我思故我存

babyagogo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:HONDA C201( 23 )


2018年 07月 28日

ビジバイツーリング その2

沢山走ったのでオイルチェック。

やっぱり少し減っているのでオイルを足す。

きっとオイルが上がりだね。

d0178511_17180619.jpg
そんでもって、福島ツーリングの翌週。

以前から蕎麦でも食いに行こうと話していたKさんと道の駅「しもつけ」に集合。

乗ってきたバイクは、ヤマハのA7というらしい。

ホンダ以外はみんな2stね。

d0178511_17211483.jpg
粟野の「山の神」に行こうという話にまとまり、

ルートは今回も自分にお任せ。

地図を見て、気になる道を選んで走る。

とりあえず、栃木を抜けて葛生を目指す。

d0178511_17223736.jpg
それにしてもこの日は猛暑日。

めちゃ暑い。

d0178511_17251658.jpg
それでも、葛生から始まる林道へ入っていくと、

案外涼しい風が吹いていて、

水?川?沢?の近くは、少し肌寒いところさえありました。

d0178511_17255905.jpg
それなりにクネクネ走って、「山の神バンガロー」に到着。

店主のこだわりを聞きながら、昼飯。

なんか、前に来た時とそばの色が違っていたような気もするけど、

美味しい蕎麦でした~。

目的も達成したし、どうしましょうかと相談し、

粕尾峠を通り、清滝から、小来川を抜けて鹿沼までのルートを決定。

d0178511_17291403.jpg
国道122号の登りは、C201には結構辛かったけど、山道はスイスイで楽しかった。

思ったより、このC201はよく走ってくれるし、

90ccでも実用に足るもんだなぁと思いました。

シートがフカフカで尻が痛くなるけど、遠乗りも十分こなせますね。

夏にはコイツでキャンプでも行こうかしら。











[PR]

by hiyokobeans | 2018-07-28 17:41 | HONDA C201 | Comments(0)
2018年 04月 08日

シドーーーーー。

キャブレターは綺麗に洗って、

ジェットの穴も綺麗に掃除して装着。

フロートボールのドレンからのガソリン漏れがあったが、

ドレンボルトの座面を綺麗に均して修正。解決。

d0178511_20363165.jpg
神様にお祈りをして、始動に入る。

コックのONを確認して、

イグニッションをON。

とりあえずキックしてみる。

d0178511_20381427.jpg
「プロロロ・・・」

「プロロロロロ・・・・」

「トトトトトトト・・・・・・プスッ」

「トトトトトトトトトトトトトトトトトトトトト」

あっけなくエンジンは目を覚ました。


なんか、昔より、エンジンが生き返った時のドキドキ感が薄れた気がする。

歳ったせいだろうかね?

なんか、やる事やったし、とりあえずエンジンくらいは掛かって当然。

という気がしてしまっている気がする。

エンジン掛かるまでは、緊張するんだけどね~(笑)

d0178511_20403834.jpg
始動後暫くは、白煙を吐いていたが、

燃焼室内にあったオイルが燃え切ったのだろうか?

程なくして、白煙は出なくなった。

「なんか予想と違うなぁ。もっと白煙吹くと思っていたのに・・・・」

どうも、蛇腹のオイルリングは優秀らしい。

全然、白煙出ない。

変な音も無く、エンジンの音は超静かだ。

d0178511_20440187.jpg
暫くアイドリングで様子を見つつ。

なんか大丈夫そうなので、試運転しちゃおう。

今日は、少し花粉が少ないかな??

遅咲きの桜でも探しに行こうか。

d0178511_20452464.jpg
いちおう慣らし運転という事で、

50キロを上限に、のんびり走る。

90ccの排気量は小気味よく。

近所をフラフラするのには丁度いいかも。

d0178511_20462043.jpg
なんか、腰が痛いなぁ・・・・・。

シートが柔らかすぎる感じ。

もうちょっと硬いスポンジがイイんですけど。

それにしても、久しぶりのオートバイは楽しいね

原付だけど(笑)

d0178511_20500235.jpg
烏山でラーメン食って、

茂木の道の駅でコーヒー休憩。

道の駅の近くの桜でパチリ。

d0178511_20511902.jpg
とりあえず、100キロ走ったら、オイル替えるかな。

走り出して、色々気付く。

ガソリンコックのパッキンは要交換。漏れる・・・・。

ウインカリレーも交換しなきゃ。走りながらウインカーだすと、点滅が超早くなる。

エンジンが温まると、アイドリングが上昇するんだけど、エア吸ってるのかなぁ?

マニホールドの0リングは新品だし、吸ってるとは思えないんだけどなぁ・・・・。

インシュレーターが無いのが原因だろうか?

暫くは、膿出ししながら近場を乗り回す事にしよう。








[PR]

by hiyokobeans | 2018-04-08 21:03 | HONDA C201 | Comments(0)
2018年 04月 04日

あとちょい。

ガソリンコックは、

ゴムのパッキンの新品が出たので、

難なく復旧できた。

d0178511_21383979.jpg
パリパリに割れてた、吸い込みパイプは、

市内の模型屋さんで近いサイズを購入。

少し、やすりで太さを合わせて圧入。

d0178511_21394009.jpg
バッチリ復活しました。

何でも直るね(笑)

d0178511_21401252.jpg
キャブレターは、細かい部品を外して、

ボディーを超音波洗浄機に投入。

貰い物のこの機械が、大変役に立っております。

あとちょい。

そろそろナンバー取ってこよう。

[PR]

by hiyokobeans | 2018-04-04 21:42 | HONDA C201 | Comments(4)
2018年 04月 03日

ほいほい。

随分と、ごぶさたしております。

リングのチェックが済んだら、

腰上組んでいきます。

d0178511_20240341.jpg
ピストンの向きは大丈夫。

バルブリセスはインテーク側。

d0178511_20245953.jpg
ヘッドを搭載したら、

ピストンを上死点にして、

d0178511_20252806.jpg
カムスプロケットの丸印が、

ヘッドの切欠きに合うように

カムを組みこむ。

スプロケットを留めてるボルトは、偏心していて、

180度ひっくり返る事は無いので安心。

d0178511_20274219.jpg
タイマーとガバナーも掃除して、オイルシール交換して組み込んだら、

フレームに搭載。

オイルラインになっているボルトを緩めて、

キック100連発でオイルが上がってくるのを確認して・・・・・。

後はキャブですね。





[PR]

by hiyokobeans | 2018-04-03 20:30 | HONDA C201 | Comments(0)
2018年 03月 11日

ピストンリング

新しいピストンリング調達。

たぶん、MD90のやつ。

サイズはSTD。

オイルリングが3ピース。

d0178511_22152997.jpg
良く観察。

トップとセカンドリングの種類が違うみたい。

刻印があるが、どっちがトップで、どっちがセカンド?

良く観察。

d0178511_22162876.jpg
断面を確認。

片方は、タル型。

もう片方は上辺が短い台形。

という事は、タル型がトップリングかな?

ちなみに、リングの厚みが元々入っていたリングより0.2㎜ほど薄かった。

新しいリングのほうが、きっと張力が少し弱いのだろう。

フリクションロスの低減を狙っているのか?

ちょっと興味深い。

d0178511_22223453.jpg
リングの幅も確認。

幅は、新旧で変化なし。

ピストン溝との相性も大丈夫そう。

0.03のシックネスゲージが入らないで、

リングは溝をスルスル動くので、隙間は0.02~0.01程度か?

感触的には0.02ほど。

まぁ。いずれにせよ十分に大丈夫だろう。

ピストンリングの幅と厚みは、

どっちが幅で、どっちが厚みか直感的にすこし迷う。

そういうのは教科書で学習。

d0178511_22265661.jpg
リングギャップも確認。

中古のシリンダは、シリンダーの下部にて確認。

摩耗が少ないからね。

トップで測って、隙間を詰めると、下でリングがぶっ突くよ。

下側で、TOP 0.17。2nd 0.18ほど。

直径50ミリだと、この位で大丈夫なのかなぁ・・・・。

マニュアルの規定値は0.1~0.3なので、真ん中くらい。

d0178511_22294636.jpg
一応、トップでも確認。

TOP 0.23。

2nd 0.25.

まぁ。こんなもんなら、大丈夫だんべ。


結果は、動いてからだけどね~。

なんてったって。シリンダの状態がアレですから。

お願いだから、リング引っかからないで♡







[PR]

by hiyokobeans | 2018-03-11 22:39 | HONDA C201 | Comments(4)
2018年 03月 10日

ジミーーーーな修理の連続。

手に入れた車両には付いていなかった燃料コック。

後から手に入れましたので、こいつもレストア。

分解して洗浄して・・・・・・。

パッキンは流用か自作でどうにかなりそうだが。

燃料の吸い込み管が腐食して縦に亀裂が入っていた。

これを交換したい。

d0178511_21345111.jpg
少しつまむと、ボロボロと割れる・・・・。

真鍮の個性である展延性は何処に行ったか。

プーラーを作ろうかとも思ったが、

時間もかかるので、リーマーでこそぎ取る作戦にする。

結果。上手くいった。


このガソリン取り込み管の外径が3.5㎜~3.6㎜。肉厚0.3㎜。

近所の模型屋を2件回ったが、在庫なし。

明日は、市内の模型屋をハシゴするかなぁ。



[PR]

by hiyokobeans | 2018-03-10 21:41 | HONDA C201 | Comments(2)
2018年 03月 07日

チキンレース。

分解時はこんな感じだった。

シリンダ&ピストン。
d0178511_22113640.jpg
d0178511_22162082.jpg
d0178511_22115552.jpg
どうなる事かと思ったが、

ピストンは、固着していたリングをどうにか外したら綺麗だった。

使えるリングが手に入れば、全然使えそう。

ちなみにサイズはSTD。

初期型のピストンで、バルブリセスが吸気側にしかない。

d0178511_22162524.jpg
シリンダは洗浄して、浮いた錆粉を取ったら、こんな感じ・・・・。
d0178511_22123959.jpg

OSのピストンが手に入るのなら、ボーリングなんですが・・・・・

売ってるCS90用のOSピストンは、形が違う。

排気側にもバルブリセスが付いていて少し違うので、この社外ピストンを使うのはちょっと気が引ける。

せっかくの初期型エンジンなので、なるべくこれを生かしたい。

ので、

せっせとシリンダーを手ヤスリで磨いてみたが・・・・・。

d0178511_22194528.jpg
何とも言えない????な感じ。

オイル上りはするだろうが使えるか?使えないか?

バルブが張付いていた場所も、水が溜まっていただろう箇所にも少し腐食が残る・・・・・。

あんまり擦りすぎると、テーパー度も真円度もピストンクリアランスも限界値に届きそうだだ。

リングが張付いていた箇所の腐食は横線なので、リングが引っ掛かりはしないだろうか?

なんでもかんでも綺麗にして、「大丈夫」というのは分かりやすいが、

微妙な物を、「これならなんとか大丈夫。」、「これはもう駄目」と判断するのは難しい。



これから先、旧車の部品は枯渇の一歩を辿るはずで、

ある物でどうにかしなくてはならない時がきっと来る。

その時のために、今のうちに色んな経験を積むべきだと思う。




試しに、どうなるか組んでみようか?

それで「駄目だ」というのが分かればいいし、

「大丈夫なら」それはそれで良し。

結果はどうであれ、経験値に取り込もう。


しばらくは、部品交換会でCS90のOSピストンを探すことになりそうです。



[PR]

by hiyokobeans | 2018-03-07 22:40 | HONDA C201 | Comments(2)
2018年 02月 20日

ヘッド組んじゃえ。

シートカットしたヘッドは綺麗に洗って、

バルブ組んじゃいましょ。

d0178511_18520650.jpg
この、リサイクルショップで500円で買ってきたバルブコンプレッサは意外と使いやすい。

d0178511_18532013.jpg
そうそう。分解していて驚いたんんだけど、

67年式のこのエンジン、排気側にステムシールが仕込んであるのよ。しかも分解式。

さらに、驚く事に、シールの新品が出た。

MD90とかにも使っているのかな。

d0178511_18553785.jpg
でもってコッターハメるのにはこの道具。

歯医者さんが銀歯おさえるヤツ(推測)

どこで買ったんだっけなぁ?渡良瀬の部品交換会だったけなぁ?

どこかのリサイクルショップだったけなぁ?

d0178511_18565104.jpg
コイツが、コッターにぴったりで、

スゴイ使いやすいの。

もう手放せないね。

「コッターハメハメ君」と名付けよう。

d0178511_18572323.jpg
バルブ組んで、手で押して馴染みを出す。

燃焼室が全部鉄なのね。このヘッド。

ドーム型の部品をヘッドのアルミに鋳込んである。

なんでだろう?シートリング埋め込むより安上がりだったのかなぁ?

d0178511_18590732.jpg
そんなわけでヘッドはおしまい。

自分で手を入れたエンジンがどう動くのか?

これが知りたくて面倒なことをやるのだと思う。

失敗したってイイんだよね。そん時は悔しいけどさ。

「何をやったら、どうなった。」という経験値を沢山積みたい。

d0178511_19003904.jpg
ヘッドガスケットは銅の物が付いていた。

焼き鈍して再利用する事にしました。

トーチで炙って、綺麗に酸で洗って、アルカリで中和させときました。

小学校の実験みたい。

さて。シリンダーが問題だ。


[PR]

by hiyokobeans | 2018-02-20 19:05 | HONDA C201 | Comments(0)
2018年 02月 18日

スプロケットは14丁

今日はスプロケ。

付いていた奴は、歯も減っていたので、新品にしようと思い、

MD90用のスプロケットを買ってみたのだけど、

厚みが違う。

きっと、チェーンラインが少し違うのだろう。

試しに取り付けてみるも、オイルシールに接触しそうで、

ちょっと使うのは躊躇する感じ。

d0178511_21390643.jpg
右の新品には不要な厚みがある。

チェーンは同じサイズなので、

刃の厚みは同じ。

メーカーロゴや刃数が書いてある丸い所が無駄に厚い。

d0178511_21405950.jpg
古いのは、7.17ミリ。

新しいのは7.15㎜。

同じ。

という事は、裏面を基準に取り付ければ、

チェーンラインは狂わないという事ね。

d0178511_21404635.jpg
じゃあ。無駄な場所を削ってみよう。

前の自分なら、ベビーサンダーでと考えるが、

今は旋盤で。

d0178511_21434063.jpg
以前、中古機械屋で買ってきた、中古の生爪。

この中で、合いそうなものがあったのでこれを使ってみる。

そもそも、スプロケットって削れるのか?

焼きは何処まで入っているのか?

そんなこと考えても埒が明かないので。とりあえずやってみた。

d0178511_21454048.jpg
削れた。

硬くて、歯の摩耗が大きかったけど、なんとかなった。

作業中の写真を撮るの忘れちゃった。

d0178511_21472649.jpg
切削面の錆止めにと、ガンブルーを塗ってみたけど、

変化が薄い。なんか材質が特殊なんだろうか?

d0178511_21483165.jpg
オイルシールとの隙間も生まれて満足。

なんか、こういったチョイチョイがすぐ出来るので、

やっぱり旋盤買って良かったなと思います。





[PR]

by hiyokobeans | 2018-02-18 21:53 | HONDA C201 | Comments(4)
2018年 02月 04日

久々。

なんか、投稿がトビトビ。

分解した部品は、綺麗に洗って、

組み立て。

d0178511_23563010.jpg
今回は、ミッションベアリング交換します。

そのままでも大丈夫そうだったんだけど、

興味本位で交換してみる。

d0178511_23570902.jpg
ミッションのクリップも交換する。

後ろの銅色のが新品。手前が付いてたやつ。

意外と、広がっちゃうもんだね。

d0178511_23580922.jpg
クランクは、そのまま。

一応、オイルラインを確認。

d0178511_23585617.jpg
クラッチ側のクランクシャフトから、

コンロッド大端部への油路。

d0178511_23594008.jpg
お弁当箱に、おかずを詰めたら。

d0178511_00002110.jpg
蓋をします。

d0178511_00003555.jpg
なんか、カブ系って、クランクのスラストが大きい気がするんですけど、

ベアリングごと、カタカタ動く。

d0178511_00013444.jpg
買ったガスケットのセットに入っていたオイルポンプのガスケットも形が違うので、

作る事に。

なんか、ほとんど全部ガスケットは作る羽目に。

d0178511_00030764.jpg
ポンプ装着。

ギア式のポンプ。

ネジを締めて、回転が重くならない事を確認して組付け。

d0178511_00042020.jpg
クラッチ板、は少し紙やすりで均して、

スチールプレートの錆も少し磨いて再利用。

フリクションディスクも、油分を洗って、均して再利用。

駄目なら交換を考える。

d0178511_00054764.jpg
組付け。

この。横向きに付いてる細いバネ。

ハーレーのスチールプレートに付いてる、バッフルと同じ役目だよね。

こっちの方が立派だけど。

d0178511_00073218.jpg
右サイドは蓋をして、取り合えずここまで。

組み始めるとあっという間。

まぁ。まだシリンダもヘッドも修理が必要なので、

まだまだ、道は長い。

早く、動かしたいなぁ・・・・・・。




[PR]

by hiyokobeans | 2018-02-04 00:09 | HONDA C201 | Comments(0)