.jpg

ライトに合わせてメーターもウインカーも四角い。

d0178511_20452218.jpg

こっちは同じC92だけどプレスハンドルの後期モデル。
こっちはヘッドライトのバイザーがついてる。
本田のどの車種でも見かけるこのマスコットは純正品なのかなぁ?
フェンダーにもよく付いてるよ。

d0178511_20303864.jpg

全景、撮り忘れたけどCM90.
OHVカブの90ccの奴。初めてみたけど、
C65に良く似てる。タンクはC100より少し大きめ。
クランクケースはバフ掛けしてあんね。
自走で来てたけど、OHVはいい音してたなぁ。

本田つながりでまだまだあるよ。
d0178511_20332772.jpg

ハンターカブの輸出用?逆輸入?
ハンドルの向きが変えられるのは何のため?
車に積むとき意外は使い道が分からないんだけど。。。。。なんかあるのかなぁ。
d0178511_20371229.jpg

副変速機付でHIとLOがある。
全部で何段変則なんだろ?6速?8速?

d0178511_20403266.jpg

ガソリンの携行缶も標準装備。
外国の広大な大地を走るには必要なんだね。

d0178511_2042292.jpg

鯨タンクのCB450。
650のトライアンフに勝つのに、本田は450ccで可能だと言って開発された渾身の一台。
結局。最高速はトライアンフに及ばなかったらしいけど、200ccの差って大きいよね。
昔、これ欲しかったんだよなぁ。

d0178511_2049694.jpg

そういえば白バイ仕様のW1が来てた。

3億円が強奪出来そうだ。。。
これで国分寺駅~府中刑務所を走ったら怒られるかなぁ。
でも自分が乗ってたら、絶対やるな。
[PR]

by hiyokobeans | 2011-08-09 21:07 | Garage | Comments(0)