<   2016年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 28日

秋の小紀行2016。 背炙山~県道325号線

おはよーございます。

朝です。

d0178511_20562490.jpg
昨晩、今日のルートを考えて決めたのは、

猪苗代湖から羽鳥湖を通って白河に抜けるルート。

d0178511_20574215.jpg
朝食は豆腐と。

d0178511_20581349.jpg
納豆。

豆on豆。

d0178511_20584894.jpg
腹ごしらえが済んだら、支度をしてそそくさと出発。

AM8:00

d0178511_20593079.jpg
まずは国道294号線を南下。

ここから、背炙り山への入り口へ。

d0178511_21002836.jpg
県道374号線。

ここから、東山温泉へと抜ける道。

越える山が背炙り山と言うらしい。

なんか怖い名前だよね。

d0178511_21014503.jpg
d0178511_21020127.jpg
道は広く、走りやすい。

前の軽自動車が、時速20キロ位でヨタヨタ走るので、ちょっと残念。

d0178511_21025474.jpg
ガスが出てきたけど、今日の天気はどうなのかなぁ・・・・

昨日より少し暖かいね。

d0178511_21034771.jpg
なんか青空が見えてきた

晴天を見ると、なんだか気分も晴れてくる。

d0178511_21042948.jpg
d0178511_21044015.jpg
d0178511_21045184.jpg
ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ 絶景・・・。

d0178511_21052877.jpg
山頂付近は公園になっていて、

そこを越えた辺りから下りになる。

d0178511_21072564.jpg
d0178511_21073574.jpg
d0178511_21075285.jpg
会津側は、結構タイヤの跡が付いている所が多かったなぁ。

d0178511_21084221.jpg
d0178511_21085557.jpg
d0178511_21091577.jpg
下りが終わると、県道325号線に出る。

南に進路を取れば、そこは東山温泉。

d0178511_21103355.jpg
d0178511_21112517.jpg
d0178511_21114070.jpg
温泉抜けると、山。山。

d0178511_21120952.jpg
d0178511_21122536.jpg
d0178511_21125086.jpg
d0178511_21132161.jpg
d0178511_21140816.jpg
d0178511_21143054.jpg
なんか。まぁ。

言葉で表せることもない。

ただ。ただ。楽しい。

d0178511_21153038.jpg
ずいぶん山奥に来たが、大きなお寺が突然出現。

正雲寺だって。

d0178511_21163607.jpg
d0178511_21164538.jpg
d0178511_21165930.jpg
d0178511_21170954.jpg
緑の風が気持ちいい。

d0178511_21173117.jpg
d0178511_21174576.jpg
寺を過ぎると、道は徐々に狭くなり・・・・・・

d0178511_21181527.jpg
なんか、終点らしき場所に着いた。。。。


つづく。

[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-28 21:26 | 本日の山道 | Comments(0)
2016年 09月 27日

秋の小紀行2016。 大辺峠~猪苗代湖モビレージ

道の駅を出発したらすぐに大辺峠の入り口は現れる。

結構、分かりづらいけど下水処理場の大きな建物が川の対岸に見えて来たらそろそろです。

d0178511_20002201.jpg
去年もこの道通ったなぁ。

その時は雪で通行止めだったけど、今年は大丈夫でしょ?

d0178511_20011799.jpg
どんどん登って・・・・・・

天気が良ければ最高なのになぁ。

d0178511_20023518.jpg
なんか、ガスってきた。

それとも低い雲かな?

d0178511_20033018.jpg
どうも、峠にたどり着いたらしい。

地図には、駐車場があるって書いてあるんだけど、ココ?

d0178511_20042017.jpg
ぽつーーーーーん。

ここまで対向車はなし。

これから降りる方には、落石注意の看板がある。

d0178511_20052523.jpg
登って来たのは、昭和村の方角から。

林道ってなっているけど、全面舗装されてるのでハーレーでも安心。

さて降りよう。

d0178511_20173104.jpg
うーね
d0178511_20175905.jpg
うーね

d0178511_20184153.jpg
落石

d0178511_20190003.jpg
落ち葉がすごい。

栗のイガも沢山落ちてた。

d0178511_20193028.jpg
この道、距離も結構あるし、走りごたえ十分。

この静けさが・・・・・最高。

d0178511_20204599.jpg
人里に出たら、そろそろ国道。

d0178511_20212602.jpg
とりあえず、「道の駅かなやま」に寄ってみようかな。

d0178511_20220507.jpg
道の駅で、話した人から、只見のキャンプ場でバイクミーティングがあることを聞いたので、

賑やかなのはキャンセルして、今日のキャンプは猪苗代湖でする事に決定。

d0178511_20241068.jpg
国道252号線を東に向かい・・・・
d0178511_20260702.jpg
d0178511_20262665.jpg
d0178511_20263814.jpg
今日の幕営地に到着。

猪苗代湖モビレージ。

猪苗代湖周辺だと、いつもここ。
一泊2000円だけど、いい所。

d0178511_20292182.jpg
d0178511_20293131.jpg
d0178511_20295252.jpg
さーて明日は、どこ走ろう。


つづく




[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-27 20:43 | 本日の山道 | Comments(2)
2016年 09月 26日

秋の小紀行2016 宇都宮~道の駅しょうわ

お久しぶりの、田島少尉を乗っけてのツーリングです。

4号線のガソリンスタンドで給油したら、塩原~三依を抜けて福島を目指します。

d0178511_20103857.jpg
以前の荷台より、少し後ろに重心がくるので、

ハンドルが軽く、フラフラする感じがする。

d0178511_20113333.jpg
ダンパーノブを少し締めて、ハンドルの動きを制限。

大丈夫そうだ。

特に行き先も決めてないんだけど、

とりあえず、去年登れなかった、駒止湿原に行ってみようかな。

d0178511_20131689.jpg
塩原を抜けて、

朝は交通量も少なく、気持ちがいいね。
d0178511_20135114.jpg
三依から北を目指せば、トリプルおにぎり。

さて、「道の駅たじま」で少し休憩して、

とっとと出発。

d0178511_20153763.jpg
南郷地区はどの道走っても、気持ちが良い。

田園が広がる場所もあるし、山道もあるし、

単車ワンダーランド”福島南郷”

d0178511_20173167.jpg
国道121号から国道289号線に乗り換えて、西を目指す。

去年は雪で通行止めだったんだよなぁ。

今年はどうでしょ?

d0178511_20200463.jpg
撃沈です。。。。。。

今年は豪雨ですって。

どこか崩落しちゃったのかな。

d0178511_20205760.jpg
うーん。じゃぁ、国道401号走って、大辺峠を目指そう。

d0178511_20233930.jpg
栃木にはあんまり無いスノーシェッド

こいつをくぐると福島に来た感じがする。

d0178511_20245695.jpg
国道289号線をどんどん西に走る。

この辺りはトマトが特産らしいね。

d0178511_20255542.jpg
d0178511_20260890.jpg
国道289号線の突き当りにある、「道の駅きらら289」。

ここで少し休憩。

d0178511_20264806.jpg
順調。順調。

一服したらすぐ出発。

d0178511_20291287.jpg
道の駅を出て、トンネルくぐったら、突き当りを右に曲がり、

北上したらほどなく分岐。

レッツゴー国道401号。

d0178511_20303708.jpg
国道289号線と、国道400号線を繋ぐ区間。

とても国道とは思えない楽しい道。

d0178511_20324351.jpg
晴れてりゃもっと良いのにな。

d0178511_20331036.jpg
交通量はほとんどない・・・・・でも国道。

15キロくらいの道程ですが、この日の対向車は3台くらいだったと思う。

d0178511_20350232.jpg
d0178511_20351723.jpg
確かに、道は狭いので車で抜ける人は少ないだろうね。

路上駐車は時々あるので、山菜名人や釣り人は良く来るのでしょう。

d0178511_20363265.jpg
d0178511_20382934.jpg
d0178511_20384443.jpg
d0178511_20390620.jpg
15キロの山道は、WLには十分な食べごたえです。

d0178511_20400744.jpg
d0178511_20402336.jpg
オートバイでしか感じる事の出来ないことがあると思う。

自分は、一人でフラフラ走るのが性に合ってると思う。

d0178511_20461092.jpg
国道400号線に出たら、すぐ「道の駅しょうわ」。

d0178511_20465363.jpg
なんかお客さん少ないなぁ・・・・・

ここで小休止して、去年は雪で走れなかった大辺峠を目指します。




つづく。







[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-26 20:55 | 本日の山道 | Comments(0)
2016年 09月 25日

秋の小紀行。

週末。一泊で南郷~猪苗代辺りを、フラフラ走ってきました。

d0178511_20064841.jpg
今回調子に乗って林道に迷い込み・・・・・・

もう遭難かと、心が折れそうになりました。
d0178511_21092960.jpg

疲れてフラフラしてますので、

また今度。




[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-25 20:08 | 本日の山道 | Comments(4)
2016年 09月 18日

快感。

崩れたネジ山を埋める様に肉盛りして、旋盤にセット。

MT3のスリーブに固定センターを嵌めて少し深めに咥える。

インチキ両センターにして、ケレの替わりに爪を引っ掛けて回す。

固定センターの後ろはつっかえ君で、滑り止めしています。

セッティングが出来ればしめたのもので、

芯を確認して大丈夫そうなので、早速切削開始。

そんなに精度にうるさい部品じゃないので、まぁ大体こんなもんかって感じでね。

「一体どこで芯を取るんだ??」って状態ですから。

d0178511_20365716.jpg
ネジ外径まで削って、ネジ切り開始。

今回は、ネジの終わりに盗み溝を入れないので、

切り上げのタイミングに緊張する。

ネジ径は軸部分より細いので余計に緊張。

タイミングが遅れれば刃が折れる・・・・・

d0178511_20385514.jpg
ほどなくして、ネジが出来る。

綺麗なネジ山とは言い難いが、これでも精一杯。

それでも、ダイスが無くてもネジが切れるというのは作業の幅が広がって大変ヨロシ。

旋盤買うときは、「簡単なカラーが作れればいいや」とか思っていたけど、
今では、旋盤買ってネジを切らなきゃ勿体なさすぎると思う。
相談したmmおやじさんに言われた通り。

替え歯車が揃っている事と親ネジがある事にこだわって探して良かった・・・・

d0178511_20425130.jpg
イェーイ。

d0178511_20433131.jpg
あとは、両面に平らな部分を作らないとね。

d0178511_20441180.jpg
こんな感じで。

この「すり割りカッター?」超便利。

フライス盤が無くても、出来ることはあるんだね。

d0178511_20460257.jpg
ワッシャーもぴったしサイズ。

このワッシャに遊びがあるのはあんまり良くないと思います。

また、ナットを落とすハメにならない様に。

ここはビシッとやります。

d0178511_20455611.jpg
ふふふ。出来た。

ブログで書いてる作業。ほとんどが初めて。

やれば出来るもんだ。といつも思う。

やってみないと解らんのよね。何事も。

d0178511_20491186.jpg
この後、軸受のブッシュも砲金で作り直して、入れ替えて。

夢中で作業してたら、写真忘れました。

ちゃんと挿入側には面取りしましたよ。
d0178511_20495848.jpg
無事に作業終了。

ブッシュ新調しても軸の遊びは、完全に無くせないので、

今度直すときは、軸の打ち替えかなぁ。




[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-18 21:46 | 43WLC | Comments(4)
2016年 09月 17日

B案と思いきやA案で。

前回の記事で書いた方法をA案として。

ちょっと、方法に不安があったので、mmおやじさんに相談してみたら、

新しい方法を授かりましたの。

それをB案。

そいつは、太い軸をペダルの穴を利用してネジで留めて固定するやり方。

d0178511_20101635.jpg
イメージ的には、こんな感じで、軸を付け足して、

そいつを掴んで加工する。

こいつは確かに、早くて、簡単そうな方法です。

ただし、この方法には一つ条件があって、

足した軸と、加工する軸が平行にならないとダメなのよ。

d0178511_20112820.jpg
そのためには、この軸が付いてる板と、軸が直角であるかどうかが重要なんですよね。

じっくり見ると、わずかに波打っていて微妙な感じもするんだよね。

軸は、外側(写真で見ると下の方)が細くなっていいて、状態は良くない。

d0178511_20142852.jpg
裏側はこんな感じ。

真ん中の凸は避けられるとして、この削れた部分もちょっと気になるなぁ・・・

どうしよっかな?


ちょっと迷う。。。。。

A案は、軸のネジ側に上手にセンターが開けられれば、上手くいくと思う。

B案は、太い軸が上手に取り付けられれば、上手くいく。

それぞれに、課題があるのだが・・・・・・・。

ちょっと待てよ。

A案とB案は作業がバッティングしないなぁ。

A案でやってみて、失敗しても、まだB案の手法はトライ出来るじゃないか。

じゃあ。せっかくだから、自分で最初に考えたA案をまず試してみようかな。

d0178511_20210233.jpg
正確に、センターを開けるためのガイドを作成。

こいつに時間が掛かるのが、A案の面倒な所だったのですが、頑張りました。

結構精密な内径が必要なのよね。

d0178511_20221965.jpg
これをスポッと被せて。

センタードリルのガイドとします。

d0178511_20224924.jpg
写真で見えてる、小さい穴は最初から開けておいた6㎜穴。

こいつをガイドにすれば、軸の真ん中にセンターが開けれるはず。

d0178511_20241194.jpg
ほい。開いた。

結果が分かるのは、旋盤に咥えてからなんですけど、

結論から言えば、結構いい感じに施工出来ました。

d0178511_20253060.jpg
そしたら、ネジ山を埋めるために、ネジ部にブラスト。

あぁ。ブラストって便利♪

良く見ると、違うピッチのネジが切ってあった様だ。

おそらくこのクラッチシステムは使用していると、

クラッチペダルの軸、もしくはそれを受けるブッシュがへたりガタが出る。

そうすると、ペダルを踏むたびに、ナットがこじられてネジ山が駄目になるのだろう。

ネジ山が崩れて困ったので、ピッチの大きなネジを無理矢理切って、留めていたんでしょう。

という事は、ブッシュの方も作り替えないといけないね。

まぁ、軸の方がテーパーに減ってるので完璧には直らないけど・・・・・


つづく。





[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-17 20:49 | 43WLC | Comments(0)
2016年 09月 11日

クラッチレバー

軽井沢から帰る途中。

「カキーーーーーーーーーン」

何かを落とす音がしたんですよ。

走りながら、操作感が特に変わる様子もなかったので、

大したものではないのかな?

と思って走っていたんですが・・・・・

コイツ等を落としてました。

アチャー。

d0178511_19251596.jpg
これは、調達した新しい部品。

左から二番目のワッシャは元々入ってなかったなぁ。

ナットは、なんか今までのよりずいぶんと薄い。

ネジのピッチも違う気がする。

d0178511_19270280.jpg
構造的には、落とした部品達はクラッチペダルと全く一緒に動くので、

動かす事によって緩む設計ではないのですが、各部にガタがあれば、ネジが緩む事もあり得るだろう。

落とした原因は後々考えるとして・・・・

d0178511_19332986.jpg
早速分解。

「あれ?なんで分解してんの?」と思ったアナタ?

そう。僕も調達した部品を付ければそれでお終いと思ってたんですよ。

でもね、ナットが噛まないんですよ。何故かって???

ペダルのネジ山が・・・・・・腐ってる。

d0178511_19303044.jpg
こいつをどうにかしなくては。

落としたナットはこの腐ったネジ山に合う様に変なピッチのナットを使っていたのだろう。

完璧に直すなら、このシャフトを作り直して打ち替えるのでしょうが、

今回は、「ネジ山を溶接肉盛してネジを切り直す」という方法でやってみようと思う。

何事も経験したい性分。

d0178511_19373335.jpg
どうやって回そうかなぁ・・・・・

と考える。

何をすればいいのかはそれから。

因みに、ここのネジ山は5/8-24山。UNEF極細目(エクストラファインスレッド?)です。

ダイスを持ってないから、ネジも旋盤で切る事にする。

両センターで回すか?

卓上旋盤じゃ作業できない内容だけど、ウチの高橋君なら大丈夫そう。

お陰で諦められない。

d0178511_19475668.jpg
こっち側にはセンター穴らしきくぼみがある。

d0178511_19482609.jpg
こっちには何もない。

センター穴を揉むのにどうすりゃいいか?

どうしようかなぁ・・・・・




と部品を見ながら、あっという間に時間は過ぎる。

大きな旋盤を手に入れてしまったお陰で、こんな事まで考えるようになる。

人間の欲は底なしです。







[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-11 20:03 | 43WLC | Comments(3)
2016年 09月 06日

陸王 RX750。

着いて早々。

運転会が始まった。

どんな音がするんだろう?

d0178511_21394288.jpg
思いのほかすぐにエンジン掛かってました。

ダダダダダダダダダダダダダダー。

なんかアイドリング高いかな?

d0178511_21411202.jpg
んで。スター――ト。

d0178511_21413452.jpg
はいはい。道を開けてくださーーーい。

d0178511_21420610.jpg
ぐーる。ぐーる。と駐車場を周ります。

「カリカリ」って、カーブでマフラー擦ってましたね。

RT-2よりバンク角が浅いのかも。

d0178511_21444064.jpg
少しギクシャクした感じでしたが、しっかりと走ってました。

完調なら、どんな走りをするんでしょうかね。

d0178511_21452667.jpg
何周か、駐車場を周ったら、運転会はおしまい。

d0178511_21462207.jpg
改めて、じっくり観察。

なんか・・・・・。カバみたいだなぁ。

お世辞にも、お洒落なデザインとは言い難いなぁ。

1960年の試作車だから、会社が倒産しなかったとして・・・・

ライン作ったり、なんなりで、1961か62年ごろに新車で登場したとすれば、

ホンダのCB72や、メグロのK1なんかと並ぶ訳で・・・・・。

CB72と比べれば、ずっと高価だし、それでいて運動性能は72の方が高いでしょうし、

同じ重量級のメグロK1と比べても、この陸王はデザインが野暮ったいよなぁ・・・・

あと5年早く市場に出てれば違ったかも??

d0178511_19081299.jpg
さてさて、視点を変えて、

エンジンはOHVになったんですよね。

腰下はRT-2にそっくりだけど、腰上にオイルを運ぶオイルラインが新設されてる。

クランクのピニオンシャフト軸受のあたりから、腰下と腰上に分岐してるのかな?

軸受のクリアランスが重要ですね。こりゃ。

オイルポンプは外からの見た目はRT-2のと変わらない様子だったけど、中身は容量アップしてるんでしょうかねぇ?

腰下がRT-2だからプッシュロッドは4本平行に配置して、タペットブロックもRT-2のそのまんまに見える。必要の無いバルブカバーのネジが切ってありますものね。

開発費を掛けないために、今あるRT-2をどうにか利用したかった感じがしますよ。

キャブレターはサイドバルブ時代からの左側を踏襲してる。

ちなみにキャブは日本気化器のH-30がついてました。

60年のRT-2はたしかキャブレターがH-35に変更されていたから、このRXも元々はH-35が付いていたのかもしれないですね。

d0178511_19212148.jpg
クラッチアームにアジャストボルトが追加されたみたい。

ドライブスプロケットのカバーはアルミ製になったみたいだけど・・・・・

なんかずいぶんと無骨じゃない?プロトタイプだからかなぁ??

キックアームのストッパーがどんどん凹んで行きそうでちょっと怖いね。

減り過ぎると、キックが戻り過ぎてギアが噛んじゃうから、

ある日突然、始動後に「ガラガラガラガラ~♪」っと鳴り出すかもね。

d0178511_19255509.jpg
フレームはさすがに、スイングアームを搭載。

この時代にリジットフレームのバイクなんて陸王位だったんじゃないかなぁ。

時代遅れも甚だしいっす。

マフラーは、RT-2の大根マフラーに似た感じのが付いてます。

陸王のデザイナーはこのマフラーがお気に入りだったのでしょうか?

新車なのに、もう恒例の前部分がつぶれてますね。

キックアームにガタがあると当たっちゃうの。

あ。そういえばタンデムステップ付いてないですね。

d0178511_19295818.jpg
ドライブチェーンとプライマリーチェーンの給油方法は新しくなって、

クランクケースのブローバイを吹きかける仕様に、

おそらく、ニードルバルブで吐出量を調整できる仕組みになってるんでしょう。

タイマーはRT-2そのまんまかなぁ。

d0178511_19320374.jpg
フロント周りもRT-2そのまんまっぽい。

ブレーキがハブドラムに変更されたが・・・・

このドでかいドラムに16インチのリムは、より鈍重な印象になりますね。

スポーク短いです。

そういやナセルカバーのプレスラインがRT-2のと違ってましたね。

なんか微妙な変更でしたけど。

d0178511_19350666.jpg
シリンダーは松傘みたいなフィンが付いてます。

あ。ジェネレーターのバンドが緩んでる。

タンクは、背の高くなった腰上を避けるために、かなり内側がえぐれてますが・・・・・

何リッターガソリン入るんでしょうかね?

ちなみに、タンク後ろ側のメッキカバーの内側もえぐれてました。

日本人の体形に合わせて、タンクを低く抑える必要があったのかもしれませんね。

d0178511_19403748.jpg
メーターダッシュはRT-2のそのまんま。

メーターのデザインが少し変更になって、インジゲーターが2つあります。

1つはニュートラルランプかな?もう一つはなんでしょうかねぇ?

左側のタンクキャップには、燃料計が付いてましたが、これは元々??

d0178511_21455139.jpg
貴重な車両を近くで観察出来て、とても楽しかったです。

沢山の観客も来ていて、オートバイ好きな人多いんだなぁと実感した1日でした。

貴重な機会を開いてくださって、主催の皆さまどうもありがとうございました。


さて、帰りましょう。

d0178511_19475982.jpg
帰りは、あまり写真がありませんでした・・・・

だって疲れちゃったんだもん。

d0178511_19480449.jpg
50号線を使って帰って来たんですけど、

途中、渋滞に巻き込まれて、休み休み、栃木を目指したら・・・・・

d0178511_19480722.jpg
d0178511_19481178.jpg
帰って来たのは9時を過ぎてました。

今日はたくさん走りました。

頑張れば日帰り出来るんですね軽井沢って。

コースケさん。丸1日、お付き合いいただき、どうもありがとうございました。

今度は、最初の目論見どうり、キャンプ行きましょう。


あーーーーー今日は疲れた。

駄文で失礼。


本日の走行距離 400キロちょっと。











[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-06 19:57 | イベント | Comments(11)
2016年 09月 04日

軽井沢へ行く。

集合は日の出前。

5時出に宇都宮発。

北軽井沢の浅間記念館を目指します。

d0178511_15042581.jpg
走り始めてすぐに日の出。

日光街道を北上す。

「ん?下道??」
d0178511_15045943.jpg
朝早いから道も空いてて快調ですね。

d0178511_15064960.jpg
標高が上がってくると、だんだん寒い。

気温は一体何度なんだろうかな?

d0178511_15075611.jpg
本日は2台で。

d0178511_15084304.jpg
宇都宮からノンストップでいろは坂を登って、

ここは??

最果の地。戦場ヶ原。

d0178511_15095444.jpg
朝もやが、綺麗。

d0178511_15102312.jpg
戦場ヶ原。やっぱいいわ。

d0178511_15105407.jpg
お茶屋で最初の休憩。

寒いので、ここでカッパを着込む。

d0178511_15123577.jpg
今回、一緒に走るのはご近所のコースケさん。

今日はW1です。

言わずと知れた、カワサキの名車ですが、

今回はノロマなサイドバルブのペースに合わせてもらいました。

どうもありがとうございました。

d0178511_15211283.jpg
早々にお茶屋を出たら現れるのは・・・・・そう金精峠。

群馬と栃木を分ける絶壁です。

頂上の標高は1800mあります。

d0178511_15230853.jpg
登ります。登ります。

d0178511_15232425.jpg
こういう。「あの山に向かいます」的な景色が好き。

d0178511_15243287.jpg
太陽さんおはようございます。

d0178511_15245925.jpg
うひょーーーーい。

最高ですかぁーーーーー?


金精道路はね。群馬側から栃木に向かって走った方が、景色がいいよ。

トンネルを抜けると、眼下に中禅寺湖を見下して、プワァーーっと景色が広がるんですよね。

この瞬間がいいんですよ。

d0178511_15291234.jpg
峠を越えればあとは下り。

丸沼から片品を抜けて、どんどん下ります。

d0178511_15300378.jpg
時々、休憩をはさんで、

どんどん歩を進め・・・・

沼田ー中之条ー八ッ場を越えていきます。

d0178511_15312577.jpg
群馬県。山ばっかり。

d0178511_15320719.jpg
いい所です。

d0178511_15323317.jpg
朝の5時に出発して、・・・・

d0178511_15342151.jpg
浅間記念館にたどり着いたのが、10時半。

無事にたどり着きました。

さてさて。今日のお目当ては・・・・・

d0178511_15360093.jpg
あった。

1960年作製?の陸王プロトタイプ RX750

普段は浅間記念館の目玉車両の一つですが、

今回、11年ぶりにコイツを走らせるそうです。

楽しみです。


つづく




[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-04 15:57 | 本日の山道 | Comments(0)
2016年 09月 02日

作戦変更。

どうも、日曜日は雨らしい。行くなら土曜日・・・・・・

そんなわけで、土曜日日帰りコースで行くことにします。

d0178511_21183999.jpg
せっかく少尉も積んだんですけど、

軽荷で軽井沢へ向かいます。

とりあえず行は下道。帰りは・・・・帰るときに考えましょ。

金精峠登れるかしら???


パスパスパスパス・・・・・・



[PR]

by hiyokobeans | 2016-09-02 21:21 | 43WLC | Comments(0)