<   2014年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 30日

マルエム。

あんこ玉のように固まった泥。

無心で掃除。
ブラシでゴシゴシ。
d0178511_22165932.jpg
ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・・

なんか書いてある。

d0178511_22182221.jpg
「M?」

なんでしょな?

d0178511_22185246.jpg
ここにも。

「M」

d0178511_22193750.jpg
小さいけどここにも。

「M」

なんの記号かなぁ。。。。








[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-30 22:24 | HONDA C92 | Comments(0)
2014年 12月 27日

プレスフレーム。

フレーム単体。

d0178511_21340406.jpg


リアフェンダーのアルミの部品を外そうと思ったら。
その前に、配線を抜かなきゃならんのね。

d0178511_21155497.jpg
プレスフレームって。。。。。。。
スポット溶接で貼り付けてあるんだ。

なんかボール紙の工作みたいに見えてきたなぁ。

「糊?」

d0178511_21182550.jpg
あ。そうそう配線は。。。。。。

d0178511_21191648.jpg
堆積物。山盛。

配線も埋もれてマス。

d0178511_21202863.jpg
気分転換に、折れたセンタースタンドをくっ付けた。

くっ付くにはくっ付いたけど。見た目はイマイチ。


d0178511_21321544.jpg
なんか傾いてるんだけど。コレでいいのか?






[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-27 21:45 | HONDA C92 | Comments(0)
2014年 12月 24日

見返り不美人。

なんかタンクエンブレムがとても綺麗。

社外品なのか???よくわからん。

実用車だったのなら、エンブレムが無くなったって、そのまんまだと思うんだけどなぁ。。。
なぜに、こんなとこ修理した??

ここに気を使う人なら、エンジンがもっと綺麗でも良いんじゃないかなぁ。。と思ふ。
このエンブレムが当時ものなら、別に言う事無いんだけどね。

d0178511_19541958.jpg
なんか怪しいなあ。。。。。

と思ったか思わなかったか。

とりあえず、タンクを外そー。

d0178511_19583301.jpg
裏側は錆。

ガソリン入れたら、漏れるかなぁ?どうかなぁ?

中は思ったより錆びてなかったんだけどね。

d0178511_19593281.jpg
漏るかなぁ?どうかなかぁ??

d0178511_19595501.jpg
「おぉぉぉぉぉぉぉぉぉl。ダセェ。」

なんか格好悪いフレームが出てきた(笑)




なんか寺社仏閣デザインとかいってね。

デザインは「ホンダ。日本の個性を世界にアピール!」

みたいな話も聞きますが。


このフレームを見ていると、

「見えねぇ所に、かまってられるか!!実用車ダゼ?」
「この量産に適したプレスフレームをバカスカ売って稼ぐんダゼ?」

どこからか、こんな声が聞こえてきそう。



コイツはね、白い長靴が似合う実用車ですからー。
Ⅲ型は、初期型と比べると、野暮ったさが別格ね。

d0178511_20122250.jpg
そんでもね。ワイヤーや、電気配線がフレームやハンドルの中を通っていたり。。。

d0178511_20142544.jpg
ワイヤーに油差しが付いてたり。

今の単車とは違う。

なんで今の単車は、配線がハンドルに縛ってあるんだろうかね。

d0178511_20163638.jpg
外した部品はどれも。これも。

d0178511_20172016.jpg
チョコレートと思えば。。。。ね。

d0178511_20174699.jpg
思えない。

あぁ。泥嫌だ。

油臭い。
d0178511_20180695.jpg
で。とりあえず。エンジン摘出。

キャブのピストンが固着してワイヤーが外せず。宙ぶらりん。

工具を床に置くのはイケマセン。





先は長い。


[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-24 21:21 | HONDA C92 | Comments(4)
2014年 12月 22日

どないだ?

「コンコンコンコンコン。」

「はいってますか~?」

「コンコンコンコンコン。」






「ドサッ。」




「どさ?」



d0178511_22224879.jpg
「何??」

「あ。こっちも。」


d0178511_22232052.jpg
「おぉぉぉぉぉぉぉぉ。錆だね・・・・・・    うん 錆だ。」


とりあえず、もうマフラー外しちゃおーっと。


d0178511_22244285.jpg
「むぅぅ。こりゃ駄目か??」


d0178511_22253558.jpg

この機会にちょっと、お腹を覗いてみましょうか。


「・・・・・・・・・・」


ドレンボルトが泥で埋まってますな。

オイル交換はしていなかったのかなぁ。。。。。

オイル漏れもしてたのかなぁ。。。。。。




もうエンジン降ろしちゃおう。

綺麗にしてから、考えよう。そうしよう。









[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-22 22:30 | HONDA C92 | Comments(0)
2014年 12月 20日

ホンダ スクエア。

ヤフオク見ながらウトウトしてたら。。。。。ポチッとな。

やっちまった・・・・・・・

d0178511_20583593.jpg
突然、C92がやって来た。

マルマル サンカク マタキテ シカク。

パイプハンドルで、タンクに膝あてが付いてて、キャブが負圧じゃないから、
多分Ⅲ型というやつだよ。

d0178511_21003454.jpg
ヘッドライトが四角なら、メーターもウインカーも四角。
d0178511_21011068.jpg
当たり前のように、四角。

d0178511_21013676.jpg
ご丁寧に、リアサスまで四角。

なんでもミスター本田がお寺や神社をヒントにデザインしたらしいよ。

「寺社仏閣スタイル」とかって言われてる。
d0178511_21021625.jpg
16インイtのフロントリム。

メッキはアルミホイルの様。

d0178511_21024474.jpg
このUFOのようなガソリンコックはまともに作動するのか?

d0178511_21032057.jpg
センタースタンドは掛けた途端に折れました・・・・・・・

d0178511_21034177.jpg
縦縞タイヤが格好イイと思う。

働く男のオッサン臭が漂うパイプハンドルも◎。

グリップや、レバー。何でもビニールテープを巻くのは、
この時代のセオリーなのか?

d0178511_21071592.jpg
まぁ。ぼちぼちレストアします。
無事に動くようになったら、通勤車にしようかなぁ。。。。。

働く男のC92。ベンリイ。
まず。何からやろう。

とりあえずエンジン掛けた方が良いのかなぁ。
それともフレームから手をつけようか。。。。

何はともあれ
部品交換会に行く楽しみが増えたなぁ。







[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-20 21:27 | HONDA C92 | Comments(0)
2014年 12月 16日

ハイドラのライザー

チョット前に手に入れたコイツ。
ハイドラについてるライザー。

既に残念な改造済み。


d0178511_19230602.jpg
よく判らんが、コレを作った人は何がしたかったのかなぁ??

長いボルトはライザー本体に溶接され、
さらに変なリングが溶接されてますのよ。


さらに反対側。。。。。

d0178511_19422557.jpg
過去の人よ。

なにもこんな事しなくたって、どうにか出来たんじゃねーのかい??

どう見たって、プロの仕事ではないようです。




兎に角、コレを分解しようと画策。


「!」


こないだ作ったリング生爪を使ってみよう!

d0178511_19271324.jpg
奥に適当な輪ッカを加えて、爪を削ってみる。

初めての成形ですが、疑問がうウジャウジャ出てくるね。

削るはいいが、直径が計測出来ないジャン。。。。。。

勘で削ったら、狙った寸法を簡単にオーバーしました。。。。。。はぁ。。

d0178511_19340733.jpg
今回は。  ま。いっか。 チョットだし。

本当は、ライザーの直径より、気持ち小さくするのがいいみたいよ。
グっと食い込む感じで、把握力UPという事なんでしょうか。

d0178511_19363376.jpg
そんなわけで、作業は進む。

ヘボライザーをまな板にセットして。

d0178511_19374109.jpg
恐る恐る。溶接痕を削っていきます。

一体、どんな構造になってるのか皆目分からんので、少しずつ削って。。。。。

d0178511_19385114.jpg
自分もビビリながらだが。。。。。。

刃物もビビる。

d0178511_19395049.jpg
ビビリすぎて、埒が明かない。。。。。。

結局。ボルトを切り飛ばして、ほぼ同径のドリルで揉んでみたら、上手いこといった。

d0178511_19414347.jpg
反対側からも同じような手法で作業。

とりあえず、ボルトの摘出は成功。


d0178511_19475682.jpg
ボルトは取れたが、これが本来の姿じゃないみたい。


てな訳で、少々の破壊行動を伴いながら、四苦八苦した結果。

d0178511_19505800.jpg
分解成功!

d0178511_19513869.jpg
中には、ゴムのブッシュが入ってた。

このライザーってラバーマウントだったのねぇ。

d0178511_19522174.jpg
肝心の本体は。

d0178511_19523704.jpg
なんか。ほぼ、ただの筒。

これじゃぁ。思いっきり引っ張ったら、ハンドルがライザーごと引っこ抜けるんじゃないの??

d0178511_19534587.jpg
まいっか。とりあえず、解体完了。

このあと、キャップは、作ってみようかと思うんだけど。

上手く出来るんでしょうか。。。。。

どうやって作ったら良いかなぁ。

よく考えよ。


まずは。丸棒買ってこよ。






[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-16 20:03 |   東京高橋 | Comments(4)
2014年 12月 10日

あぁ、寒い。

ヒルクライムの日。

出発した7時半頃の宇都宮の気温は氷点下3度位。
家から北上して日光市内のコンビにでプラグがカブったのを確認。
多分、気温は大して変わってないと思う。

プラグ磨いて、キャブセッティングは触らず。
その後は、調子が狂う事はなかった。

家に帰ってプラグを見てみる。

d0178511_20450419.jpg
問題なく焼けてる。。。。。


キャブを触っていないので、プラグがカブった原因は外的要因の可能性が大きいか?
あとで、mmおやじさんの話を聞いて納得。
あの朝、WLの燃料経路ではこんな事が起こっていたのでは。




ガソリンは気化する事でマニホールド内の熱をどんどん奪う。
その日の朝の気温は氷点下だったので、マニホールド近辺の温度は、平常時よりずっと低かった。

温度の上がらないマニホールドを経由してシリンダーに送り込まれるガソリンは
思ったような気化が出来ず、まだ少し霧状のまま燃焼を始める。

そうやって燃焼したガソリンは完全燃焼できずにカーボンを堆積、
最終的にはプラグが失火し始め、アイドリング不調に及んだ。

そんな事があの朝に起きていたに違いない。


エンストのあとの再始動には問題がかったので、
キャブ内のガソリン経路が凍ったというわけでは無いと思う。

d0178511_20512302.jpg
要は暖気不足のまま走り始めた様な状態になっていたんだね。

あの場でそれに気付いていれば・・・・・・・
もしかしたら凍って霜のついたマニホールドを拝めたかもしれないなぁ。。。。。


あぁ。勿体ない!




それにしても、あんまり寒いとバイクも調子崩すんだねぇ。



[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-10 21:13 |   リンカート | Comments(2)
2014年 12月 09日

第3回 ヒルクライム in 霧降高原 -冬山はバイクで行っちゃダメヨの巻-

そいじゃ。役者は揃ったので行ってみましょか。

集合場所から坂の麓まではあっという間。
d0178511_19445548.jpg
さーてこの後、どうなるか。。。。。。

散ってる粉雪は見ないことにしましょう。
d0178511_19460888.jpg
坂が始まると、のっけから結構な斜度。 10度位か。

みんな恐る恐る登るので、速度はゆっくり。

コレじゃ、3速では登れないので2速で登る。

余計にゆっくりペースで登ります。
d0178511_19473431.jpg
後ろを見ればサービカーも登ってくるよ。

サービカーの機動力ってどんな具合なんだろうね?

モータースプロケットが27丁だったと思うけど、
ミッションはWLと同じで、ドリブンスプロケットは何丁なんだろね。。


今のところ路面は大丈夫そう。
d0178511_19504162.jpg
最初の坂を登ったところで、霧降の滝の入り口が出てくる。
少し雪は舞ってるけど、積もっちゃいないし、このままなら上まで行けるかな?

と、この時点では思ったんだけどね。。。。。。。
d0178511_19514812.jpg
滝の入り口を越えた辺りでなんか様子が変わる。

雪降ってますね。コレ。

看板も「霧降道路 凍結注意」と言っている。

路面は十分冷やされてるから、降ったらすぐ積もっちゃうだろうなぁ。。。。

と思った矢先。。。。。どえらい降ってきた。

d0178511_19540814.jpg
大江戸温泉に一時避難。

ダメでしょ?これ。

普通に積もって来ちゃった。

という事で、半分も辿り着かぬまま退却。

「退却!たいきゃーーーーーく!!」

d0178511_19561724.jpg
静かに下りてきたと思ったら。
赤い陸王エンジン始動せず。

しかも。「なんか下からガラガラ音がするーーーーーーー!」

とか言ってらっしゃる。

ここで。下からガラガラ音がするポンコツ1台が追加である。
全部でポンコツ4台。

とりあえずガラガラ言わせながら、押し掛けして強制始動。

恐る恐る下ります。

d0178511_20002854.jpg
なんか。散々な目にあったのに、みんな楽しそう。
バイクに乗ってる人なんてそんなモノなんでしょうか?

まだ時間あるから、温泉でも入って、楽園に行こうぜ!!

なんて事になり、みんなでプラプラ走ります。

山を下りてくれば、雪は大丈夫。


楽園を目指す途中。今度は後ろからサービカーをウォッチング。

なかなか機敏な加速をします。サービカー。

そして、カーブを不気味な姿勢で曲がりますのよサービカー。

なんか、バンクしないし、レールの上を走ってるみたいなの。

d0178511_20062344.jpg
温泉浸かって、しばらく走って、楽園到着。

ここで、赤い陸王のガラガラ音の捜索開始。

結果はチェーンガードにチェーンが当たってた。。。。。。。

その場でチェーンを引いて無事解決。

d0178511_20095012.jpg
そしてその素晴らしい楽園で、次のヒルクライム参加車両をスカウティング。

これが霧降登ったら。そりゃ凄いよ。

他にも素晴らしい車両を見せて頂きまして、どうもありがとう御座いました。

d0178511_20164771.jpg
さーて。それじゃ帰ります。

道中。今度はサービカーがガス欠でストップ!
あらららら。。。。。。と思ったら、トランクに予備ガソリンが入ってた。
サービカー最高じゃないか!

喜んだのも束の間、今度はスタータースイッチ壊れて始動困難に。。。。。。。
今度こそ駄目か?と思った矢先。

おもむろにトランクから取り出したレンチで、スイッチを直結!!
スイッチから少々の火花を散らし見事復活!!

なんつーか、旧車乗ってる人ってタフですよね。
少々のトラブルではうろたえないのね。
「ちゃんとメンテしないと駄目だなぁ。はははは。」と楽しげな様子。


今回、全車両トラブルあったけど、全員完走。
ポンコツ5台で仲良くゴール。

d0178511_20242941.jpg
最後に、宇都宮インター近くでお見送り。

d0178511_20245630.jpg
気を付けて帰って下さいね~。



というわけで、全然坂を登らない第3回ヒルクライムはコレにて終了。
暖かくなったら、また登りましょう!




おしまい。








[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-09 20:49 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(2)
2014年 12月 08日

第3回 ヒルクライム in 霧降高原 -集合の巻-

さてさて。寒い。
今年一番の冷え込みですって。。。。。。

なにもこんな日にバイク乗らなくたって良いのにね。
朝の宇都宮の気温は氷点下3度位か?

d0178511_20322170.jpg
始動も少してこずってね。
生ガス食わせすぎた気もするが、エンジンかかったからまあいいか。

なんか、いつになくモウモウと白い煙が出てる。
コレはオイルじゃなくて、水蒸気かなぁ。。。。。

「ガソリン」+「空気」は燃焼すると「二酸化炭素」と「水」になる。

d0178511_20350684.jpg
天気予報じゃ日光は雪らしいのだが。。。。。。
ここ宇都宮の空は青い。真っ青。

寒い。



d0178511_20371051.jpg
当然ながら、田畑には霜。
そして遠くの山には怪しげな雲・・・・・・


寒い。。。。。

そして、なんか単車の調子がおかしい。
回転がバラつくし、アイドリングも安定しない。何かな?

なんかプラグがカブってる気がするなぁ。

始動時に生ガス喰わせ過ぎたから?
でも。もう30キロ位走ってきたから、焼けててもいいと思うのだけど。。。

d0178511_20402663.jpg
道中のコンビニでプラグを見る。

「おぉ。見事にカブってる。」

ここ数年プラグなんてカブった事無かったのに。。。。
暖かい頃から燃調はイジって無いから、どちらかと言えば薄くなる訳なんだけど。。。

寒すぎて、プラグの自浄温度まで熱が上がらなかったとか???

予備プラグは勿体ないから、とりあえず真鍮ブラシで磨いて再装着。

「ドロドロドロドロ・・・・・・」

これでとりあえずオッケー。

なんか不吉な予感だなぁ。

d0178511_20435119.jpg
そして、集合場所に到着。
集まったのはいつもの2台。。。。。。。

もしかしてコレで全部か?

話を聞くと、どうやらヲレンジ号は来る途中に、
スピードメーターがガーガー鳴き始めて、ケーブルを外して来たらしい。

寒くて、油が固まったのが原因じゃないかと言う。。。。。
さすがのヲレンジ号もこの寒さに風邪をひいたか?

とにかく寒い。
駐車場には見たくも無い雪がちらついている。
「これは、山から飛んでくる雪粒でここで降ってるわけじゃないよ」と言い聞かせる。

只今集まってるは、
プラグがカブったポンコツと
スピードメーターでカラスが鳴くポンコツの2台。。。。

しばらく待つと、前回ベロセットで参加の御仁がセローで登場。
途中の有料道路でKモデルが座礁しているのを発見したらしい。

モデルKは今回、戦死。。。。。。。。。。と思いきや。

d0178511_20525830.jpg
やって来た。

なんでも、有料道路で、フロントのプラグコードがヘッドに触って溶けてリークしたという。

エンジンを覗くと、プラグコードが鶏ガラのようになっている。。。。。。コレは悲しい。
どうにか、コードを空中にぶら下げてそのまま走って来たのだという。

d0178511_20580471.jpg
ともあれプラグコードが鶏ガラのポンコツ1台追加である。。。。。。。

宇都宮組の3台は揃ってトラブルに見舞われました。
これから登ろうという山にも暗雲が広がります。
まるで参加者の心を写すかのよう。


「ブロロロロロロロロロロロ・・・・・・・・・」

d0178511_21234072.jpg
ここでなんと、サービカー登場。まんまポリスですな。
フロント周りはアーリーショベルなんかと同じかなぁ?

67GE。
67年式。
「G」→サービカー。
「E」→セル付き。

d0178511_21261167.jpg
セル付きだからね。キックアームは付いてない。
ミッションケースもGEのはWLのとちょっと違う。

今気付いたけど、カバーの上に、ニュートラルスイッチが付いてる??
写真上の方の丸いのはスターターモーター。

d0178511_21282046.jpg
ふーん。ふーん。進角はオートアドバンスなんだね~。
ヘッドカバーは鉄だねぇ。

d0178511_21294703.jpg
そんでもってセル周り。
プライマリーカバーの上についてるのが、
ソレノイドと奥にスターターモーター。
プランジャーがどうやってクラッチシェルに噛むのかは判らない。


シートポストの付け根には、後で焼けて壊れるスタータースイッチ。
キャブレターはリンカートじゃなくて、ベンディックス?みたいな、
アルミボディのが付いてた。

d0178511_21320331.jpg
セルモーターなんか搭載してるので、電源は12V。
こんなところにオルタネーターが付いている。

スターターにしても、オルタネーターにしても、
多分、アメ車の流用っぽい。
そんなところがとてもハーレー社っぽいと思う。

d0178511_21341538.jpg
クラッチペダルはスーサイド。
三輪車だから、足を付くこと無いからね。車と一緒。

その後ろの小さなペダルは・・・・・

d0178511_21351400.jpg
サイレンだぁ。

自転車のヘッドライトみたいに、
タイヤに駒を押し当てて動くみたいよ。

「ウーーーーーーーー。」っとな。

d0178511_21361150.jpg
格好イイなぁ。欲しいなぁ。。。これ。

ヨダレを垂らしながらサービカーを舐め回しているが。。。。。。

肝心の首謀者が来ない。。。。。。赤い3速陸王が。




集合時間から遅れる事1時間。


d0178511_21441322.jpg
来た。

赤い陸王。今年何回目の栃木来訪か??
もういっそのこと、栃木県民になったらどうだろう?

d0178511_21453630.jpg
まだ、集合しただけなのに。
なんかもういっぱいいっぱいな私たち。

宇都宮ポンコツトリオと、今のところまともなサイドバルブ2台。合わせて5台。
それから、サポートしてくれる、セローとオープンカーの2台。
とりあえず登ってみますよ。山。


続く。









[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-08 22:04 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(10)
2014年 12月 06日

いよいよ明日なんですが。。。。。。。

明日はいよいよ、霧降高原ヒルクライムの日なんですが。。。。。。

日光の天気予報は・・・・・・・・・なんと雪!!!!

d0178511_18591000.jpg
大丈夫かいな???

開催日が遅すぎたかもねぇ。。。。。。。。

一応、朝向ってみますけど・・・・・・・・

辿り着けるだろうか?

d0178511_19001715.jpg
宇都宮は晴れるみたいなんだけどね。
予報。外れないかなぁ。

もしも。いらっしゃる方はどうぞ安全運転で。
寒いのは間違いないので、暖かい格好でね。



寒波ノバカヤロウメ・コンニャロメ・ニャロメ・・・・・・・・・ニャー。





[PR]

by hiyokobeans | 2014-12-06 19:08 | 霧降高原ヒルクライム | Comments(4)