2017年 03月 21日

ムクとパイプ。

ずっと勘違いしてたんですよね。

「ムク」の丸棒より「パイプ」のほうが強度が強いって。

大学生の時に「応用力学」の授業だったと思うんだけど、

そんな話を聞いて、それ以来そう思っていたの。

d0178511_21503746.jpg

でもさ。どうも思い違いだったみたい。

同じ径の、ムクの丸棒とパイプなら、丸棒の方が強度があるんだと。

ただね。同じ断面積のムクの丸棒とパイプなら、パイプの方が強度があると。
(この場合、丸棒よりパイプの方が直径が大きくなる。)

土木工学での話の中で、同じ量の鉄で経済的に強度のある鋼材を作るには、
パイプやH鋼がイイよという話を 今まで自分は覚えていたみたい。

d0178511_22211621.jpg
自転車のロードレーサーのクロモリフレームは鉄パイプの組み合わせだ。

あのフレームを一度溶かして、丸棒にしたら、どのくらい細くなるだろう?

パイプの径は1インチくらいかな?

丸棒にしたら・・・・・ん~10㎜位かなぁ???

その丸棒で自転車作ったらフレーム簡単に折れるな・・・・・。

なんて想像してみた。

逆に、1インチの丸棒でフレーム作ったら、

超頑丈な、クソ重い自転車が出来るな。

と思った。

つまりはそういう事なんだと思う。


あ~。自転車乗らなきゃ・・・・

[PR]

# by hiyokobeans | 2017-03-21 22:24 | Garage | Comments(2)