「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

レストアベース。

年明けから週末は中古機械屋さんで旋盤を探してました。
予算は、お店の人がビックリするくらいの低予算。。。。。。

大概は「それは難しいなぁ。。。。。」と言う感じです。

そのあと「う~ん。。。じゃぁこれなら、安くしとくよ」と言われ、
案内されるのが、整備前の現状の個体で30~50万円位。

そんでもって、いろいろ話を聞いてとりあえずまだ探してみますといった具合で。。。。。

d0178511_20455211.jpg
まあ。土日に営業している機械屋さんもあまり無いし、
なんて言ったって予算が予算ですから、希望の旋盤はなかなか見つからない。。。
結果。栃木県内では見つからず、東京。茨城なんかの機械屋さんを巡り、遂には千葉まで範囲を広げて探してましたの。

そんでもって遂に予算内で見つけたのがコイツ。

d0178511_20481899.jpg
もちろん引き上げてきてそのまま放置のこの固体は、一応動くもののやや難あり物件。
ギアは全部入るものの、なんかすぐにブレーカーが落ちる。。。。
ハーフナットが上手く噛まないし、
起動レバーの動きもなんか変。
刃物台のラチェット機構も働かないし、
ネジきりの替えギアも少し足らないみたいなんだ。

単車で言えばレストアベースというのが妥当な感じの個体なんだけど。。。。

コイツを復活させる事にしました。
メーカーもなくなってるし、部品もあるか判らないけど、
古い機械だからなんとかなるでしょう???


宇都宮にやってくるのは3月下旬になりますが、
しばらくコイツの修理と整備で楽しみます。

機械が動かなくても困らないのは素人の強みでしょう?
おぉぉぉぉ~楽しみ♪








[PR]

by hiyokobeans | 2014-02-27 21:41 |   東京高橋 | Comments(4)
2014年 02月 20日

ちくちく

シャリ。シャリ。シャリ。
革細工するときはまず。包丁を研ぎます。
なかなか億劫なんだけど、やっぱ切れ味鋭い刃物はいい仕事します。

左利き用の革包丁はサイズがあまり無いので、
左利きの人はどうしてんだろ?
自分はグラインダで幅を詰めちゃいましたけど。

d0178511_21175364.jpg
年末に依頼のあった長財布を作り始めました。
チマチマと製作を進めて。。。。。。

d0178511_21230850.jpg
革切り出して、念を入れて、コバを磨いて、縫い合わせる。。。。。。

チクチク。チクチク。チクチク。チクチク。

去年。作製した長財布を気に入ってくれたのか、
今度は旦那さんにあげるんだそう。
「外側が黒色で、中は好きに作って良いよ」って感じで注文。

そういうのは嬉しいよネェ。

d0178511_21243734.jpg
いい感じで進んできたけど、まだもうひと頑張り。

それにしても、年明けてから、あんまりサイドバルブ乗ってないなぁ。。。。。
作業中のフェンダーもほったらかしだなぁ。。。



[PR]

by hiyokobeans | 2014-02-20 21:47 | Comments(1)
2014年 02月 11日

ピリオンパッド。 その2

中に入れるスポンジには、柔らかいスポンジを巻いて収納。
そしたら、見た目はムッチリで、触りり心地はソフトになったね。

d0178511_18100625.jpg
そしたら、気合で底面をボンドで接着。
伸びるところをあらかじめ引っ張って伸ばしておいて、
フェンダーのRに沿うように丸い形になるように固定。

d0178511_18121479.jpg
菱目を打つのが少し難しかったけどどうにか完遂。
菱目打ちで開けた穴を菱キリで整えて、糸を出す。

手縫いだと、縫う分の糸を最初に全部出すから、長くて大変。
糸が足りないとどうしようもないし、ビビッて長く出しすぎると、
作業が大変なんだよね。。。。

革の厚みと縫い合わせる距離から、糸の量を予想して。
今回出した糸の量は7m位だったかなぁ。

大体いつも、余計に糸を出してる気がする。

d0178511_18164650.jpg
エイヤっとやって縫い合わせ完了。
これで、150目位あるんだけど、どの位糸を手繰ってんだろね?
500m位は手繰ってるか?考えるのやめよう。。。


コイツはリブフェンダーに装着予定だそうで、
リブを避けるために、真ん中に四角い穴を開けてみた。

裏は見えないから、革にシボを入れて、コバも磨いて、ちょっと遊んでみたんだ。
裏地で遊ぶのは日本人のたしなみでしょ?

d0178511_18195751.jpg
ひっくりかえしてこんな感じ。
おぉ。形になってホッとしたね。
手縫いの縫目はなんか綺麗だよね。

コイツ、単品で見ると、大きさが判らないんだけど、
普通のより一回り小さい。

d0178511_18230262.jpg
持ってた、普通のピリオンパッドと比べてみたらこんな感じ。
大きい方の幅が約100ミリ。小さい方が約85ミリ。

d0178511_18250153.jpg
後ろ姿がこんな感じ。
こう見ると随分小さい。

高さは約80ミリ。
大きい方は約95ミリ
d0178511_18255489.jpg
上から見るとこんな。
このサイズの市販品は無いのかなぁ。。。
良く判らないけど。ありそうで無いのか?
普通のフェンダーには小さすぎるから、なかなか無いか。

長さはクッション部分で約185ミリ
大きいのは約225ミリ。

d0178511_18294017.jpg
研ぎたての包丁は、気持ちがいいんだ。
なんか、切ってんだか・切ってないんだか分からないくらいヌメーっと包丁が入ってくの。

仕上げに、キンキンに研いだ包丁で余計な耳を切り落として、ハトメを打って出来上がり。




こんな立体は初挑戦だったけど、なんとか形になりました。
ひとつ出きる事が増えて嬉しい。

こういうのが続けば、死ぬまでボケずに済むのかなぁ。


おしまい。







[PR]

by hiyokobeans | 2014-02-11 18:54 | 工作 | Comments(0)
2014年 02月 08日

ピリオンパッド。

なんか今日はスゲー雪が降ってます。
午前中に雪かきしたのに、あっという間にまた積もっちゃった。
雪は嫌だなぁ。。。。。
単車も乗れなきゃ、仕事も大変。。。


先日、ピリオンパッドの製作を頼まれマシタ。
市販品では、サイズの合うものが無いんだってさ。

だから、かなり小ぶりのピリオンパッド。
形はオーソドックスな形のやつ。

どうやって作るかと考えて、
前後の部品は型シボリで作る事にした。

こうすると、革の会わせ部分に余計なシワが出来ないので、
見た目もグッとスムースに見えるはず。

d0178511_19023195.jpg
型は何度か作り直しと調整を繰り返して、形になった。
使う革の厚みを考慮して型を作るので、結構大変なのね。
革の厚みは1.5ミリほどだけど、馬鹿にならない。
無視できないちゃんと存在する厚みなんですよね。

で一番大変なのは、部品のサイズ合わせ。
張るスポンジに対して、どの大きさの部品を作るか?
そんで持って型をどの大きさで作るか?

使う革の性質なのか、この革はちょっと伸び辛かった。
お陰で、バイスの数もこんな事になっちゃった。

d0178511_19073620.jpg
バイスでキッチリ締め上げたので、ちゃんと形になってくれた。
次は、もうちょっと型の造りを変えてみようと思った。もう少し、楽に絞れる様になると思う。
この辺の勘は、経験値がモノを言うかなぁ。

こういった部品は、結構精密に作らないとシルエットが決まらないんだよネェ。。。。
ブカブカになっちゃうと、いかにも格好悪いので、とても気を使う。
後から調整しようとしても、変なところにシワが寄ったりして上手く行かないので、
慎重にサイズを検討します。

テストピースで何度か実験した後、型紙を作ってイザ本番。


d0178511_19180164.jpg
前側の部品を縫い合わせる。
コバの仕上げをやりたくなるのをグッと堪えて、
今回はソロシートの仕上げに倣って切りっ放し。

そうだ、縫う前の菱目を打つために、下にあてがう敷板も角材で拵えた。
製品を作るには、それなりの道具が必要になるね。


d0178511_19205156.jpg
後ろの部品も縫い合わせる。実際に被せるスポンジの大きさピッタリになるような
採寸がとても大切。

実際は、上部に革が重なった分の隙間だ出来てるので、
薄いスポンジを一枚入れたほうが良いかなぁ。。。。

まあでも。いい具合でしょう?

d0178511_19261333.jpg
次は、底板を張り合わせるんだね。
底部分はフェンダーのRに合わせて湾曲してるので、
上手にやらないとなぁ。。。。



つづく。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-02-08 19:45 | 工作 | Comments(5)
2014年 02月 03日

暖機運転。

え~と。型シボリって言ったかな。
濡らした革を木型に嵌めて乾かすと、その形に変形するの。

革細工と木工は意外と近しい関係。

d0178511_21215650.jpg
型はMDF板で作ったので、湿気でふやけないようにビニールで保護してます。
型に嵌めた後にビニールを切って革を乾かす。自然乾燥。

d0178511_21232104.jpg
一晩置いて、型から抜くとこんな感じ。
型は、使う革の厚みも考えて凹型の大きさを調整するので、
ひとつだけ作る製品にはとても贅沢。。。。。

金属加工で言うところの治具みたいなもんかな。

d0178511_21265966.jpg
それをチクチク縫い合わせて形にしていきます。
作っているのは名刺入れ。
去年に友達に頼まれたのを、今頃作ってます。

今まで何個も作ったけど、この名刺入れは自分のお気に入りだ。
名刺も沢山入るし、取り出し易い。
少ししか名刺を入れなければ潰れてそれなりの厚みになる。

d0178511_21302711.jpg
自画自賛で言いたい放題してるうちに完成。
スナップボタンが付いてる名刺入れもあまりないけど、
これが付いてると、落としたときに名刺が飛び出す心配もない。

d0178511_21321969.jpg
でもね。今回ので丁度良い厚みの革が無くなっちゃったので、
新しい革が手に入るまで、この名刺入れ作れないなぁ。。。。。

そんなわけで、鶴印の名刺入れは鎌倉行きです。
すこし待っててね~。送ります。



そんでもって、次はピリオンパッドを作ります。。。
上手く出来るか?いや、やらなきゃならん。






[PR]

by hiyokobeans | 2014-02-03 21:42 | 工作 | Comments(0)