<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

憂歌団のCD買いました。

あたしゃビルのおそうじオバチャン♪
モップ使って仕事する♪ 


分解したい気もするけど、取り合えずこのまま棒とウエスとパーツクリーナーを
駆使してお掃除しま~す。

d0178511_20291471.jpg
ボチボチ綺麗になって中を観察。
案外、簡素な造りになってるんだねぇ。

d0178511_20303757.jpg
ギアの入りが良くなるようにだと思うんだけど、歯に面取りが施されている。
よーく見るとこの面取りはもしかして手仕事か???

なにはともあれ、ギアは綺麗でグッドコンディションです。
d0178511_20451154.jpg
ギアを眺めながら、ふと思う。
この機械の部品は、全部「MADE IN JAPAN」かもしれないなぁ。

50年位昔の機械だとすれば可能性は十分あるんじゃないか?

d0178511_20494889.jpg
そんでもって、問題のハーフナットに目を移す。
ネジは上顎にだけ切ってある。
下あごには申し訳程度に、ネジ溝がついている。
どちらかといえば、削れて凹んだ感じだ。

素材は砲金製かなぁ。。。

d0178511_20544793.jpg
横から覗いて不思議に思ってたんだけど、
このハーフナット。下顎が固定されてる。

上顎だけが親ネジに噛合う仕組み。
ネジ切りで力が掛かった時に、親ネジが上顎から下に逃げようとするのを、
下顎で受け止めるような構造だね。

という事は、下顎は親ねじじ触れる寸前の位置に微調整できるような構造に
なっていても良い様な気がするんだけどなぁ。
どうもそうでも無いみたいだ。そこまで神経質じゃないのかな?
d0178511_20580925.jpg
エプロン側のカムにあるピンも1本。
昔は2本ピンで下顎も動くタイプだったのかもネェ。。。

不具合があって改良されたのか、それとも簡素な造りでコストダウンしたか?
なんだろうなぁ。
d0178511_20595669.jpg
ハーフナット側の溝も片側のみ。
下顎は完全にボルトで固定されてますなぁ。。。。





分解したものの、何故レバーが戻ってしまうのかというのは判らず。。。。
しばし呆然。。。。。





むぅぅ。

今日も働いて2000円!
明日も働いて2000円!




[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-31 21:20 |   東京高橋 | Comments(2)
2014年 03月 30日

事情聴取

すっかり、旋盤の記事しか書いていないんですが。。。。。
このまま行きます。

割と珍しい旋盤だと思う東京高橋ですけど。。。。。
このまま行きます。

d0178511_20551461.jpg

ねじ切りレバーの不具合を究明すべく患部にアクセスするよ。
まずは、ズズズイっと。4本の竿を本体右側引っこ抜きます。

d0178511_20580524.jpg
右の竿を支持している土台の部品と
起動軸と自動送り竿の左側のピンを2本抜いたら、引っこ抜けた。
親ねじはただ刺さっているだけだった。

d0178511_20594582.jpg
そんでもってエプロンを離脱。
重いから下からジャッキで支えながら取り外しました。

エプロンが無くなって、高橋君も心なしか寂しそうだ。

d0178511_21002155.jpg
刃物台の裏側にもおが屑が付着してる。。。。。
金属切子は今だひとつも出てこないし、
木工で使用していたのは間違い無いかな。


d0178511_21010548.jpg
エプロンも、油で練り込まれたオガ屑でコーティングされてますなぁ。。。。
歯車の歯の間にもコッテリ詰まってる。掃除が大変そう。。。。


問題のねじ切りの最重要部品であろうハーフナットもこの時点で、よく見えるようになった。


「ん~?なんか思っていたのと違うきがするなぁ。。。。。。」
なんか嫌な予感。









[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-30 21:17 |   東京高橋 | Comments(0)
2014年 03月 26日

高橋君。

おが屑も掃除出来たので、観察、観察。
メーカーは東京高橋。
大きさは4.5尺クラスとなるらしい。

会社はもう無くなってるみたいだ。
現在、4尺サイズの汎用旋盤を作っているのは、ワシノと瀧澤の2社位かなぁ。。。
この2機種はまだ部品もあるみたいで、メンテナンスの事を考えても有利。
中古屋でもそれなりの値段で流通しているみたい。

高橋は会社も無いし、部品の入手は困難だろうなぁ。。。。。
「無い物は作るもしくは直す」という事になるね。きっと。
旧車のレストアと同じだ。
d0178511_20252132.jpg
型式?はTLD600。600は心間の長さ。
数字が大きいほど、長い物が加工出来ると思えばいいかなぁ。

主軸は8段変速ある。
このクラスの旋盤だと多い方だと思うけど、最高速は1500回転で他のとあまり変わらズ。
d0178511_20291016.jpg
変速機は下の方にあった。なんか自動車のミッションみたいな四角い箱。
もしかしたら汎用品なのかなぁ?

「ん?穂高工業所?ってもしかしてあのホダカ??名古屋だし。」
d0178511_20315963.jpg
旋盤前面にある竿は4本。

手前(一番下)の丸い駒が付いてるのが、自動送りのストッパー。

その上の六角形のシャフトが起動軸。左の赤いレバーの正転、逆転の操作をスイッチに伝える棒。4.5尺旋盤でココに起動レバーが付いてるのは珍しいみたい。

その上の竿が自動送りの竿で自動で刃物を動かす時に回るんだ。

さらにその上のデカイネジ棒が「親ねじ」。
これは、ネジ山を切る時に主軸とタイミングを合わせて回って、刃物を上手い具合に送るための竿。

ちなみに前側のハンドルが沢山付いてる四角い部分をエプロンて言うんだ。

d0178511_20334866.jpg

中央足下にはブレーキペダルがあって踏むと主軸の回転が止まる。
旧式のヤツは、ただのブレーキらしいんだけど、
コイツはなんかスイッチが付いてるから踏むと同時に、モーターの電源もOFFになるみたい。

ブレーキ自体は、ドラムブレーキかな。
張り替え出せば、きっと再生は可能だね。
いまのところ効くみたいだから、取り合えずは大丈夫かな。

d0178511_20442523.jpg
そんでもって主軸のお尻部分。
この旋盤、貫通穴が52ミリもあるんだ。
これなら、フロントフォークも余裕で飲み込むサイズだ。

d0178511_20464889.jpg


そんでもって、そのエプロン。
刃物台を左右に動かすハンドルや、自動送りや螺子切りのON-OFFスイッチなんかが付いてる。

d0178511_20403941.jpg

下見の時に気付いていたんだけど、螺子切りのレバーに不具合があるんだ。
レバーを下げて、手を離すと。。。。。。

d0178511_20490407.jpg
ビヨヨよーん。
戻っちゃうんだよネェ。。。。残念。

d0178511_20492495.jpg
下から横から覗いて見たんだけど、何が原因なのか良く判らない。
エプロン外して、調査しないと駄目かなぁ。。。。



旋盤なんて触った事すら無いのに、イキナリ修理から始まる旋盤生活。
まあ。何事も楽しんで行きましょう。


旋盤なんて機械、存在は知っていたけど、実際に動かしているのを見たのは僅か数年前。
まさか、自分で手に入れることになるとは思いもよらず。。。。



無謀と言われても仕方ないかな。笑
笑うしか無いなぁ。はは。。。。。






[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-26 21:12 |   東京高橋 | Comments(2)
2014年 03月 22日

重。

空から高橋君がやって来た。 
いらっしゃーい。
d0178511_22265780.jpg
 どうやったら、あの板に載せられるんだろうと思っていたんだけど、
機械屋さんの手際の良さに感激。

 木っ端と重量物用のコロを使って、なんか簡単そうに乗っかってしまった。。。 
傍観者は気が楽だ。 

 なにはともあれ設置完了です。
d0178511_22425818.jpg
 ガレージに佇む旋盤を見て、急に不安になる。 
「こんなもん買ってしまって。俺。大丈夫だろうか。。。。。」

 そういえば、搬入時に近所の人が不安そうな目でこっちを観察してたよなぁ。。。 

「あんたより俺の方が不安だよ。。。。」
 
d0178511_22453026.jpg
考えていても仕方ないし、手を動かす事にする。
 まずは、機械室を覗いてみるかな。

d0178511_22513583.jpg

 「?????これはおが屑ですよね?」
 ここでカブトムシでも育ててたのか? 
もしかして、今までは木を削ってたのかなぁ?

d0178511_23170283.jpg

 結局。こんだけのおが屑が出てきた。 
幼虫は一匹も出てこなかった。


動き出すのはまだまだ掛かるなぁ。
最近、バイクの話書いてない。。。。



[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-22 23:29 |   東京高橋 | Comments(2)
2014年 03月 17日

準備。

そろそろね。旋盤がやってくる。
ガレージの一部に、置くスペースを作ってます。
昨年末から少しずつ進めて、ガレージの模様替えを進めてきたんだ。

買ったのは、4.5尺サイズだから小型旋盤と言われるヤツなんだけれども、
横幅は1.6m位あるし、歯車室の扉や芯押し台のハンドルを考えれば
2mちょっとの幅が必要になりそう。。。。

d0178511_22091608.jpg
まずは、レストアから始まるので後ろにもスペースが必要になるだろうと思い、
敷板を壁から離して置いてみた。

置いた敷板を眺めて、様子を見てみるけど、、、、、えらい場所取るなぁ。。。

d0178511_22105591.jpg
敷物は、最初枕木を考えたけど、後々、転がす事を考えてやっぱり板にした。
こっちの方が下に鉄管を入れたときに動かし易いでしょう。

正式?には金属のブロックを置くのが良いのだと、機械屋さんで教わったけど、
取り合えずはこれでやってみる事にするよ。

d0178511_22130835.jpg
出番が来るのはまだまだ先になるだろうケド、備品も少し集めてきた。

まず何が必要なのかさえ、さっぱり判らないんだよねぇ。。。。。。
バイトひとつとっても種類がありすぎて、何がなんだか。


花粉の季節は、外に出ないで旋盤と戯れよう。そうしよう。
もう。引き返せないところまで来ちゃったわけだし。。。。

前進あるのみ。








[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-17 22:33 |   東京高橋 | Comments(0)
2014年 03月 16日

ぶらーり。

今日は久しぶりにぶらーり走る。
随分暖かくなって来て、春の近づきを感じるなぁ。。。
天気も良くて、単車日和だ。
d0178511_20275297.jpg
春が来るのは嬉しいけど、花粉が飛ぶのは嫌だなぁ。
今日から、マスク着用。

d0178511_20290178.jpg
そんで持って辿り着いたのは、下館のハーレーのディーラーさん。
なんだか大量のハーレーが集まっております。
雑誌の撮影会もやってるみたい。

なんか今日はお祭りみたいよ

d0178511_20321385.jpg
その中で場違いだと感じているのか、恐縮な面持ちの陸王発見。
去年、一緒にいろは坂をのぼった うしさん のRQ。

ここでお昼を頂いて、会場を後にする。
まだ時間もあるし天気も良いので、もうちょい走ることにした。

d0178511_20354532.jpg
気持ちいい~♪

d0178511_20403113.jpg
笠間の辺りから北上して、道の駅「もてぎ」。
今日は単車が沢山だ。

d0178511_20412497.jpg
駐車場に、スーパーカー発見。
詳しくないけど。ランボルギーニ?ミウラ?

顔が何かに似てる。

d0178511_20422104.jpg
幕張の浜で時々死んでるアカエイに似てるような。。。。


d0178511_20441733.jpg
このライトは本当に前を照らすのだろうか???
もしかしてライト付けるとニョキっと立って前を向くとか?

まあいいや。そろそろ帰ろ。

d0178511_20483174.jpg



本日の走行距離 95マイル(152キロ)

[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-16 20:56 | 43WLC | Comments(2)
2014年 03月 14日

背骨パッド  その2

ええと。へり返しって言ったかな。
端っこを包丁で斜めに漉いて、折り返すと、厚みが抑えられる。

d0178511_21520079.jpg
良く研いだ包丁で漉くんだけど、
手で漉くのは大変。

革漉き機があると簡単なんだろうか。。。。。。
d0178511_21534446.jpg
これで厚みすっきり。
コバ面は当然、吟面になる。
d0178511_21554524.jpg
一度、サイドの部品を両面テープでスポンジに固定して、
胴体部分を接着すると作業し易かった。

d0178511_21571626.jpg
ソイツをえっちら縫い合わせて。。。。
菱キリも良く研いでおくと楽。

d0178511_21585305.jpg
反対側も同じように縫い合わせると、なんか先が見えてきた気がする。

d0178511_22202057.jpg
底面の革をギューっと引っ張ってボンドで接着。
d0178511_22214598.jpg
野球ボールのように縫い合せていく。。。。。。。
なんか作業中、 手術でお腹を縫い合せているような気分になった。

d0178511_22230678.jpg
最後にボルト穴に合わせて革を切り抜いて完成。

d0178511_22233420.jpg
完成!

立体に革を張るのは結構面白いね。
頭使うし、大変だけど、
出来上がった時の達成感は倍返しだね。。。



始めなければ始まらない。
やろうとしなけりゃ一生出来ない。
いつの間にか出来るようになんかならない。
出来るからやるんじゃなくて、やってみるから出来るようになるんだと思う。

革細工も単車も、自分にそんな考えを植えつけさせてくれます。
ありがたや。ありがたや。

おしまい。

[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-14 22:41 | Comments(2)
2014年 03月 08日

背骨パッド。

完成した絞り型セット。
左右に使うパーツは同じ形の線対称なので、型は2種類必要なんだけど、
こうやると、型をひっくり返せば、ひとつの型で2種類抜けるねー。

d0178511_23154878.jpg
濡らした革を凹方に挟んで。
d0178511_23164252.jpg
革は少したるませて挟んだ方がいいみたいだった。
d0178511_23171108.jpg
駒を押し込んで。

d0178511_23182103.jpg
さらに駒を押すための駒を乗せて準備完了。

d0178511_23185413.jpg
プレスで挟んでがっちり固定。
しばらく放置。

d0178511_23192140.jpg
ほい。出来た。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-08 23:24 | 工作 | Comments(4)
2014年 03月 02日

次なるお題。

作っていた財布がひと段落したので、次なるお題登場。
年が明けてから革細工が途切れないなぁ。。。。

これは。。。。。。ピリオンパッド?
では無く、言うならば背骨パッドだ。

d0178511_17390166.jpg
これを荷台の箱に取り付けて、信号待ちで一休み。
ダラダラと平地を走るときも、この背もたれで楽チンだ。

d0178511_17394712.jpg
台座はアルミの削り出しで高級感丸出し。
さてさて、コイツをどうやって革で巻いていこう?

まぁ考え込むのは置いといて。とりあえずやってみよう。
前回のピリオンパッドの経験が生きてくると思うんだ。

d0178511_17432804.jpg
サイド部分の部品はまた絞るので、凸型と凹型を作る。
預かったスポンジをトレースして凸型を整形。

凹型はそれをトレースして、革の厚み分を足して一回り大きく切り抜く。

d0178511_17461906.jpg
ドリルで穴開けて糸鋸で切り抜く。
前にWLのミッションガスケット作ったときはヘタクソだったけど、
段々慣れるもんだね。糸鋸盤。

d0178511_17475023.jpg
そしたらボール盤に回転ヤスリを加えて微調整。
型が上手に出来ると後の作業が楽になると思うので、慎重に作業。

d0178511_17540254.jpg
そんなわけで、約1.5~2.0ミリくらいの隙間を作る。
ビタッと来ると気持ちいいね。
この後、凸型の型を丸めて型は概ね完成。


つづく。





[PR]

by hiyokobeans | 2014-03-02 18:03 | 工作 | Comments(2)