我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

スタートライン。

組みあがったミッションを、せっせと搭載。
見た目は何も変わらないけど、生まれ変わってます。

d0178511_19152593.jpg
ミッション修理中に、モーターのベアリング交換、ブレーキOHや配線、ランプの球交換。
刃物台のハンドルのガタ取りなんかもやりました。

「パン。パン。」

お祈りをして、通電。

d0178511_19170911.jpg
なんか、高橋君もヤル気がみなぎって見える。

それじゃあ、スイッチオン!!

d0178511_19174299.jpg
「ぐーる、ぐーる」60回転。

ギアチェンジして、各回転を確認。問題無さそう。

なんか上手く行ったぽい。

取り合えず胸をなでおろす。。。。。。。ヨカッタヨ。

d0178511_19195236.jpg
そしたら、今度は切り子受けを作る。

0.8ミリ厚の亜鉛メッキ鋼板をハサミで切って、

d0178511_19205682.jpg
ゴム板の上でタガネで打つ!

「打つべし!打つべし!」

少しずつ板が上がってくる。

d0178511_19220943.jpg
当て木なんかを駆使して、更に鋼板を曲げていく。

なんか、手作り感満載だ。

d0178511_19232043.jpg
4辺を立ち上げて、ハンダを流して、いよいよ箱型に。

旋盤にあてがってみると、ジャストサイズ!

ピッタリだ。。。。。汗

d0178511_19244654.jpg
そしたら、強度を出すために、縁を折り込んでいく、

ツカミバシ、超便利。

板金道具は全部、骨董市とフリーマーケットで集めた。


d0178511_19263497.jpg
そんでもって完成!

0.8ミリの鋼板じゃ、強度不足かと思っていたけど、結構大丈夫そう。

なんか、玉子焼きを焼く鍋みたい。

じゃあ、早速旋盤に搭載だ。

「おっと、その前にサイドカバーをつけて。」

「???????」

「カバー留めるネジの頭が当たって、箱、入らないじゃんか?????」

「むぅ。。」





「え~い。トランスフォーーーーーーム!!」

d0178511_19291457.jpg

無理やり曲げて突っ込みました。

「おーし。大丈夫。大丈夫。問題なし!!」

自分に言い聞かす。

d0178511_19301617.jpg
いろいろあったけど、どうにか動かせる所まで来た。

まだ、ネジ切り機構の調整も必要だし、ほかにもやる事ありそうだけど、

どうにか、スタートラインに立てた気がする。

ここからが本番なんですけどね。




まずは何したら良いんだろう。。。。。。

そもそも、刃物は必要なものが揃っているのか??

なんも、判らん。

さてさて。どうしたもんだか。。。。。。。。







[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-30 19:43 |   東京高橋 | Comments(3)
2014年 04月 27日

差し伸べられる手のお陰でどうにか前に進めます。

NEWロッド。作っていただいちゃいました。
しかも、製作過程を見学させてもらえるオマケ付き。

本職が作っていると簡単に見えるんだけど、
実際やってみるとどうなる事やら。。。。

とにかく、これから操作を覚える身としては、
人が動いているのを見る事は、非常に勉強になります。

Mさん、突然の連絡だったのに、対応してくださり、どうもありがとう御座いました。

d0178511_19595994.jpg
持ち帰ったロッドを仮組みして、
変速が上手く出来るか確認。

問題な無さそうなので、夜な夜な組み立て。

d0178511_20053578.jpg
もう二度と折れませんように。

d0178511_20080080.jpg
ギアを組み込んで、動作を確認。

d0178511_20092261.jpg
そして蓋。さようならホダカミッション。

「もう開ける事になりませんように。」

まあ。ギアが割れるとか、重大事故にならない限り、もう怖く無いけどね。

d0178511_20111152.jpg
シャフト部のオイルシールをダブルリップのやつに交換して、
ミッション完成。


そろそろ復活が見えてきたかなぁ。
ミッションを乗せたら、切子受けを作らなきゃな。

まだもう少し。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-27 20:22 | Comments(0)
2014年 04月 24日

疑似体験

ミッションの変速がどうやって行われてるのか、
ちょっと試して見たくなった。

d0178511_20184152.jpg
1~4速の変速ギアはこのシャフトに組み込まれている。
変速用のロッドは矢印のように中に突っ込まれている。

d0178511_20194920.jpg
ちなみにこの先端にあるCクリップを嵌める溝のところで、ロッドが千切れた。
そのお陰で、中に組み込まれてるバネや駒がバラバラになっちゃたわけ。

それが原因で変速できなくなったの。
大事なのはロッドと一緒に駒が動く事なんだな。

今回の故障はロッドが千切れて、
ロッドしか動かなくなった事が原因だ。
d0178511_20231429.jpg
各ギアの内側には4箇所溝が掘ってある。

d0178511_20253316.jpg
シャフトの穴にはベアリングが仕込まれ、
その上に被せるように、ギアが組み込まれてる。

d0178511_20263129.jpg
千切れたロッドの変わりに、こんなものを用意して、
変速の時にロッドにどんな力が掛かるのかを実験してみる。

耳掻きのように、横から突っ込んで、右へ左へ動かす。

d0178511_20302379.jpg
ふーん。
こんな感じなるのか。

変速時は、ギアの位置があっていれば殆どロッドに負荷は掛からないんだなぁ。
ギアが入ったのかどうかも、回してみなきゃ判らないくらいだ。
中の駒がベアリングを持ち上げただけの感触だからこんなもんか。。。。。
逆に、ギアの位置が悪ければ、どんなに頑張っても一生ギアは入らないな。

ロッドの先端が折れた原因は、ギアの位置が悪いのに無理やりレバー操作をしたからじゃないかな。


誰だか知らんが、余計な事しやがって。


d0178511_20272936.jpg
ピョコ。

d0178511_20275435.jpg
ピョコ。

d0178511_20281816.jpg
ピョコ。

d0178511_20283572.jpg
ピョコ。

スプリングに挟まれた駒がベアリングを外側に押し出す。
押し出されたベアリングがギアに引っ掛かって、シャフトとギアが同調する。
ギアの中ではこんな感じになってるのかぁ。

それにしても、変速は随分小さな部品に委ねられているんだなぁ。
知らなくても、操作は出来るけど、
知っていれば、操作は自然と優しくなるね。


単車もそうだけど、一度開けると、親近感が湧くというか、安心感が増すというか、
安心して乗れるのは自分だけだろうか??


それにしてもまぁ、寄道だらけだ 笑



[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-24 20:54 |   東京高橋 | Comments(0)
2014年 04月 22日

パイオニアラン 2014 その2

それじゃあ。いってきま~す。

d0178511_20592620.jpg
平日は暖かかったのに、今日はすごく寒い。。。。。
だけども、みんな元気よく走る。

やっぱり単車は乗らないと、
その旨みを全部味わえないよね。

見てるだけじゃ腹は満たされないよ。

d0178511_21011591.jpg
杉並木に入ると気分は参勤交代か?
歴史ある例幣使街道を走ると、なんかタイムスリップした気分になる。

主催者がわざわざこの道を選ぶのも、
きっとそんな意図があるんだろうなぁ。

d0178511_21033536.jpg
真っ直ぐに空へと伸びる杉の姿は、
奥にいる、神様(家康様)の威厳を現すのに十分な効力だねぇ。。。

前方に、2ストでも無いのに白煙を吐く単車がいるからか、
なんか、目が滲みる。

d0178511_21074304.jpg
30分ほど走って折り返し地点到着。
一緒に走ったサイドバルブは全部で5台。

RT-2が3台
WLが1台
Kが1台。

来月開催するであろう「サイドバルブで〇〇坂」で、
きっとまた一緒に走れるでしょう。

d0178511_21140391.jpg
それじゃあ帰りま~す。


d0178511_21141476.jpg
ドロ泥ドロドロ~。
d0178511_21143981.jpg
ドロドロドロ~。
d0178511_21150237.jpg
ドロドロ~。
d0178511_21152270.jpg
ドロ~。
d0178511_21164729.jpg
これだけ古いのが列をなして走っているのは
なかなか見れない光景だと思うんだけど。。。。

それに気付く人って、意外と少ないよね。
道端を歩いてる人も平然としてる。
d0178511_21231512.jpg
帰りも杉並木を堪能。

d0178511_21212180.jpg
CB750が最新型に見える行列。
最前列の軽自動車は未来カーですね。

d0178511_21241079.jpg
信号ないのが栃木の道の良いところ。
片道20キロの道のりで、信号は僅か3つだけ。

旧車に優しい栃木道。

d0178511_21255450.jpg
そんなわけで、小一時間のツーリング終了。
ただいま~。




一緒に走って下さったみなさま。
楽しい時間になりました。
どうもありがとうございました。




[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-22 21:36 | Comments(8)
2014年 04月 21日

パイオニアラン 2014

天気が怪しかったけど、どうにか雨は落ちてこない。
栃木春の祭典 パイオニアランが開催されたよ。

d0178511_20470484.jpg
一体、いままで何処にいたのか旧車達。
ワラワラと、変態臭を漂わせて宇都宮に集まってきた。

d0178511_20482172.jpg
それは土地柄なのか、
堅苦しい雰囲気は何処にも無く、
ほのぼのとした雰囲気が漂う会場内。

ちょっと目をやれば。。。。

d0178511_20501502.jpg
珍しい車両があちこちに並ぶ。

d0178511_20503873.jpg
こんな単車で誰もいない山道を一人走ったら、、、、、
楽しいだろうなぁ。。

d0178511_20512462.jpg
こういった車両たちは、
普段は動いているんだろうか?

旧車に乗ってる人もいろんな人がいるよなぁ。。。


d0178511_21095293.jpg

とにかく乗るのが好きな人。

いぢり倒すのが好きな人。

集めるのが好きな人。

珍しいのが好きな人。

d0178511_20540042.jpg
そうそう。
写真とコメントは特に関係ないよ。

d0178511_20544000.jpg
このパイオニアラン。今年で30回目だそうで、
30年前から続くというのは本当に凄い。

d0178511_20574065.jpg
「ポン・ポン・ポン・ポン・ポン」

発動機のような音がすると思えば、
満面の笑顔で飼い主が、大正生まれの車両と共に通り過ぎたり。。。。。


d0178511_21000363.jpg
同じ年式なのに、艶があったり。

d0178511_21003064.jpg
艶が無かったり。

単車との付き合い方も人それぞれだ。

d0178511_21015876.jpg
のんびりしてたら、イベントもいよいよ始まり、
車両の紹介なんかがあって、

全員参加というわけではないけれど、
日光までの約40キロのツーリングが始まります。

見せるだけのイベントじゃなくて、
走って楽しむというのがとても嬉しい。

d0178511_21045211.jpg
そろそろ出発かな。





[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-21 21:12 | Comments(0)
2014年 04月 17日

嗅覚。

「神は乗り越えられる試練しか与えない」なんて事を言ったりするけど、
あれは、自分のモチベーションを維持するための自分への言い訳だな。
欠けたミッションの部品を見て、到底試練とは思えない俺。。。。。


嫌な事忘れて、大前神社に遊びに行くよ。

d0178511_20202599.jpg
なんか今日は単車が沢山。
天気も良いし単車日和だしね。
まだ、花粉は飛んでるっポイけど。
d0178511_20213848.jpg
いつものおばやんの焼きそばを食べて一服。
私、この漬物が好き。

気分転換もしたし、そろそろミッションの続きしようか。。。。。。

d0178511_20265429.jpg
ガレージもどってモゾモゾしてたら、突然おやじさん登場。
県東を徘徊中に油の気配を感じたらしい 笑

おやじさんが手伝ってくれたお陰で、あっという間に。。。。。。。


d0178511_20362750.jpg
ミッション御開帳。
歯車いっぱい、夢いっぱい。

さてさて観察、観察。

d0178511_20511923.jpg
手前のシャフトは真ん中のベアリングで右と左に分かれてる。
写真手前の左側から、モータの回転が入力され、
奥の歯車を伝達して、手前右側の方に力が出力される。


奥の歯車で1・2・3・4速の切り替え、
手前右の歯車でHI・LOの切り替えをしてるみたいだ。

d0178511_20412879.jpg
更に観察。
どうやって、1・2・3・4速の切り替えをしてるんだろうか?
その機構が故障してるわけなんだけど。。。。。。。

d0178511_20423876.jpg
どうやら、このシャフトが駄目らしいことを推測。
いよいよ患部を摘出するよ。

d0178511_20433908.jpg
どの部品が、どういう役割を果たすのか?
そのためにどんな形をしている必要があるのか?

そんな事、考えながらどんどん分解。

そういや、外そうとして欠けた部品。外す必要無かったんじゃないのか?
むぅ。無念だ。

d0178511_20451562.jpg
そして患部摘出。
シャフトの先がポッキリ折れてましたとさ。

これじゃあ変速出来ないわけだと一人納得。



さてさて、どうやって直したらいいのでしょうか。。。。。

悩め!中年。



それにしても神様。
ちょっと俺の事買いかぶりすぎじゃない?
試練がスパルタ過ぎる気がするんですが。。。。。。

頑張れ。俺。


週末はパイオニアランだね。

[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-17 21:00 | Comments(2)
2014年 04月 14日

ナマコの祟り。

趣味はオートバイなんですけど?
機械修理が趣味というわけでは無いんですけど。。。。。。



主軸の変速が出来なきゃどうしようもないもんね。
面倒だけど、ミッション降ろすか。

d0178511_19451724.jpg
どど~んと摘出。
モーターもでかくて重い。

そして汚い。おがクズまみれだ。

d0178511_19463032.jpg
取り合えず掃除して、ボヤーっと眺める。

「なんかこのミッション、ナマコみたいだなぁ。。。。。」

モーターはなんかシャラシャラ言ってるから、中におが屑が詰まっているか、
ベアリングが痛んでいるんだろうなぁ。
まずは、モーターを分解してみようかな。

d0178511_19501687.jpg
沢山出てくるおが屑。
クズが細かくて軽いから、そこいらじゅうに入り込んでいる。
ほんとメンドクサイ。

結局、シャラシャラ音は消えないので、ベアリングを交換しました。
3相モーターってすごく単純な構造してんのね。

d0178511_19481353.jpg
さて。続いてコイツ。
一体どういう構造してんだろう?
取り合えず外せそうな部品から外してみるかな。。。。。


「よいしょ。」


「よいしょ。」

「うん。外れないなぁ。」

「えい!」

「おりゃ!」



「メキッ!」








「あ。。。。。。。。。。。。」


「割れた。」







今日は寝よ。




[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-14 19:59 |   東京高橋 | Comments(0)
2014年 04月 09日

姉さん事件です。

先日。突然パソコンのモデムが逝きました。
パソコン繋がらないと、何処に連絡すれば交換できるのか、調べる事も出来ないじゃないか。。。。。


まあいいや。
そんな事より旋盤修理だ。

d0178511_20340741.jpg
ネジ切りレバーの内側。
なんか、出っ張りがある。レバーを一緒に動く。

出っ張りは上が平らになってる。

写真じゃなにがなんだかよく判らないねぇ。
d0178511_20350697.jpg
なんか、使われていないネジ穴がある。
何のためのネジ穴か??

d0178511_20354593.jpg
ココに、意味不明のボルトが生えてる。

これは多分、バネを引っ掛けてる為の物じゃないかなぁ。
この旋盤についてるバネは、殆どこのボルトで引っ掛けてあるし。

ブレーキレバーのバネも、自動送りレバーのバネもそうだ。

d0178511_20373148.jpg
横から刺さっている長いイモネジも現在は用途不明。
これらはきっとヒントじゃないかなぁ。。。。。。


そんでもってあちこち覗いて、悩んで、覗いて、考えてを繰返し。
ひとつのアイデアを考案。

d0178511_20402576.jpg
工具箱を漁って出てきたのはギアプーラー。
コイツが使えそうだ。

ご丁寧に、「S45C」と素材まで鋳込んである。申し分なし。

d0178511_20421572.jpg
そんで。こんなものを作製。
頭が三角。これ大事。

d0178511_20432021.jpg
作った部品をこんな感じで装着。
なんだか、いける気がする。

d0178511_20442742.jpg
上から覗くとこんな感じ。
写真は非常に判りづらいです。どうもスイマセン。

d0178511_20450700.jpg
そんでもって、レバーを下げて「ガチャン」
三角頭が、先ほどの出っ張りの平らな部分に引っ掛かってレバーを固定。

d0178511_20460479.jpg
良いんじゃないでしょうか?

あとは微調整でどうにかなりそうな感じ。



d0178511_20573046.jpg


そんな事よりね、電源が繋がったので、
ちょっと動かしてみたら、、、、、、、おかしい。

主軸レバーでの変速が出来ない。
というか、レバーを動かしても、主軸回転数が変わらない。

ハイローのレバーは効くが、手前の4段変則レバーが効かない。。。。。
「1500回転か?それとも250回転か?」見たいな感じだ。

試運転の時になんで気付かなかったんだろう。
ショボイ自分にしばらく落ち込む。。。。

「この状況は非常に嫌な予感がするなぁ。」
「シフトフォークが付いてないとか?」


エプロン戻して、今度はミッションを摘出か?
始動までまだまだ掛かりそうだよ。

まぁ。いいか。
素人は何事も楽しむ精神を忘れちゃイカン。

「笑う門には福来る」

よし。この精神で行こう。

[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-09 21:04 |   東京高橋 | Comments(2)
2014年 04月 02日

爪ジャッキ。

ネジ切りレバーは取り合えず置いといて、
少し軽くなった旋盤を定位置に移動させよう。

電源コードも新しいのに交換したので、
もう裏側から、機械室にアクセスしなくても大丈夫。

d0178511_19430713.jpg
只今、壁から30センチ。
これからコイツを壁に寄せていきます。

d0178511_19440737.jpg
活躍したのはコイツ。爪ジャッキ君。
これスゲー便利。大活躍。

簡単に持ち上がるもんだネェ。。。。。
敷板も爪が入るように下の板はくり抜いといたんだ。

d0178511_19533588.jpg
最初は、水道管をコロにしようかと思ったけど、
持ってたL字アングルを下に敷いてみた。
アングルを縦に敷いた方がうっかり踏み外す確率も少ないかなぁ。

踏み外したら、旋盤ゴロン。。。。。死んじゃうもんね。


アングル意外と敷板にめり込まないもんだね。
尖ってるから摩擦も少なくてこれはこれで良いんじゃないの?

板がたわむのは厳禁なので、アングルは旋盤の足の下に潜らす。
こうすりゃ、板に余計な応力が掛からずに済む。
旋盤の剛性は高いからね。
d0178511_19554384.jpg
あとは、スコップ突っ込んでエイコラ エイコラ。
テコの原理で左右交替で壁に追いやる。

重さは1000kg位らしいんだけど、案外簡単に動くもんだね。

d0178511_19573724.jpg
刃物台ギリギリまで壁に寄せた。

動かしたから、レベルが少し狂っちゃったなぁ。。。
取り合えず手持ちの水平器(アルミのやつ)で調整しとこうかな。

d0178511_19593027.jpg
ばっちり収まった。



が。どうにかネジ切り出来るようにしないとなぁ。。。。。。。。
せっかくの機械なのに勿体ない。勿体ない。

[PR]

by hiyokobeans | 2014-04-02 20:23 | Comments(2)