「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

波打つドラム。

せっかくの3連休なのに、体調崩して調子悪い・・・・・
福島方面を徘徊しようと思っていたのに断念しました。
いじけて、ガレージでゴソゴソ。



これまでひと通り、ブレーキはいじくり回していて、

どうにか利く様になったと思っていたんだけどさぁ。

なんか最近、ブレーキの利きが気に入らないんだ。

ぜいたく病になってしまったのだろうか・・・・・

d0178511_20095505.jpg
ブレーキの遊びを詰めていくと、一か所で引っかかる。

シューの芯が出ていないと思って調整して、

これ以上はそのうちシューに当たりが付いたら改善すると思っていたんだ。

だが、どうも違う。いつまでたっても治らないんだ。


そんなだから、ドラムが偏芯しているんじゃないかと疑うようになったんだ。

d0178511_20135034.jpg
クルクル。

ピックテスターの位置をいろいろ変えてクルクル。

いったい何が原因なのか?

なんかオカシイ。

へんな針の振れ方する。

なんだこれ??

d0178511_20155248.jpg
どうも、ドラムが波打っているみたいだ、

約2か所、0.1~0.2㎜ほど内側に盛り上がっているみたい。これが原因か?


それにしてもなんだこれ?ドラム研磨に一度出しているんだが?

とにかく、この山を取除きたい。

あ。待てよ。

もしかして・・・・・

d0178511_20180166.jpg
ドラムの取り付けボルトの締め付けが原因で歪んだ・・・・・という可能性は無いかなぁ?

名探偵コナン君ばりの推理で、いろいろ考えてみるが、よくわからない。

まぁ。とにかくこの山が悪さをしているのは間違いないと思うので・・・・

d0178511_20203790.jpg
とりあえず、旋盤に咥えてみた。

「う~ん。」

どうもこのまま進むのはよくなさそうなので、どうしたらいいか宿題にすることにする。

ハブに取り付けた状態で掴んで回したいのだけれど、

ショップみたいに、純正のハブを削って治具にするなんてのはちょっと無理なので、

どうにか他に方法を考える頃にしよう。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-30 20:31 | Comments(4)
2016年 04月 27日

北関東旧車会チャリティー部品交換会 2016

朝に雨が降っていたから、そんなに集まってないのかなぁ?

と思っていたら・・・・

ところが どっこい。

d0178511_21031844.jpg
なんか車が溢れてました。

出るとき雨だったので、車で来ましたよ。

会場をプラプラして、少々のガラクタを集めました。

d0178511_21042384.jpg
栃木に引っ越してきて、8年位経ったでしょうか、

交換会で知り合いに会う事が増えました。

なんか、これもブログを書いていた事が少しは影響しているのだろうなと思うと、

書いてて良かったなと思います。

もうすぐ丸7年。頑張ります。

d0178511_21093066.jpg
今年の出店は、なんと200店を超えたのだとか。

この交換会は1団体の定期開催ではなく、いくつかの旧車会が集まって、

会場を「渡良瀬ー宇都宮」と毎年交互に交代しながら開催するスタイル。

旧車会の縮小なんかも原因にあるのかもしれないけど、

これまで維持するっていうのはとても大変な事なんだろうと思います。

仲間内で、ただ集まるだけの集団ではなく、こうやって外に向かって活動出来るのは、

いろんなノウハウが必要な事と察します。

「北関東の旧車文化はすげぇなぁぁ」とか思いながら、

今年も、楽しい交換会が開催されたことに感謝。感謝。
d0178511_21164798.jpg
話変わって、週末から始まる黄金週間。

最初の3連休に遠出を考えていたのだけど、なんと雨濃厚・・・・・

また、福島を徘徊しようと思っていたのになぁ。

日程を短縮するか?  それとも時期をずらすか?

どうしようかなぁ。。。



とか思っていたら風邪ひきました(涙)

まじかよ・・・・・。

皆様は、お体にお気を付け下さいな。



[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-27 21:32 | Comments(7)
2016年 04月 23日

アップグレード。

早速オイルシールを装着して

車体に組み込みます。

作製した部品寸法が今までと少し違うので、

組み込むスプリングのテンションが最大限発揮できるように、

計測しながら組み込みます。

d0178511_20545486.jpg
案の定。手がグリスまみれになる。

凄惨な作業台・・・・

d0178511_20562812.jpg
シリンダー内に封入するグリスの量は、適当に。

最初、目いっぱい詰めたら、ストロークしなくなってしまったので、

少し押し出して、量を調節。

乗ってみて、様子を見ながら量を加減することにする。

d0178511_21015879.jpg
自分のシートポストは中のバネを、純正のアッセンブリーから変更してるので、
ストローク少なめだが、フルストロークで約60㎜。

もし乗っていて、オーリングがここまでズレたら、それはサスペンションの底付を意味する。

d0178511_20583934.jpg
組み込んだシートにまたがって、ドスン ドスンとその場で体重を掛けた時の最大沈降量は約35㎜。

これだけでもずいぶん、硬くなったのが体感できる。

なんとなく、このあたりの沈降量から、バネレートが急変しているような気がする。

全体的に硬くなったというより、30㎜ほど下降すると、一気にバネが強くなるような感覚だ。

圧縮空気のせいなのか、グリスがピストン脇を吹き抜ける抵抗なのか、感覚的には見分けがつかない。

あとは、効果の持続性がどれだけあるのかが気になるところ。

d0178511_21064874.jpg
それでもって、試乗開始。

意図的に、マンホールや、路上のギャップを拾って走る。

効果は上々だ。

以前なら、越えた後の減衰に時間が掛かったギャップでも、ほとんどフワフワせずに通過できる。

たった60㎜しかストロークしないサスペンションだが、十分に機能してるみたいだ。

d0178511_21095076.jpg
以前なら、確実に避けるか、速度を落としていたようなギャップもガンガンイケる。

リジット乗りの人には分かると思うけど、一度、底付きして目から星が出ると、ギャップに恐怖感が植えつけられる。

リアサス付きの単車なら気にも留めないギャップにも神経質になるんだよね。

だがしかし。今回、改造したシートポストなら多少の凸凹は問題にならない。

d0178511_21135893.jpg
1時間ほど、走って確認してみる。

以前なら、底付きするようなギャップも越えて来たが最大沈降量はほぼ変わらす。

オイルシールの効果はあるようで、サスペンションの効果はまだ持続してる。

前回は、ものの15分でグリスが全部抜けたからね。大違いだ。

d0178511_21161861.jpg
帰りに、道の駅サシバに寄って見たけど、単車は少なかったなぁ。

やっぱり「もてぎ」に集まってるんだろうか?

こっちの方が、バイクには環境が良いと思うんだけどね。

d0178511_21174081.jpg
このあと、国道の轍を減速なしで横切ったり、以前なら、絶対やらなかった事も試したりしてみたが・・・・

結局、今日の走行での最大沈降量45㎜。まだ15㎜ほど余裕を残している。

結果は上々ではないかな?

とりあえずこのまま様子を見てみよう。




さーて。明日は北関東旧車会の部品交換会だね。

年一回の栃木県の部品交換会の日。

楽しみーー。







[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-23 21:27 |   シートポスト | Comments(2)
2016年 04月 20日

こーさーよいよい。

使うオイルシール。

内径10㎜、外径18㎜、厚み5㎜のシングルリップ。

ダブルリップなら良かったんだけど、小さな外径のものが良かったのでこれで。

d0178511_19471088.jpg
オイルシールはハウジング(穴)よりちょっと外径が大きい。

18㎜の穴に対して、18.17ほど。つまりは圧入しろがあるって事。

調べてみたら、穴のほうには精度基準があって、

400㎜以下のオイルシールのハウジングの公差は「H8」なんだって。

H8は+0.0033㎜だそうです。

18.00~18.03㎜の間に外径を収めなくてはならないらしいよ・・・・

d0178511_19524740.jpg
そんでもって。ほい。

穴の深さは6㎜にした。

交換するときに底に隙間があった方が良さそうだから。

面イチで挿入して1㎜余り。

穴が浅くて、シリンダーゲージでは内径が測れなかったので、

d0178511_19544842.jpg
キャリパーゲージを使いました。写真はイメージ。

このゲージ。何を測っていたのか測定子がトンガリに削ってあるので

ちょっと測りらいが、たぶん公差内に収まったと思う。

d0178511_19570968.jpg
そしたら突っ切る。

なんだかキリコがかんぴょうに見えてきた・・・・・ような気がする。

d0178511_20005974.jpg
もう、ここまで来たら、失敗したくないなぁ・・・・

難しいところは乗り越えた。

d0178511_19581414.jpg
突っ切ったらシートポストに嵌めて、トンボする。

芯がずれるので、チャックを微調整して、

バネが収まる、突起を削る。

形が見えてきた。

因みに、この写真もヤラセで仕事が全部終わってから、ぱちり。

切り欠きがもう出来ちゃってるでしょ?

作業に没頭してるとつい写真を忘れる・・・・

d0178511_20034943.jpg
最後に切り欠きを・・・・・・男の手仕上げ!!

最後の最後に、最初にドリルで掘った穴が利いてきた。

なるべく手で削る量を減らしたかったので。

ここまでの工程を最初に考えなくてはならないわけねーーーーー。

まぁ。趣味でやる分には楽しい事だと思うよ。

シコシコ、ヤスリで削っていたんだけど・・・・

d0178511_20054174.jpg
ラチがあかないので、リューターで。

おそらく、純正もこのくらいの径のカッターで切削してたんじゃないかなぁ。

さすが電動工具。あっという間に完成しました。

d0178511_20092807.jpg
じゃーん。

さて効果は上がるのか??

これでだめなら、シリンダーに手を掛けることになるのかなぁ・・・


不安と期待。

結果は週末。


[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-20 20:25 |   シートポスト | Comments(0)
2016年 04月 19日

かんぴょう。

まず迷うのが、

このフックレンチを掛ける切欠部分。

どうやって削れというのか?

ウチにはボール盤と旋盤しかないぜ。
d0178511_19472503.jpg
ズーーーーーーーーーム

イン!

d0178511_19273226.jpg
うむ。

70年前のアメリカ人はこうやって作ったんだ。

完全に四角く凹んでいると思っていたら、ちょっと違った。

おそらく、Tスロットカッターのような径の小さなカッターで三角に溝を切ったんだね。

なるほどねー。

作戦タイム終了。

じゃあ。やってみよう。

d0178511_19295219.jpg
回して丸棒にケガキーの。

d0178511_19303011.jpg
定盤に移動してケガキーの。

d0178511_19305126.jpg
深さを計算して、両面に穴を開け―の。

180度反対に溝を切るんだけど、この角度はあまり正確でなくともよし。

フックレンチのフックは一つしか無いからね。

d0178511_19320885.jpg
そしたら旋盤に移動して。

ネジ部の外径削って、

盗みをトル。

ネジ部の外径は、本来の外径より気持ち細くしておくのが良いみたい。

下手くそだからなのか分からないが、ネジを切ると山の部分が少し塑性変形して、外径が増えるから。

そのための帳尻合わせ。

d0178511_19325872.jpg
ねじバイトをセッティングして。

あんまり小さな山だと、角度はあまり正確に分からないね~。

d0178511_19345475.jpg
今回、切るネジのピッチは20山。

切るネジのピッチに合わせて、旋盤の横の歯車を掛け替える。

ウチの旋盤の親ねじはミリなので、インチのネジを切るときは歯車4枚になる。

因みにミリピッチの時は歯車3枚になる。

旋盤を探すときには、この歯車の種類が揃っているかどうか?というのが、

一つのポイントでした。自分の場合。
d0178511_19401618.jpg
インチのピッチは、1インチに何山あるかで表現するの。

20山ってことは、1.27㎜ピッチね。

山の深さは60度ネジなので、1.27÷2×√3=1.099㎜。

ネジの谷部分の径は、25.4㎜-(1.099×2)でおよそ23.20㎜。

外径を、25.3㎜程に削っているので、

山の分(1.099㎜)を切り込むのではなく、

谷の部分を23.20㎜にする気持ちで作業すると、分かり易い。

外径基準に、1.099を切り込んじゃうと、ゆるゆるネジになっちゃうのよ。

まぁ。自分の場合ね。

d0178511_19453580.jpg
出来たかな~?

ってところでナットを嵌めてみる。

足りなきゃもう少し。

最後は微調整。


1級とか2級とか、ネジの精度にも等級があるらしいが、

とりあえず、ちゃんと嵌まれば良しとする。

d0178511_19475779.jpg
ぴったんこ。

うふふふふ。

ニヤける瞬間。

日曜日の昼間。

一人ガレージでニヤけるのであります。

ハッとして、外を見て。

近所の人に見られていないことを確認するのです。

そしてガッツポーズを決めるのです。


はい。この程度の作業で一喜一憂するほどの初心者でございます。

まだまだでございます。

因みに時間は、相当な時間を要しています。
6割悩んで、3割作業というところでしょうか・・・・

1割は呆けてます。



このネタ。もうちょっと引っ張るかな。
続く。




[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-19 20:18 |   シートポスト | Comments(2)
2016年 04月 18日

ちょいちょいちょちょい。

つづいて、スプリングの間に挟むカラーを作るよ。

このカラー。

たしか真ん中のスプリングの種類によって2種類あったと思う。

自分のは、真ん中のスプリングは普通の強さのヤツだったので、

片方太くて、片方細いタイプ。

相変わらず、旋盤作業中は余裕がない。

考えまくって手を動かすので、なかなか進まぬ。

d0178511_19320373.jpg
突っ切りは回転がゆっくりなので、とても時間がかかる。

それでいいのか確かめる術もないが、切れるのでとりあえずこれで良し。

一番大事なのは、安全。

その次に大事なのが、目的の物が完成する。

最後に大事なのが、作業時間の短縮。

いうのは簡単だけれども、実際にするは難し。

d0178511_19350343.jpg
突っ切りのキリコはこれでOK??

きしめんか、かんぴょうか。

切削面が綺麗だとうれしい。

45Cなんかを突っ切ると、面がむしれる事が多い。原因はいまだ分からず。

これは何だろう?15cとか25cくらいの鉄だろうか?少し柔くてネバい。

d0178511_19364797.jpg
純正のアッセンブリーだと、カラーは2つしか要らないんだけど、

自分はばねを一個追加しているのでカラーも1個多い。

いままで使っていた物を追加工して、穴を広げても良かったんだけど、

せっかくなので自作してみた。


簡単な形だからすぐ出来るかな?と思っていたんだけど、

思いのほか時間が掛かって大変です。

ブログで見ると簡単やっているように見えますが、

実際、旋盤を目の当たりに作業すると足がすくみます。

素人が独学で覚えるには難易度高し。


d0178511_19420198.jpg
スプリングが縮んだ時に、カラーに引っ掛からないように、

一応テーパーも付けてみた。

刃物台を回転させるのは面倒だったので、

フリーハンドで、なんちゃってテーパー。

機能はこれでも十分でしょう?

d0178511_19434892.jpg
軸は10㎜。

カラーの穴は10㎜のドリルで穴を開けた後にリーマーを通したんだけど、

10㎜のドリルで穴を開けると、10㎜以上の穴が開くのね。

ドリルの刃の先端のセンターが狂っている(左右の刃の長さが違う。)と

大き目の穴が開くと、何かで読んだのを思い出した。

手で研ぐと、完璧にセンターは出ないからしょうがないね。

正確な穴を開けたいなら、気持ち小さめのドリルで穴を開けないと駄目なんだねぇ。

まぁ。今回はこれでも十分足りると思うよ。

d0178511_19472503.jpg
さて。

お次はこいつだ。

ネジ部があるなぁ・・・・

フックレンチを掛けるこの切り欠きは、どうやって作ればいいのかしら?

それから、この部品にオイルシールを仕込みたいんだ。




最初に、ここを削って・・・・

次はここに・・・・・ブツブツ。

それからトンボして・・・・・

いやそうすると、あそこが作れないから・・・・先にここに穴を開けといて・・・

ブツブツぶつぶつ・・・・・・・・。




さてさて。

ちょいちょいちょちょいと作れるでしょうか。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-18 20:05 |   シートポスト | Comments(2)
2016年 04月 17日

ちょうど3号。

グリス。

沢山持ってます。

d0178511_20375323.jpg
ハーレー純正やらワコーズやら、

リチウム系やウレア系などいろいろ。

いままでシートポストに入れていたのは、オレンジの黄色いキャップのグリス。

ちょう度は2号。

d0178511_20390148.jpg
でもって、こんど入れてみようと思って手配したのがこれ。

ちょう度は3号。

ちょう度ってのはグリスの硬さの指標で、

3号は硬めです。

もっと硬いものも探してみたんだけど、4号以上はモノタロウでは見つからなかった。

グリスを入れ替える前に、

まずはシートポストの中身を検証してみよう。

はてさてどんな風になってますかー?
d0178511_20450665.jpg
ほぅ ほぅ どれどれ。

結構たくさんグリスを詰め込んだんだけど、

ずいぶん減ってる。

d0178511_20462403.jpg
上から注入したグリスがスプリングに引っかかっている。

下までは落ちていないようだ。

下半分はどうだろう?

d0178511_20414852.jpg
ネガティブスプリングのところにグリスがみっちり詰まっている。

もうスプリングは見えない・・・・

因みに、組込時にはここにグリスは入れていない。

いま、ここにあるグリスは全部シリンダー内から落ちてきたもの。


なんとなくこの感じでは、多少ぐりすが硬くても結果は変わらなそうだなぁ・・・・

むぅ。
d0178511_20494352.jpg
そういえば10㎜の磨き丸棒があったなぁ。

ネジ部分だけを3/8インチにして、しゅう動部は10㎜で、

キャップにオイルシールを仕込めばグリスの流出も防げるし・・・・

ちょっとやってみるか。

というわけで、シートポストの下半分を作ってみる事にします。

ちょっと暴走気味か?



[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-17 21:01 |   シートポスト | Comments(0)
2016年 04月 17日

祈り。

九州に友人がいます。

仕事で九州内を転々としていて、現在携わっている現場がどこにあるのかは知りません。

もしかしたら、地震で大変な事になっているかもしれません。

そうでないかもしれません。

心配ですが、いまは連絡を取りません。

安否を確かめて、安心したいというのは僕のエゴだと思うから。

無事であればそれでいいし。

たとえ無事でなくとも、それを僕が知るのは、もう少し後のことでいいと思っています。

僕がいま安否を知ったところで、向こうの現状が今すぐ好転することは無いのだから。

彼が僕と連絡を取っている時間があれば、もっとしなければならない事があるはずです。

なので いまは連絡を取りません。






一日でも早く、被災された方々に平穏が訪れる事を願っています。




[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-17 13:17 | Comments(0)
2016年 04月 14日

ダダ漏れ。

シートポスト抜いてみた。

まだ栗色が判別出来るグリスが沢山はみ出てる。
d0178511_21131271.jpg
シリンダーに詰めたグリスは、

どうやらダダ漏れですな。

どーしよー。



とりあえず固めのグリス入れてみる?

根本的な解決ではないと思うが・・・・・・

まぁ。どんなもんだかやってみたい。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-14 21:16 |   シートポスト | Comments(4)
2016年 04月 13日

Motegi is dead

先日茂木に行ったらさ・・・・

「なんですと?」

「二輪駐車場が移動いたしました→」だって。

看板に従って進むと・・・・

d0178511_19571217.jpg
端っこに追いやられてた・・・・・

「満車の際は南駐車場へ→」だってさ。
南駐車場って言ったら、国道渡った反対側ですよ。

なんか、去年あたりから、どんどん2輪の扱いが酷くなってるよね「道の駅もてぎ」。

今の所長さんは2輪が嫌いだなんて噂が出るくらい。

せっかくツインリンクの御膝下なのにね。

「2輪は来るんじゃねー」というメッセージが否応なしに聞こえてくる。
d0178511_20013030.jpg
写真の駐輪場所なんて、出口スロープの路肩だよ?

車両の出し入れだって危ないじゃんか?

俺は「もてぎ」のこの仕打ちに悪意を感じるよ。

茨城~栃木を行き来する人達にはちょうど良い場所にあるので便利だったんだけどなぁ・・・・

もうあまり利用しなくなっちゃうかもなぁ・・・・

d0178511_20083117.jpg
1年前は、こんなに沢山単車が置けたのになぁ。。。。

なんでそんなに嫌うかね???

別に駐車場を縦横無尽に走り回ったり、
車で来る人を襲ったり、カツアゲする訳じゃないのにねぇ・・・・

コノ有様、残念至極ナリ。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-04-13 20:23 | Comments(2)