「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 26日

サイドバルブでいろは坂  -その4-



パラリラ パラリラ~

d0178511_20372157.jpg
パラリラ パラリラ~

d0178511_20375624.jpg
パラリラ パラリラ~

d0178511_20383335.jpg
ん?日の丸???

d0178511_20394307.jpg
ここで、ゼッケン7番
しんがりのmmおやじさんが陸王RT-2で登頂です。
見た目のくたびれ具合とは裏腹に、各部に整備&改良の行き届いた
絶好調の通称「宇都宮の走る焼却炉。」
磨り減ったポイントカムのカム山も、溶接&切削で復活させちゃう強者です。

d0178511_20454922.jpg
黒髪平から、明智平まではみんなで連なって上りました。
全員無事登頂おめでとう御座いました。

イキナリ観光バスから降りてきた、おじやん衆の餌食になりましたが。。。。。。

d0178511_20511456.jpg

ここで陸王RQのオイル交換。
クランクに溜まったオイルを一度抜いて、
ハンドポンプで規定量を注入。
RQのシリンダ潤滑はクランクに溜まったオイルを、
フライホイールが跳ね上げるだけ、

回転が上がりっぱなしだったり、
下り坂になったりすると、クランクケース内のオイルが
前方に寄っちゃうんだって。

そうすると、オイルのかきあげ量が足りなくなったりするらしく、
そんな時、ハンドポンプでオイルの量を増やしてやるらしい。

後はオイル上がりでオイルも減っちゃうから、
そんなときにも、ハンドポンプでオイルを注入。

なんか難しいもんだな。RQ。
常に、クランク内のオイルがどういう状況にあるか、
想像しながら走らないといけないのかなぁ。。。。大変だ。

d0178511_20581995.jpg

その後は、中禅寺湖畔や戦場ヶ原をプラプラ走り、
ラビットS101の巡航速度の速さに驚く。
250ccの後ろを750と900が追いかける様相。

d0178511_21000601.jpg
そして、いろは坂の下りに突入。
さすがに下りは、写真撮ってる余裕は無かった。。。。。。
いろは坂の下りは上りより傾斜がキツかったけど、
ゆっくり・ぞろぞろと全員無事下山する事が出来ました。

最後に、近くの温泉で昼飯食べて、解散。
d0178511_21065661.jpg
みんな、古いバイクを倉庫の肥やしにしないで、走ってる人達ばかり。
「時々、動かしてます。」位では、いろは坂に上ろうなんて思わない。
高い金額を払えば、いわゆる純正度の高い、博物館級骨董バイクも手に入れる事が出来るだろう。

単車は育つ。

愛着を持って自分で手を入れて、考えて、また手を入れる。
そんでもって走って、具合が悪くなって、また考えて、手を入れる。
そうやって単車は育つ。

そうやって走っている車両には、独特のオーラが出始める。
纏うのはオーラという名の執念か?
別に、レアパーツがついている必要も無い。

どうやって旧車と付き合うかは人それぞれだけど、
やっぱ自分は自分で整備した車両でフラフラと走り続けたいと思うんだなぁ。。。。



今回の「サイドバルブ ヒルクライムアタックinいろは坂」はそういった意味でも、
とても有意義なイベントでした。超楽しかったです。
発案者のmmおやじさんにも、音頭をとっていただいた、鮭夫さんにも、
集まった、うしさん・熊三さん・K野郎さん・Oさんにも、深くお礼申し上げます。


どうもありがとうございました。


当然、第2回も期待していますので、その際にはまたお手伝いできたらと思います。
場所が遠くても、時期が初夏ならば、テント積んで前日出発というのも楽しいかなと思いますね!



おしまい。







[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-26 21:38 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(20)
2013年 11月 25日

サイドバルブでいろは坂  -その3-

山の神様に参加者の安全をお祈りして、
いよいよスタートです。

後光も差して、山の神に祈りも通じた模様。
d0178511_21051644.jpg
1番選手は富士重工ラビットS101
S101はサイドバルブの250cc。しかもトルコン。
果たして、いろはの坂道が登れるのだろうか??
ご自分でレストアしたというエンジンには初の試練ではないでしょうか?
一方通行のいろは坂は、途中で引き返せません。胸中穏やかではないはず。
いやはや結果は如何に。
d0178511_22283223.jpg
2番手は陸王RQ750
この日のために、フロントフォークに緊急手術を施しての参加です。
機関的にはもっとも旧式のオイル垂れ流し式サイドバルブ。
ハンドポンプの出番は何度来るのでしょうか?
白煙をモクモク吐きながら、坂を登っていきました。
d0178511_22284674.jpg

続いて3番手は一見RQに見える陸王RT-2。
何故か当時最新式のRT-2に旧型RQのミッションを移植してある変り種。
RQよりパワーアップしたRTドライサンプエンジンに3速ミッションの組み合わせは、
いかなる走りを見せるのか?
もしかしてトップ(3速)でも、グイグイ登ってしまうのでしょうか?
d0178511_22310598.jpg
さてさて4番手は朝も一緒に走ったKHK900.
この頃になると、リアサスも装備されてかなりハイテック。
サイドバルブの歴史の中ではほぼ最終形態ではないでしょうか。
陸王に比べれば、馬力は1.5倍くらいあるでしょう。
いろはの坂も余裕で登っちゃうかな?

d0178511_22290900.jpg

続いて5番手もモデルK52年式。
WLの最終が51年なので、Kモデルのファーストイヤー。
WLの野暮ったいフェンダーも一気にスポーティーに変わりました。、
それでもまだ、ヨーロッパ車にくれべれば田舎臭いデザイン。
まあ。そこが可愛いところではありますが。

これまた、気持ちのいい排気音を吐きながら、
山を駆け上って行きました。


d0178511_22292492.jpg
お見送りはココまでで、続いて自分のWLC。
43WLCはエンジンだけで、部品構成は年代ごちゃ混ぜの
なんとなく見た目は50年くらいのWL。
部品を外して出来たボバーではなく、
部品を取り付けてやっとココまでの貧乏ボバー。
ただ、気持ちよく走るために整備する日々を送ってますから、
乗り主は日頃の整備の成果をかみ締めながら、
単車は乗り主の愛情を燃料に走ります。

d0178511_22340632.jpg
いろは坂は2車線の一方通行なので、
対向車が来ないのよ。
後ろや前に車がいないと、2車線を十分に使って走ることができて、
これが結構楽しいのよ。
最初は緩やかなカーブの連続からはじまって、

徐々に九十九折のカーブに突入していきます。
カーブをひとつ超えるにつれて高度を上げて、
どんどん山を登ります。

d0178511_22371431.jpg
目指すは休憩ポイントの黒髪平。
意外とすぐに着いちゃった。
下りより上りの方が傾斜が緩いのと、
車線が広かったお陰かな。

d0178511_22445094.jpg
ココまでは全員無事登頂。
ラビットは、坂道なかなか上がらず、恐怖と戦って登ったみたい。
トルコンフルードが噴出してました。

d0178511_22483809.jpg

さてさて残るは後一台ですが、
まだこないなぁ。。。。。


続く




[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-25 23:30 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(6)
2013年 11月 25日

サイドバルブでいろは坂  -その2-

小学生の頃の遠足を思い出します。
私。ヤカン係なので、ヤカンを縛って出発。

d0178511_19363997.jpg

待ち合わせ場所の宇都宮ICに何台か集まって、
集合場所の料金所まで一緒に走る。

d0178511_19391838.jpg
い~天気だわ。
宇都宮の辺りまで紅葉が下りてきてるね。
景色も良くて、気分も上々。

d0178511_19404552.jpg

今回、お初のKHK。
イベントで何度か、車両は見たことあったんですけど、
いい~車両だよなぁ。
後ろ走ってると、リアフェンダーがぶるぶる震えてんのね。


d0178511_19474723.jpg
のんびり走って北上。

d0178511_19495321.jpg
目指すはあの山の麓。
それにしてもチクショウ。天気がいいよなぁ。

d0178511_20280432.jpg
集合場所で、コーヒー沸かして、みんなで飲んだら、
ゼッケン配られて、いよいよ開催。
俺、ゼッケン6番

d0178511_20040937.jpg
「第1回 いろは坂 ヒルクライムアタック」

参加車両は全部で7台。
サイドバルブばっかりだ。


続く。


[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-25 20:31 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(0)
2013年 11月 22日

サイドバルブでいろは坂

去年の8月だったと思うんだけど、
「みかもサマーフェスタ」の帰りにサイドバルブ同士で少し走ろうよという事にになって。
大先輩方と一緒に太平山に登ったんだ。

d0178511_20401615.jpg
その時に、「いろは坂をサイドバルブで登るイベントをやったら面白いね」
なんて話がちらっと出たんだよ。
「整備不良の単車がどんどん脱落していく、スパルタンな催しになるね。」
「脱落した人は置いてきぼりでさ。普段からちゃんと整備してる人が判るね。」
「いや~オッカナイ企画ですね~。自分のWLCで登れるかなぁ?」
なんて話を大平山の茶屋でかき氷を食べながらしたんだよ。。。。。

d0178511_20484973.jpg

それがいつのまにか、今度の日曜日に開催されることになったんだ。
俺は何もして無いんだけど。ただ待ってただけ。


参加資格はサイドバルブである事。

9:00に麓の旧料金所脇トイレ駐車場に集合。

10:00から徐々に出発、

ゴールは明智平の展望台。

少し下った中禅寺湖辺りで昼飯食って各自解散。

http://kabagee.bbs.fc2.com/


d0178511_20560926.jpg

当日は何台集まるのか判らないけど楽しみだなぁ。
参加者は100%変質者でしょうからね。

わざわざ、いろは坂を登らないでも旧車は楽しいんだし、
それでもこの”悪魔の坂”にやってくる「ドM」の人たちなんだから、
恐らく普通の会話は出来ないでしょう。


あ~もぅ!テンション上がってきたっ

d0178511_21100247.jpg
す!










[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-22 21:27 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(3)
2013年 11月 20日

ブレイクタイム -レブル250- Fフォーク

レ~ブル♪ ブルブルブルブルブルブルブル♪

週末ひとっ走り拾ってきたレブル。
またコイツです。

フロントフォークからオイルが漏るんだってさ。

d0178511_21002072.jpg
5年くらい前だったかな。
一度オイルシールを変えたんだけど、また漏ってきたみたいなんだなぁ。

原因はシールの劣化だけとは思えないんけどなぁ。。。。
とりあえず今回は全部分解してみた。

d0178511_21030866.jpg
テレスコピックフォークってこんな構造なんだね。
直径1センチくらいの穴をオイルが行き来する時の抵抗が、
ダンパーになってるんだ。

スプリングは不等ピッチ。
間隔が狭い方が下になるように組み付けてある。
重たい部分の移動量を小さくする配慮ですね。

d0178511_21045518.jpg
曲がりも計測してみたけど、問題なし。

スライドメタルは交換するとして、他の部品には特に異常は見られない。
インナーチューブに少し点錆があるものの、しゅう動部分は綺麗なので、
大丈夫だと思うんだけど、この位の点錆でもダメなのかなぁ。。。
一応、紙やすりで研いでおこう。


いつの間にやら道具も増えた。
中古でいろんな道具が変えるようになったしね。
本当にヤフオク様様です。

d0178511_21075223.jpg
ボトムケース下側の六角ボルを外すのに必要でこれを作った。
100V半自動とも少しづつ仲良くなってきた気がする。

大量のスパッタが無ければ、もっと良いのになぁ。。。。。。


作業はここで休憩。部品待ちです。



[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-20 21:23 | Comments(2)
2013年 11月 17日

シャコ。

毎度おなじみ、大前神社の骨董市。
11月は第3週の土曜日開催。

久しぶりに行ったら、いつも単車置いてる場所に、
神社のテントがあるじゃないの。。。。。

d0178511_19023206.jpg
仕方が無いから、単車は駐車場に置いてきた。
なんか今日は店が少ないんじゃないのかな?

d0178511_19032586.jpg
やっぱり少ない。。。。
焼きそば食べながら、おじやんに聞いたら、
11月開催は毎年お店が少ないらしい。

ふーん。そうなんだ。

d0178511_19045847.jpg
本日の戦利品。
シャコ万とバイス。

力の掛かる工具は、
ちゃんとしたメーカーのがやっぱりいいよね

d0178511_19083593.jpg
帰ってから点検したら、
少し、アゴが曲がっていたので、

d0178511_19091472.jpg
プレスで押して矯正成功。
ついでにアゴの開きもあったので修正。

いい感じ。



[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-17 19:14 | Comments(0)
2013年 11月 13日

考古学者。

ガラスのレンズ。

いいよねぇ~♪

プラスチックには出せない色気があります。

d0178511_21271148.jpg
先日の部品交換会で純正のテールライトを入手しました。
レンズは割れてるんだけど、やっぱガラスレンズはいいなぁ。

ここ、7年位ずっとボバーだったのだけれども、
これから先ずっと乗る事も考えて、純正の形に戻していこうかと思う事が多々あるのよ。

d0178511_21303110.jpg
そこで、試しにこれを装着してみようかと。。。。
以前、「WLに付いてました」という事で手に入れたフェンダー。

フロントはこれ、陸王のじゃないかな?
ブレースはWLのだけど、シェル自体は陸王じゃないかと思うのだけど。。。。
ROのやつか?

後ろのフェンダーもなんか変。
51-52年?のつるんとしたフェンダーの様だけど、サイドが別の板で出来てる3ピース構造。
しかもなぜかナローブレース。。。。。
バッテリーケースのステーが付いてるから、WLに付いてたのは間違いないと思うんだけど。。。
社外品か?それにしては年季が随分なんだけど。。。。。
よく判らん。


まあ。気長にやっていこう。
まずはリアフェンダーからかな







[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-13 21:44 | 43WLC | Comments(7)
2013年 11月 09日

テコ。

家の近くに少し大きな公園があります。
なので、孫を連れた爺さんや、お父さんや、おばちゃんが前を通ります。

ガレージの前に単車を出して作業していると、
みんな不思議がって中を遠くから覗いていきますが、
絶対に僕とは目を合わせようとしません。。。。。。。

私。怖い人じゃありませんよ~。

d0178511_19535039.jpg
そんでもって件のボール盤。
どうやって持ち上げようかと考えて、
こんな方法でやってみた。

名づけて「板と脚立と私 大作戦」

板に、バンドでボール盤を縛って、
片方ずつ板を持ち上げていく。

思ったより上手く出来た。

d0178511_19561910.jpg
後ろに壁も作っていい具合だ。

ガレージに物が増えてきたので、
整理整頓しないとなぁ。。。。。


良い作業は、良い環境から。










[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-09 20:02 | Garage | Comments(7)
2013年 11月 06日

焼け具合。

東京から帰ってきた後、
久しぶりにプラグの焼け具合を確認してみた。

写真の
右側がフロントのプラグ。
左側がリアのプラグ。
d0178511_20591867.jpg


自分的にはほぼバッチリな焼け具合と思うのだけど。
人によっては違うのかも。
「ハーレーはもっと濃い目だよ。」とか
「リアのプラグがもうちょっと焼けるようにもう少し薄くだよ。」とか
意見はいろいろあるかもしれない。

まぁそれでも自分的にはこの位で良いんじゃないかと思ってる。

それにしても前後の焼けが微妙に違うのはなぜなんだろうなぁ?
後ろのシリンダの方が沢山ガソリンを吸ってる?
圧縮比が前後で違う?
それとも、片方だけ2次エアを吸ってる?

そんな事を考えながら、少しブラブラしてきた。

d0178511_2153778.jpg


道の駅「みかも」「もてぎ」
小一時間で着くこの道の駅。
気分転換には丁度いい距離なので、良く行く。
道中は渋滞も殆ど無く、程よいスラロームがあったりしてお気に入りのコース。

この日は連休の最終日だったけど、バイクが沢山いたよ。

d0178511_218753.jpg


よくいるオッちゃん連中が楽しそうに単車談義に花を咲かせている。
楽しそうにしている年配ライダーを見ると嬉しい。

そういえば。ここに来る単車乗りの人に若い人は少ない気がするなぁ。。。。。
20年後のバイク人口ってどのくらいになってるんだろう?
自分はあと30年は乗るつもりだけど、その頃には絶滅危惧種になっちゃうのだろうか?
[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-06 21:19 | 43WLC | Comments(4)
2013年 11月 04日

作業台。

半年位前にウチにやって来た芦名のボール盤。
いまだに定位置が定まらない。
だってデカくて、重いから載せる台が無いの。。。。。。

d0178511_20184085.jpg


早く、第一線で働いてもらいたいので、
ホームセンターで材料を買ってきて台を作る事にしました。

適当な設計図を頭に浮かべ、なんとなく材料を購入する。
こういうのは行き当たりばったりの適当なんです私。
材料もそれなりな値段するよね。
もっとお安く、木材を買う方法は無いかしらねぇ。。。。

d0178511_2021534.jpg


よっこらせで完成。
コンプレッサーは壁を作って遮音しよう。
後はこの高さ70cmの台にボール盤を乗っけられるのかどうか?

気合かな?それとも分解か。。。。。
どうしよう。
[PR]

by hiyokobeans | 2013-11-04 20:39 | Garage | Comments(2)