<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 28日

粕尾峠

細尾峠を下りたら、そのまま国道を南下して、
草木ダムで一休み。


d0178511_20375008.jpg
足尾を越えると、川沿いの道が気持ちいい。

d0178511_20392455.jpg
トラス橋って最近あんまり作ってないのかなl??
あんまり見ない気がするのは気のせいか。。。。

三角形は安定した強い図形です。
d0178511_20414443.jpg
ダムで一休みしたら、今度は来た道戻って北上。
足尾駅の辺り、バイパス沿いに、鹿沼方面の看板が見えたらそれが粕尾峠の入り口です。

d0178511_20472707.jpg
なんか立派なT字路を曲がると、立派な道路が。。。。。。


d0178511_20491738.jpg
現れる。

d0178511_20510150.jpg
と思っていると、徐々に道は細くなり。。。。。

d0178511_20512765.jpg
雰囲気が出てくる。
当然が如く、路肩には落ち葉が。。。。。

d0178511_20520756.jpg
スットコ。スットコ。
坂を上がっていくと、分かれ道が出てくる。

真っ直ぐ進めば、粟野方面。
左に曲がると、前日光牧場の方を回って、古ケ峰神社方面へ。

今回は、左に曲がって帰ることに。

d0178511_20552068.jpg
こっちの道は、峠と言うより少し高原道路の雰囲気。
生えてる木々も背が低く、ちょっと雰囲気が変わる。

d0178511_20570607.jpg
なんか、この辺りから写真が激減。。。。

おかしいなぁ、もっと撮ったつもりだったんだけど。

d0178511_20581328.jpg
気になった人は、実際に行ってみよう。

粟野の「道の駅かすお」(「清流の郷かすお」かも?)から峠に入って古ケ峰神社の方に抜けると楽しいよ。


本日の粕尾峠


本日の走行距離 102マイル(163.2キロ)





[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-28 21:12 | 本日の山道 | Comments(7)
2014年 05月 26日

奥の細ぉ道   -細尾峠-

梅雨前のこの時期。
単車乗るには最高の季節。

走らねばならない。。。。。
走らねばならない。。。。。
走らねばモッタイナイ。。。。。

そんなわけで、まずは給油。

d0178511_19593745.jpg
リザーブ直前96マイルほどで、9.6リッター。
大体、リッター16キロほど走るみたい。

トリップメーター1周でガソリン空っぽと覚えている。

d0178511_20013371.jpg
そして目指すは日光。
いろは坂のスグ手前までやって来た。

d0178511_20020989.jpg

細尾大谷橋の信号。

いろは坂ツーリングの集団を横目に、
自分はココを左に曲がる。(南下)

あ。信号青じゃん。
d0178511_20041261.jpg
大谷川を渡って、
スグの信号を右に曲がると。。。。。。

d0178511_20063110.jpg
集落になる。
この先に目指す「細尾峠」がある。

以前このブログで教えてもらって以来、ずっと行ってみたかったんだ。

今は、国道122号のバイパス(日足トンネル)が出来たので役目を終えた、
忘れられた元国道。。。。。

d0178511_20085657.jpg
バイパスの下をくぐったら。。。。。。

d0178511_20092626.jpg
まもなく、山道スタート。
まずはウォーミングアップ。


d0178511_20095546.jpg
ちょっと走ると、またバイパス。今度は上を通る。
左の坂から登ってきたけど、ココからも旧道に合流できるんだね。


なんかどっちが日光で、どっちが足尾かわからなくなる。。。。。
こっちは足尾側か....な?


d0178511_20121571.jpg
バイパスの上を越えたら、山本番。

グイグイと九十九折を登っていく。
路面はあまりよろしく無いけど、
車は殆ど通らない。

ポンコツでちんたら登るには最高のコンディションではなかろうか。

d0178511_20140384.jpg
傾斜は急だし、落石も各所にコロコロしてるし、
道路の端には落ち葉が山盛り。
時々、崩落した痕が見られる・・・・・が、

楽しい道。


小排気量や、非力なバイクで走ると楽しい道だと思うよ。

d0178511_20150709.jpg
壁面は石積み護岸。
玉石を使っている所からも、古い土木建造物っぽいね。

大変な工事だったんだろうなぁ。。。。。

d0178511_20215375.jpg
山頂?一番高い辺りで突如、車が沢山。
ハイキング?の人たちかなぁ。。。。人影は皆無。

ココを過ぎたら、残りはほぼ下り坂。。。。
冷や汗かきながら、スタコラ下る。

やっぱり下りも似たような九十九折。

d0178511_20240009.jpg
時々みせる、絶景に心を躍らせるも、
終始、緊張しながら下り坂。

写真をとる余裕は無かった。。。。。

d0178511_20260201.jpg
そんでもって、足尾側の合流地点に到着。
結局、対向車は一台も来なかった。


あ~。楽しかった。
このまま草木ダムまで走って休憩したら、
粕尾峠通って、宇都宮に帰る事にしよう。



今日の山道
















[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-26 20:45 | | Comments(7)
2014年 05月 18日

羽。

こないだね、走ってたら急にアイドリングが下がらなくなって、
見たらスロットルレバーが引っこ抜けそうになってたんだ。。。。。

先週、直したつもりだったんだけど、
今日エンジンかけたらアイドリングが下がらない。。。。。。

そんなもんで、もう一度バタフライとレバーの据付を直しま~す。

d0178511_18412855.jpg
・以前までは、普通にアイドリングしてた。
・バタフライとレバーを弄ったらアイドリングが下がらなくなった。
・燃調は触っていない。

という事は、やっぱりバタフライがちゃんと閉じなくなっていたんだろうなぁ。
と予想して作業する。

d0178511_18452841.jpg
スロットルシャフトは、目一杯上に持ち上げて、バタフライの位置を探る。
このシャフトに上下のガタがあると、そのままバタフライがキャブの内壁を削る原因になるんじゃないかなぁ。。
上側のレバーのところにバネが入っていることからもそれが想像できるしね。

後ろからライトを当てて確認。少し隙間が減ったかな。。
このくらいなら、アイドリングも十分に下がるし、実用域にはあると思うんだ。

バタフライ留めてる社外のネジの頭がデカイのが気になるんだけど、
頭を小さくしたら、吸入効率が多少良くなるのかな?

d0178511_18531868.jpg
自分は、バタフライがピッタリ閉じた時に、レバーのストッパーに当たるように調整してる。
あ。アイドルスクリューが効いてない状態でね。

エンジンが熱持ってきて、アイドリングが上がってきちゃった時なんかに
アイドルスクリューを緩める時があるでしょ?

そんなときに、万が一ネジを緩めすぎちゃったら、
アクセルを戻す度に、バタフライがキャブ内壁を削っちゃう力が掛かることになっちゃう。

それを予防するために、どんなに頑張っても、バタフライは内壁を削れないような配慮なんだけど。。。。。。

まぁ。アイドルスクリュー緩めていったら、必ずエンジンが止まるくらい隙間の少ないキャブなら
大丈夫なのかもしれないけれどね。。。。。。
d0178511_18514810.jpg
スロットル全開にすると、こんなに回っちゃうのよ。
全開を通り超えて、マイナス側に回っちゃう。。。。
まあでも。これはアクセルワイヤの調整でどうにかするんだろうな。。。。
ワイヤの調整を全開側ですればいいわけだ。


幸か不幸か、自分のはアクセルを全開まで捻っても、バタフライが8割程度までしか開かないので、
この辺は問題にはならないんだ。

いや。それが問題か?

d0178511_19083793.jpg
そんでもって試運転。
単車のるには一番いい季節。

あ~気持ちいいなぁ。

d0178511_19071809.jpg
烏山の大きな橋を渡って、

少し走ったら茂木の方面へ右に曲がると。。。。。。


d0178511_19085805.jpg
程よいクネクネ道がやってくるのであります。

この道は緑がとても気持ちいんだ。

時折見せる那珂川や里山の景観がまたイイ。

サイドバルブのトルクを感じる丁度いい勾配もまた良し。



あ。キャブの調子を見てるんだった。
調子良さそうだよ。



本日の走行距離 72マイル(115.2キロ)





[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-18 19:32 |   リンカート | Comments(2)
2014年 05月 13日

完全復活。

初切削の時に、ちょっとハンドルの遊びが気になったので、刃物台を分解してみた。

「なんか凄い事になってるなぁ。。。。。」

「ドロドロ」

d0178511_20273173.jpg
泥というか、細かいおが屑が油にまみれたものがいっぱい。。。。。

綺麗に掃除して、ねじ切り機構がまだ完全に直って無いのを思い出す。

d0178511_20290637.jpg
10ミリのボルトを削って、、、、、

生鉄より、S45Cのほうが綺麗に削れる気がするなぁ。

d0178511_20295708.jpg
こんなものを用意して。

d0178511_20302202.jpg
穴はリーマーで合わせて、
スプリングで抑えて、ガタを取ってみる事にした。

d0178511_20311950.jpg
そして、エプロンの中にインストール。

このアングルの写真じゃ、なんだか良く判らんね。

d0178511_20320259.jpg
ねじ切り機構が復活だ~。

「ガッチャン!」

d0178511_20324219.jpg

中古機械屋で、全部整備されて売りに出されたら、
かなりの金額になっちゃっていたんだろうなぁ。。。。。。

「現状販売だから、何が具合悪いかわからないよ?ノークレームだから良く見てから決めてね。」

と念を押されたのも納得だわ。




さてさて、次は何しよう???







[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-13 20:42 | Comments(2)
2014年 05月 11日

旋盤生活はじまる。

やっとこ。高橋君も働く準備が出来てきたようなので、仕事をさせてみる。

訳も判らず買ってきたチップを付けて、芯押し台のレバーを作ってみる。

素材はホームセンタで買ってきた丸鋼で直径は19ミリ。

材質はいわゆる生鉄ってやつなのかな?

コイツを14ミリまで削る。

d0178511_22190086.jpg
最初はムシレて、切削面が荒れてたんだけど、

なんか突然綺麗に削れた。。。。。。。原因もよく判らない。

上手く削れた時は切り子の形が違ったと言うのは判ったけど。。。。。

まあ。上手く言ったし。まあいいかな。


d0178511_22204333.jpg
両端を10ミリに削って、ダイスでネジ切って完成。

爪の痕が付いたけど気にしない事にする。

「ダイスホルダー欲しいなぁ。」と思ったので、そのうち挑戦してみようか。

d0178511_22264516.jpg
そんでもって、早速装着。

おぉ。出来た。。。。。。。

さてさて。次は何作ろう。

楽しくなってきた。







[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-11 22:35 | Comments(2)
2014年 05月 08日

旋盤の電気回路。

先日、煙を吹いて止まった高橋君。
長年の眠りから無理に起こされてご機嫌ナナメだ
どうやら、寝起きは悪いらしい。。。。。。

煙を吹いた配電盤を取り外し、怪しいリレーを調査。

「う~ん。やっぱりコイルが断線してる。」

しかも100V用のコイルが付いてる。。。。。。。。なぜ??

これじゃ、壊れて当たり前じゃないの????

いままでどうやって仕事してたんだ?

一回の作業で断線するほどの時間回さなかった???

リレーが壊れるまで、ほんの10秒ほどだったんだけどなぁ。。。。。謎。
d0178511_22400306.jpg
そんでもって、替わりのリレーを調べていると、

どうやら、リレーの接点には「a接点」「b接点」と言うのがあるらしい。

「a接点」は通常回路が「OPEN」でコイルの電源が入ると「CLOSE」になる接点。

「b接点」は通常回路が「CLOSE」でコイルの電源が入ると「OPEN」になる接点。

なんだそうだ。


それを踏まえて、配線を手繰ったり、リレーやスイッチにテスターを当てながら、
回路をノートに書き写す。

d0178511_22481113.jpg
コピーして、電気の流れを蛍光ペンでたどる。

これが、正転時の電気の流れ。

他の旋盤も似たような回路なんじゃないの?

d0178511_22492340.jpg
ブレーキを踏むと、スイッチが入って、モーターの電源がカットされる。

とにかくブレーキを踏めば、旋盤が止まる仕組みだ。

d0178511_22495497.jpg
再起動は、起動レバーを一回戻して、再操作するとまた動く。

解ってしまえば、さほど難しくない回路だ。

これでもう、電気系の故障は怖くない。

リレーも1個2000円位だ。

d0178511_22520969.jpg
そんでもって新しいリレーに交換。
近所のホームセンターには、希望のリレーが無かったので、
モノタロウさんで購入。

端子が4つで接点が「a-a-a-b」の4つのは富士電機製しか取り扱いが無かったね。

せっかくなので、配線も引き直してみた。
d0178511_22550722.jpg
そんでもって、旋盤にインストール。

リレーのコイルの端子の位置が変わったお陰で、
少し配線が窮屈になったけど、問題なく収まった。

これ以上大きなサイズのリレーはちょっと収まりが悪いかも。。。。

なにはともあれ、高橋君復活!

d0178511_22572446.jpg
旋盤の操作を覚えるより早く、問題続きで修理ばかりしていますが。。。。。


ようやく少しまともに動かせるかも。

最初の獲物は芯押し台の折れたレバーだ。

上手に作れるんだろうか?








[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-08 23:12 |   東京高橋 | Comments(2)
2014年 05月 05日

初山。

せっかくの休みだし、ちょっと走りに行こうかな。
さてさて、何処行こう?

久しぶりに山に行こうかな。
d0178511_18501818.jpg
季節は田植。
あちこちで、鏡面のような田んぼに苗を植えてる。
d0178511_18512124.jpg
d0178511_18520232.jpg
矢板の道の駅を北上し、ゼネラルを左に曲がって。。。。
d0178511_18525253.jpg
あ。タヌキ。
轢かれんなよ~。

d0178511_18532444.jpg
ようこそ八方ケ原。

d0178511_18540668.jpg
ここから先は坂・坂・坂。

「この傾斜は3速で走っちゃおう」とか、
「ここは2速かなぁ。。。。」とか、
「う~ん。ここは3速で進角遅めで登っちゃおう」なんて考えながら坂を登る。

どう?WLって面倒臭いでしょ?

d0178511_18565909.jpg
まだ、桜が残ってるや。。
そういや、ちょっと肌寒いね。

標高が上がってきたね。

d0178511_18575883.jpg
程なくして、山の駅到着。
涼しいからエンジンもすぐ冷めた。

日塩ライン通って、霧降高原に裏から登って帰ろうか。


d0178511_19001692.jpg
あ。路肩にまだ雪が残ってる。
やっぱ標高高いのね。

d0178511_19012540.jpg
あれ?なんか道が違うなぁ。。。。
なんて思ってたら、湯西川まで来てしまった。

まあ。いいか。

それにしても、湯西川周辺の道が綺麗になって、景色も良くて最高だ!

トンネルは寒いんだけどね。

d0178511_19031637.jpg
「水の郷」にはバイクが沢山。
この人達は、この後西へ行くのか?それとも東へ戻るのか?

d0178511_19055208.jpg
あ。噂の水陸両用車発見。
なんか、ホイールベース短いなぁ。

後ろにスクリュが付いてる。

これで、道路からダム湖に突っ込むわけだ。

d0178511_19070837.jpg
焼きそば食ったら、迷わず西へ。
この道、落石が多くて道も狭いんだけど、車少なくて、
ダラダラ走れる好きな道のひとつ。

d0178511_19111658.jpg
落石ネットがいたるところに。

d0178511_19120581.jpg
あ~。

d0178511_19123922.jpg
土呂部のキャンプジョウを抜けて、
黒部ダムまで下りてきたら、大笹牧場へ向けて
再度山を登る。

d0178511_19142482.jpg
予想通り。牧場の駐車場は単車で一杯だ。
下の駐車場にも、集団が来てるからかなりの台数だ。

ひとも一杯だけどね。
上はやっぱりちょっと肌寒い。

隣に停めていたBMWの人に、
「オイル漏れてますよ大丈夫ですか?」
と気を使ってもらった。

さて帰ろう。

d0178511_19233499.jpg
なんだかんだ、結構走ったなぁ。。。。。
お腹一杯。



本日の走行距離 144マイル(230キロ)



[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-05 19:40 | 43WLC | Comments(6)
2014年 05月 02日

いきなり死亡。

せっかくだから、なんか削ってみようかと、
ホームセンターで丸鋼を買ってきて、適当に削ってみたんだ。

持ってるバイトも使えるんだか良く判らんが、
取り合えず、刃の高さを合わせて初切削。
d0178511_21145863.jpg
なんか、面がすごい荒れるんですけど、何???
切削速度を上げればいいのか??

最初は380回転でデコボコだったから、次は615回転でやってみる。
ちょっとマシだけど、まだまだ全然だ。

自動送りなんか使ってみて、「おぉ~。」

なんて思っていたら。。。。。。


「ボンッ!!」


「え?爆発??」

炸裂音とともに、電気室から煙が。。。。。。。

d0178511_21205929.jpg
3つあるうちの、左上の黒いリレーが死亡したみたいだ。

実はこれ、前からちょっと気になっていたんだ。

なんか、「コイル100V」とかって書いてあるんだ。

以前に電気屋さんに聞いたら、
「まさか、コイルを200V用に改造してあるんでしょう?使ってたんだろうから。」

なんて言われて「そうですよね~。」なんて納得してたんだけど、
もしかして、本当に100V用だったのか??

一応、正転・逆転出来ていたから、大丈夫だと思ってた。
煙が引いたので、電源を入れてみると、逆転しかしなくなっていた。。。。

d0178511_21244420.jpg
緑のシールに100Vって書いてある。
旋盤回した連続時間が、100Vの電磁コイルの限界を超えて焼きついたんだろうか。


あえなく、逆転しか出来なくなってしまった。

なんか、一度交換されてるのも気になるし。。。。。
この際、丸ごとリレーを交換してしまおうか。


順調に動き出すのは、まだ先かな。
試練・試練・また試練だ。
結局全部やれ。って事だ。

泥沼ですな。



やっぱり古い機械だ。旧車と一緒。

走り出したらしばらく膿出しの期間が続く。

連休は天気良いみたいだし、気晴らしに、どっか走りに行こうかなぁ。。。。。



[PR]

by hiyokobeans | 2014-05-02 21:45 | Comments(8)